市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ライオット・イン・バンコック

im20060923AS2M2300R2309200613.jpg

タイでクーデターが発生、タクシン首相が亡命状態でイギリスに滞在、プミポン国王はクーデターを事実上承認というかたちになっている。東南アジアでは比較的早くから立憲君主制を導入し、民主主義が発達していたタイで、なぜ「軍部による蜂起」が発生したのかと、「良心的メディア」は苦言を呈し続ける。
だが、ちょっと待ってほしい。タイは立憲君主国家であり、国王は国民の大多数から崇敬を集める存在である。今もなお、なのである。タイの国王は宗教の庇護者であり、卑近な例でいったら、檀徒総代みたいなものであるらしい。神性はなく、あくまで俗人であり、信仰の象徴のような存在であるとのこと。なお、国王は仏教の保護者ではなく宗教の保護者であるため、国王の尊厳を傷つけない限りはイスラームもなにも許容される。クーデターの首謀者たるソンティ司令官がイスラームであることはつとに有名。
タイは、民主主義国家である前に立憲君主国家である。君主が崇敬を受けることが前提となっている民主主義国家であり、その意味では世界最高レヴェルの立憲君主国家といえるのではないだろうか。タイ国軍は、「国家と国王のための軍隊」であることを徹底的に認識させられ、政治に近づくことを厳に戒めているという。事実、ソンティ司令官は自らの政治的野望を一切否定し、文民政府の樹立後は軍をひくことを名言、国王にも謁見している。
今回のクーデターを見るにつけ、純粋に国家を憂い、尊王の志を持っての決起であったように思える。しかし、わが国の2.26事件とは違う。僕はどちらかというと、江戸時代の「押し籠め」に似ているような気がした。「押し籠め」は、幕藩体制下において、藩主が藩政を執るについて著しく暗愚・暴虐であるような場合、家老たちが藩主を軟禁状態にして詐病のうえ強制隠居させる一連の行動である。家名を守るために、幹部クラスがおこす一種のクーデターである。江戸時代にはいくつか例があり、幕府も時にはこれを黙認していたふしもある。正当な理由で藩主が交代できない場合の、緊急避難のための強攻策である。
タイにおいても、似たような状況であったようだ。タクシン首相の豪腕でタイ経済は発展を遂げていたが、豪腕が過ぎて専制的になり始めたのを国民も軍も国王さえも気がつき始めた。しかし97年憲法は与党に徹底的に有利になる仕組みであったため、なかなか正当な理由での政権交代ができない。そして、蜂起である。僕はタイ国軍と司令官を責める気にはなれない。
しかるに、良心的メディアは、「軍事クーデター」が起こって市街地に戦車と兵士が駐留する絵を見て、全身の毛を逆立ててアレルギーを起こす。軍人はすべて悪であり、「政治的野心はない」とする司令官のことも白眼視する始末だ。ついでにタイ国王が国民の崇敬を集める存在であることも面白くないのだろう、国王と国民の信頼関係を「後進的である」と嘲る姿勢さえ見え隠れする。
僕は7年ばかり前に仕事でタイを訪れた。東京なんてメじゃないくらいのバンコク中心部の大渋滞、佃煮にするほどいるオカマ、美しい娼婦、屋台の食い物はビニール袋でテイクアウト。それでも車で1時間も走れば、郊外は目に染みるほどの緑。道端の商店でコーラを飲む。氷水で冷やしてあるヤツは、その水が到着したばかりの観光客にはあまりにきつすぎるので、ぬるいヤツを飲む。トイレを借りると、壁に数匹のトカゲ。店のオヤジはやっぱりオカマで、僕のツレを熱のこもった目で見ていたっけ。僕は、この国に永住できる、と強く思ったもんだ。
悪の家老を実力行使でたたき出したサムライたち、というのがタイのクーデターの実情ではないのか?「良心的メディア」の皆さん、どう考えます?

↑タイに住みタイ
スポンサーサイト
別窓 | マスコミ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<安倍首相と同い年なのは古舘伊知郎氏 | 市川電蔵事務所 | 国旗はためく下に>>

この記事のコメント

>タイ国軍は、「国家と国王のための軍隊」であることを徹底的に認識さ
せられ、政治に近づくことを厳に戒めているという

へェ~、そうだったんですか。だからそれほどの混乱もなかったんです
ね。
勉強になりましたm(_ _)m
2006-09-27 Wed 18:10 | URL | 彦勘助 #W6545ECQ[ 内容変更]
http://blog.livedoor.jp/tarotohachinosu/
実際にあった外務省からの電話の話が書いてあります。一読されてみ
ては?
2006-09-28 Thu 20:40 | URL | 国家とは #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。