市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

シューティング・チベタン・ピルグリムス

82732.jpg

文化と政治は別物であるなぁととみに思う。
僕の愛するこの国、日本であるが、シナの文化を下敷きにして発展してきたことは言うまでもない。ひらがなやカタカナは漢字を基にして作成されたものであるし、当然、漢字がなければ日本の文学や政治体系などはありえなかった。味噌も醤油も元はシナから伝来したものであるし、仏教もシナと朝鮮を経由している。
僕自身、元代に記された羅貫中の「三国志演義」をむさぼり読んだ。学生時代に平凡社の中国古典文学大系本を購入したのだ。20年ちょっと前、上下セットで7200円したから、決して安い買い物ではなかった記憶がある。しかし、脚色されていない三国志が読みたいという熱意があったんである。おかげでいっぱしの三国志通になった。
三国志演義から読み取れるシナのメンタリティには、やはり現代に通じるものがあった。代表的なものは、権力者に反対する者を鏖殺するというあたり。この志向は、近代においても政治闘争後の負け組の一掃、という点で中華民国→中華人民共和国へと連綿と受け継がれている。これに加えて領土の拡大志向である。蜀の宰相、諸葛亮が率いたとされる南蛮討伐は、演義の中では面白おかしい戦争譚として描かれているが、魏・呉・蜀の三国のうち積極的に領土拡大をして異民族を屈服させたのは、後漢を継承したと自認する蜀である。この領土拡大志向も、シナに受け継がれるメンタリティである。
その二つのメンタリティの結実が、はからずも外国人の手によって撮影されてネットで公開されている。

chinese soldiers shooting tibetan pilgrims at mount everest(You Tube)

現代シナの悪名高き「チベット弾圧」の一コマだ。権力者への隷従を強い、反逆するものは容赦なく
鏖殺
むろんのこと、朝日新聞は中国共産党政府の発表を忠実に記事にする。
中国国境警備当局がチベット人に発砲 ネパール国境
 13日付の香港各紙によると、中国チベット自治区のネパール国境地帯で先月30日、ネパールに越境しようとしていたチベット人グループに中国の警備当局が発砲、少なくとも2人が死傷したほか、子供を含む数十人の行方が分かっていない。
 報道によると、子供十数人を含む約70人のチベット人がヒマラヤ山脈を徒歩で越えようとし、国境警備当局の兵士の銃撃を受けた。国営新華社通信は「不法出国を図ろうとしたグループが、引き返すよう求めた当局の勧告に従わず集団で攻撃してきた」と説明。当局の銃撃で2人が負傷、うち1人が寒さと酸素不足のため死亡したとした。
 香港紙サウスチャイナ・モーニングポストは銃撃を逃れた41人がカトマンズに到着したとして、「我々の後をつけてきた兵士が立ち止まるように命じ、発砲した」との証言を紹介。銃撃で死亡したのは、17歳の尼僧だとした。2006年10月13日18時24分 asahi.com

朝日新聞がもっとも糾弾しそうなネタなのにね、少年や少女、それも社会的弱者への軍隊による発砲。ハネ満あんじゃないの。それなのに。それなのに。中国共産党政府のやることを悪く書いてはいけないと忠実に言いつけを守る日本最大級の中国共産党政府機関紙である朝日新聞は、「不法出国を図ろうとしたグループが、引き返すよう求めた当局の勧告に従わず集団で攻撃してきた」という新華社通信の発表をそのまま載せる。
そういや、先日の北朝鮮訪問に関しても、「大成功、中国共産党政府は北朝鮮を説得しますた」みたいなことを書いてたのに、ライス国務長官に「んなこたぁない」と一笑に付されてしまうという誤報(捏造)をやらかしてくれた。
世論誘導をやろうとして見事に失敗してる見本を惜しげもなく晒してもらってありがたいのだが、いい加減にしろ。あとひとつ注文。シナ人の名前を胡錦涛(フー・チンタオ)国家主席みたいに読みがなつけるのやめれ。北京語広東語などのシナ語は、カタカナで読んでも、シナ人には通じないと思うぞ。アクセントやなんやらで、ぜんぜん違うらしいから、フーチンタオだって。
ここまで中国共産党政府に媚びてる新聞って、人民日報以上かもね。あぁ情けなや。

↑シナとは距離を置こうよ
スポンサーサイト
別窓 | マスコミ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<未履修問題と高校時代の思ひ出(笑) | 市川電蔵事務所 | 2ちゃんねる東亜板より>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。