市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

柳沢厚相失言問題…世論は動かないねぇ

993a372c.jpg

↑このヒトが大槻隆寛氏ですw
大月隆寛氏といえば、民俗学者としての顔よりも、NHK-BSの深夜番組でマンガの話をしてるイメージのほうが強いのだが。最近は産経新聞のコラムで相変わらず毒を吐き続けている。
【コラム・断】そりゃ分かってるんですけどね
 「女性は≪産む機械≫」発言で、柳沢厚生労働大臣が四面楚歌(そか)、立ち往生であります。
 政治家の発言としてちと不用意だった、それは確かですが、しかし相も変わらず、前後の脈絡すっとばして片言隻句を揚げ足取りして騒ぎ立てるメディアの手癖も恥知らず丸出し。ましてや、その尻馬に乗って女性議員たちが一斉に文句つけるありさまには、いやもう、心底萎(な)えました。なにせあなた、高市早苗から辻元清美まで申し合わせたように「許せない」ですと。
 少し前、少子化対策と称して、政府主導で集団見合いを、と真顔で提言されてた女性大臣もいらっしゃいました。とにかく、つがいをこさえりゃ何とかなる、頭数さえ増やしてくれりゃいい、というその発想は、今回の「産む機械」発言と似たようなもの。同様に、ニートや引きこもりを何とか働かせようという画策や、ホワイトカラーにタダ残業させようという例のホワイトカラーなんちゃらも、人ひとりを労働力、生産機械として考える上じゃ同列でしょう。
 で、政策的な観点というのがそういう間尺になっちまうのも、ある意味しようがないわけで、戦前の「一銭五厘」から高度成長期の「金の卵」まで、もの言いとしては連綿とあります。なのに、他でもない代議士サマがそのへんの事情も抜きにして、大文字の「オンナ」をひとり勝手に背負って立つような居丈高な身ぶりや言動でここぞと騒ぐそのさまが、まず何より疎ましい。
 少子化の現在には、オトコの側の深刻な女性不信、「おんなぎらい」が横たわっていることも、さて、まなじり決して正義の味方ぶりっこの女性議員たちは、どれだけ気づいていらっしゃるんでしょうか。(民俗学者・大月隆寛)iZa!ニュース

まぁ言い尽くされた話題ですが、一応。
やはり、民主党以下野党は、空気が読めていない。もしかしたら朝日と毎日しか読んでない。日本国中で「柳沢厚相罷免の大合唱」が起こってると勝手に感じてるフシがある。もしくは、簡単に大合唱が起こせると考えてるんじゃね。
あらためて、柳沢厚相の発言内容を確認してみましょう。
 ◆柳沢厚生労働相発言要旨 なかなか今の女性は一生の間にたくさん子どもを産んでくれない。人口統計学では、女性は15~50歳が出産する年齢で、その数を勘定すると大体分かる。ほかからは生まれようがない。産む機械と言ってはなんだが、装置の数が決まったとなると、機械と言っては申し訳ないが、機械と言ってごめんなさいね、あとは産む役目の人が1人頭で頑張ってもらうしかない。(女性)1人当たりどのぐらい産んでくれるかという合計特殊出生率が今、日本では1.26。2055年まで推計したら、くしくも同じ1.26だった。それを上げなければいけない。(2007年1月30日06時00分 スポーツ報知)

新聞やテレビが「出産する機械発言」と指弾し、辻元清美代議士が「全女性を代表して」抗議した発言がこれです。この内容を知らない一般のヒトは、柳沢厚相が「女ってさぁ、所詮ガキ生む機械じゃね?」みたいな発言、あからさまな蔑視発言したと思ってるわけだよね。
僕は普通の営業マンなので、トーク商売である。得意先に納品されている対抗商品を切り替えるなんてのは日常茶飯事であり、そのためによく「あえて申し上げますが、御社がご採用されている○○は、当社のものに比べて…」とか、「悪く言えば御社の○○は…」なんて言い方をする。この場合もニュアンスは同じだと思うんだが。厚生大臣という重責ある立場の人間にとっては、完全に失言であることは言を待たないが、果たして予算委員会をボイコットしてまで罷免を要求するだけのことか。
卑近な喩えを繰り返すが、僕が上記のような物言いで取引先の機嫌を損ねたとすると、とりあえず僕の上司が詫びを入れに同行する。これで収まらないようであれば、この得意先のほうが頑迷だという判断になるのが普通だ。実際僕は5年ばかり前に大きな取引先と大喧嘩し取引停止の直前まで行ったことがあるが、そのときはトップの詫びで収束したんだけど。ヤ○ザじゃないけど、こーゆー事態になれば、詫びを入れた人間の顔が立つかたたないかになるんだよね。
話がそれた。
民主党をはじめとする野党は完全に読み違えている。柳沢厚相の失言に対して罷免を望む有権者は、彼らが感じているほど多くはない。ノイジィ・マイノリティの声のでかさに錯覚してるだけか、民主党の小沢代表の不動産問題と近藤昭一議員の朝鮮総連関連団体からの献金問題をカムフラージュのために騒いでいるだけだ。安倍首相は、閣僚を守れという指示を党内に通しただけでもご立派でしょう。
アカ新聞とクズTVの影響力が目に見えて低下してる。サイレント・マジョリティが動き出すときだ。


↑もっと突っ込むところたくさんあるだろうが、議員先生方
スポンサーサイト
別窓 | マスコミ | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<われらのもの | 市川電蔵事務所 | インプリンティング>>

この記事のコメント

いやぁ、野党連中センス無さ過ぎ!
はっきしいって、こんな対応じゃ与党も危機感もって政権運営どころか勉強する気にもならんじゃろ?
あげくのはてに、予算審議さぼって、おまいらタダメシ食ってんの?とか言われちゃってる(笑)
与党が突っ張ったら、どのツラさげて審議に復帰するんかね?
こうなったら、野党全員議院辞職するくらい腹くくってタマ取に行けや!
野党の皆さんは、東映のヤクザ映画観るトコからはじめなきゃダメだな。
        
    たまぁとらしてもらいやす!!  ってか?


マスコミも只々煽るだけ。
スポーツ中継なら、煽らなきゃいかんってのもあるかもだけど、
もう少し考えろや!
2007-02-04 Sun 22:42 | URL | アクセル総研代表 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。