市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

日本×台湾!

061110223721906.jpg

僕は、スポーツと名のつくものはまったく苦手である。運動神経はゼロとゆっても過言ではない。僕の体型は中肉中背で、人には「スポーツをやってそう」と見えるらしいが、まったくやらない。中学時代は卓球部に所属していたが、学校の方針で必ず部活動に加入することを義務付けられていた(いわゆる文化部はなかった)だけで、主に審判を担当していたくらいだし。高校デビューの不良だったおかげで応援団部に入れられてしまった(僕の行ってた高校は応援団が運動部のひとつとして存在していたのです)が、これは体力さえあれば運動神経は関係なかったので、何とか続いた。まぁこの応援団部と演劇部に所属していたおかげで腹式呼吸するようになり、40才過ぎた今も腹は出ていないのですが。
運動神経がないわりには、スポーツの観戦は好きだったりする。格闘技を含めて、大概のスポーツのルールは知っている。応援団部というのはほとんど野球の試合の応援のために存在する団体であり、こと野球に関してはうるさい。プロ野球は阪神タイガースのファンを30年以上やっているのです。
今年の阪神タイガースは残念ながらリーグ2位に終わってしまったんだが、「常勝球団」のイメージがすっかり定着した。昔はダメ虎といわれたもんだが、隔世の感があるなぁ。結局セ・リーグの優勝は中日ドラゴンズ、パ・リーグの優勝は北海道日本ハムファイターズ、日本一に輝いたのはなんと日ハムのほう。中日×日ハムなんて、オープン戦でも客がいねぇんじゃないかってくらいのカードだったが、これも隔世の感。昨年の千葉ロッテマリーンズといい、日進月歩の栄枯盛衰の諸行無常だ。巨人の4番打者が韓国人になるなんて、10年前に誰が予想したか。
んでもって、今年もコナミカップ アジアシリーズ2006とやらが開催されてる。これは説明するまでもなく、アジア地域の野球クラブチーム対抗戦ですな。日本のほかは韓国・台湾・中国が参加しております。昨年から開催が始まってますが、昨年の結果は予想通り日本・韓国・台湾・中国の順でした。まぁ誰でも予想できる結果です。韓国が強いかもと、特亜びいきのマスコミはさんざっぱら煽ってましたが、結果はやはりこう。
しかし、日進月歩の栄枯盛衰の諸行無常である。今年の決勝は、北海道日本ハムファイターズ×LA NEWベアーズの対戦と決まった。日本×台湾の闘いだ。韓国代表のサムスンライオンズLA NEWベアーズに負けてしまったのである。
【GAME6】LA NEWがサムスンに3-2で勝利し、明日の決勝に挑む
LA NEWベアーズ 3 - 2 サムスンライオンズ
11日第2試合は、ここまで1勝1敗のチーム同士が決勝進出をかけて対戦した。昨日、北海道日本ハムファイターズ相手に1-2と惜敗し、総失点の差で優位に立つLA NEWベアーズは、左腕ウ・スヨが先発。一方のサムスンライオンズは、右のジェイミー・ブラウンが先発した。
先攻のライオンズは4回表の1死後にヒットで出塁した5番キム・ハンスを1塁において、DHのヤン・ジュンヒョクが推定135メートルの2ランを放ち先制。一方のベアーズも、直後の4回裏、この回先頭の2番ユ・ジンデ、3番リン・ジシェンの連打でチャンスを作ると、4番チェン・ジンフェンが2点タイムリーヒットを放ち、すぐさま2-2の同点に。
ベアーズは6回裏にも、リン・ジシェンがライオンズの2番手イム・チャンヨンから、推定飛距離140メートルという特大のソロホームランをレフト看板の更に上まで叩き込み、試合中盤の勝ち越しに成功する。
6回以降、ベアーズは細かい継投でライオンズ打線を封じ、8回からリリーフした右のモレイが9回も無失点に抑え、緊迫した好ゲームを制した。
この結果、LA NEWベアーズがチャイニーズタイペイのチームとして初めて決勝に進出。明日、アジアシリーズ制覇をかけ北海道日本ハムファイターズと激突する。

台湾という国は、非常に向上心にあふれている人が多いと聞く。小林よしのり氏の「台湾論」でも述べられているが、成功や富裕への憧れはとても強く、そのための努力を惜しまないと。よって、日本や韓国など及びもつかぬくらいに学歴偏重であるともいう。
とにかく向上心にあふれており、目標を持って高みを目指す。米大リーグにスカウトされた投手さえいる。野球こそまだ日本を目指している段階だろうが、僕の使ってるパソコン(自作)のマザーボードはASUS製だ。このあたりはもう日本が追いつけるレベルではない。
日本は、もっと台湾と交流すべきだろう。大陸の中国共産党政府を押し戴いてばかりいてはいかんのじゃないかね。台湾と日本の交流は非常に微妙なバランスだ。この大会だって、公式HPのインタビューでは「台湾」という表記がなく、「チャイニーズタイペイ」という言い方をしている。これは中国共産党政府が強要する言い方で、台湾とはあくまで中華人民共和国の一部であるという考えに基づく。このことも僕を不快にさせる一員なのだが、何のマチガイかあのTBSがHPで「台湾代表」という表記をしているのだから笑ってしまう。
台湾人の皆さんは、来日や在日のとき、「中国人」といっしょくたにされるのをたいそう嫌がっているそうであるが、台湾との関係も、早く正常化したいもんです。北朝鮮と国交正常化するよりも、台湾との関係を正常に戻すのが先だろ。
さて、酒を用意してコナミカップの決勝戦でも見るか。しかし、LA NEWベアーズというか台湾のチームって、ユニフォームとかいいよね。日本やメジャーのコピーって感じがしないし、背中の名前もどっしりと漢字。…うわ懐かしい、呂明賜がいるよおいwww


↑昔飲み屋で台湾のお姉さんに惚れました
スポンサーサイト
別窓 | 日々徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<誠に申し訳ありませんが… | 市川電蔵事務所 | 核保有論議を行おう>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。