市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

北朝鮮、核実験→改憲と核武装へ弾み

200610090000541insert_1.jpg

あーあ、やりゃがったよまったく。朝鮮半島の金氏朝鮮が、核実験だ。お気に入りの朝鮮日報日本語版から引用しますね。
【核開発】なぜ今日?北朝鮮が狙った一石「四鳥」とは…?
 北朝鮮はなぜ9日に核実験を行ったのだろうか。韓国政府当局者は「こちらとしては気分のいいものではないが、北朝鮮としては対内・対外的に一石“四鳥”の効果を狙ったようだ」と話している。
 9日前後は北朝鮮にとって、意味のある日が続く。前日の8日は金正日(キム・ジョンイル)総書記が1997年に労働党総書記職を継承した日だ。翌日の10日は朝鮮労働党の創党記念日。北朝鮮は、金正日総書記一家の誕生日と同様、国家記念日として重要視している。北朝鮮はその国家記念日に挟まれた9日を選んで核実験を行い、これを内外に知らせることで、堅固たる体制構築の効果を狙った(国防研究院・白承周=ペク・スンジュ=北朝鮮研究室長)という分析が有力だ。
 対外的には、北朝鮮の日本人拉致問題を強く提起、北朝鮮を窮地に追い込んだ安倍晋三首相の訪韓に合わせたと見られる。実際、安倍首相がソウル入りした時間と北朝鮮が核実験を行った時間は30分も差がない
 また、9日は国連安保理が韓国の潘基文(パン・ギムン)外交部長官を国連事務総長候補に推薦する日でもある。安保理の潘長官推薦は事前公告されていた。北朝鮮は今月3日の核実験宣言も、潘長官が第4回予備投票で1位となり、事実上、国連事務総長候補に確定した日に発表した。
 一方、アメリカと日本は北朝鮮の9日の核実験実施を正確に予測していたことが分かり、注目を集めている。米国のクラウチ国家安全保障会議(NSC)副補佐官と日本の谷内正太郎外務省事務次官は6日(現地時間)、ワシントンで「北朝鮮は今週末に核実験を実施する可能性がある」と認識を共にしていた。
 北朝鮮が核実験を行った時間は9日午前10時35分、ワシントン時間では8日日曜日の夜だった。アメリカと日本が3日に行われた北朝鮮の核実験宣言を綿密に分析したところ、交渉用ではなく実戦用と判断、「1週間以内に実施される可能性が高い」との結論を出したと言われている。
 米日のこうした対応は、韓国政府当局者が8日の定例記者会見で「現在の状態で北朝鮮が核実験を物理的に準備している様子は把握されていない」と述べたのとは対照的だ。 チョソン・ドット・コム

さすが北朝鮮、韓国の上を行く「斜め上」っぷりでさっぱり判らないというのが本音だが、やはり(ある意味)外交上手なこの国のこと、朝鮮日報の分析は正しいだろう。最小の投資で最大の効果を狙ってなされた核実験。関係各署を最大の混乱に陥れるこの豪腕は、見事としか言いようがない。
しかし、シナを軽視しすぎてるように見えて仕方がない。安部総理が曲がりなりにも就任後最初の訪問国にシナを選定したのに、訪問の次の日にこれである。体面を気にすることにかけては朝鮮人以上である中国共産党政府が、黙っているとは思えないのだが。
いま考えうるシナリオのひとつは、人民解放軍の越境→治安維持名目の駐留→駐韓米軍の正式撤退→ノ・ムヒョン大統領によるシナ接近→実質上、朝鮮半島全体のシナ支配というところだが、こうなった場合、日本にとってはえらい脅威である。
何しろ、日本海・東シナ海をはさんでロシア・シナ・朝鮮という核保有国と対峙しなければいけないのである。この事態に際し、アメリカの核の傘の下で安穏としていられるかと。
否である。アメリカは日本の有事には動かない。日本にあるアメリカの基地を守るためには動くが、それ以外には決して動かない。かの国が自国とその権益に対してだけ迅速に動くということは、アフガンとイラクで証明済みだ。朝鮮半島の核がアメリカの基地がない街に落ちたとしても彼らは動かない。
今回の核実験騒動には、実は感謝しているのである、僕は。日本の国民の意識を、確実に改憲に持って行ってくれている。アパートの隣の部屋の住人が奇声を発しながら壁をガンガン叩いているのに、「すいませんけど、静かにしてもらえませんか」とおずおず頼んでいる場合じゃない、ということに気が付き始めているのだ。「やかぁしぃわ静かにしろボケ」と怒鳴りつけるべきだと。この1ヶ月の間に改憲動議が出されたら、確実に通過すると思うぞ。そして、日本と台湾は核武装して、海をはさんで対峙する核保有国家を睨み付けねばならないのだ。
まだまだ動きはあるようだが。
北朝鮮、2度目の核実験準備の兆候か 韓国情報機関
ソウル――朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が9日に発表した地下核実験の実施で、韓国の情報機関、国家情報院責任者は9日、北朝鮮が2回目の実験に踏み切る恐れがある、との見解を示した。9日の実験が行われたとみられる場所近くで、不審な動きを突き止めたとしている。
韓国・聯合ニュースの記事を引用したAP通信によると、国家情報院の説明を受けた国会議員が明らかにした。
これによると、目的が不明な動きは現地時間の午後3時(日本時間同)ごろ察知。現場で、最大40人の人員と車両の行動が目立ったという。
国家情報院の情報の出所は不明だが、米国の偵察衛星が関与している可能性がある。2006.10.09 Web posted at: 22:05 JST- CNN/AP

まぁとにかく、核実験しまくってくれい。日本も改憲して、核武装するからさ。
…んじゃ、筑紫哲也のニュースでも見るか。

↑筑紫哲也の表情が、すごく悔しそうなのは何故
スポンサーサイト
別窓 | 東アジア問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<北朝鮮のノーテンリーチ | 市川電蔵事務所 | 朝鮮日報日本語版を見習え>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。