市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

「ジャーナリスト宣言。」…ってさぁ…

jornalism

移転いたしました。

いまさらだが、一言。
「ジャーナリスト宣言。」なされたアサヒ新聞歴史的名文からなる歴史的社説を発表した。

 皇位継承のあり方をめぐり、天皇陛下のいとこにあたる寛仁(ともひと)さまの発言が相次いでいる。
 昨年、会長を務める福祉団体の機関誌に随筆を寄稿したのに続き、月刊誌「文芸春秋」などでインタビューに応じた。さらに産経新聞と、同社が発行する雑誌「正論」にインタビューが載った。
 初代の神武天皇から連綿と男系が続いているからこそ皇統は貴重なのだ。戦後に皇籍を離れた元皇族を復帰させるなどして男系維持を図るべきだ。いずれもそうした趣旨の発言である。
 小泉首相から皇位継承のあり方を諮問された有識者会議は、女性天皇やその子の女系天皇を認める報告書をまとめた。政府はこの報告書に沿って皇室典範の改正案を準備中だ。
 寛仁さまの発言は、この報告書や首相の方針に異を唱えるものである。
 だれを天皇とすべきか。皇位継承は天皇制の根幹にかかわる問題だ。国民の間で大いに論議しなければならない。
 皇族にも様々な思いはあるだろう。自らにかかわることだけに当然だ。だが、それを外に向かって発言するとなると、どうか。改めて考える必要がある。
 当事者である天皇や皇族がどう考えているのかを知りたいと思う人もいるだろう。自由に話をさせてあげたらいい、という人もいるにちがいない。
 皇太子妃の雅子さまが体調を崩したときに、私たちは社説で、心のうちを率直に語ったらどうかと主張した。
 しかし、今回の一連の寛仁さまの発言は、皇族として守るべき一線を超えているように思う。
 寛仁さまはインタビューで「皇族は政治にタッチしないという大原則があります」と述べている。その大原則に反するのではないかと考えるからだ。
 憲法上、天皇は国政にかかわれない。皇位継承資格を持つ皇族も同じだ。
 寛仁さまは皇位継承については「政治を超えた問題だ」と述べている。歴史や伝統の問題ということだろう。
 しかし、天皇制をどのようなかたちで続けるかは国の基本にかかわることで、政治とは切り離せない。まして、いまは政府が皇室典範の改正案を出そうとしている時期である。
 たとえ寛仁さまにその意図がなくても発言が政治的に利用される恐れがある。それだけ皇族の影響力は大きいのだ。
 天皇は日本国民統合の象徴だ。国民の意見が分かれている問題では、一方にくみする発言は控えた方がいい。これは皇族も同じである。
 天皇陛下は記者会見でたびたび女性天皇や皇位継承について質問されたが、回答を控えてきた。皇太子さまも会見で質問されたが、やはり答えなかった。
 おふたりとも、憲法上の立場を考えてのことにちがいない。
 寛仁さまひとりが発言を続ければ、それが皇室の総意と誤解されかねない。そろそろ発言を控えてはいかがだろうか。

小泉首相が女系天皇と女性天皇を取り違え、まったく本質を理解していなかったことが明らかになり、国会議員の中にも拙速な皇室典範改正を危惧する声が強まる中、「ジャーナリスト宣言。」のクォリティペーパー殿は、皇族であられる寛仁さまにたいして「黙ってろ」と吠えたのである。
今上陛下が女系・女性天皇容認の皇室典範改正に関して何もご発言なされないのをいいことに、自分の意見を正当化しようとしているのが見え見えだ。さまざまな論客が喝破しているが、もし寛仁さまが「女性・女系天皇容認」のご発言をなされていたなら、彼らは得意満面で寛仁さまを持ち上げてワショーイするだろう。
アサヒ新聞をはじめとする反日勢力の希望は、「天皇制の終焉」を実現させることに他ならない。世界的に見ても稀有な長きにわたる系統を有する天皇家を、その存在意義のひとつである男系継承という面から突き崩し、有名無実化させることによって将来的に断絶するのが彼らの目的だ。
天皇家は、日本の象徴である。いささか抽象的な言い方だが、僕はこの言葉が天皇制というものを最も端的に表現していると考えている。たとえばアメリカ、という単語を聞いて何をイメージするか。星条旗かな。フランス、だとどうか。凱旋門とエッフェル塔かな。日本という単語でイメージされるもの、やはり京都の街並みのイメージと寿司と芸者。
どの国も、その固有の文化を視覚化したものがイメージされよう。天皇制は、日本の文化である。政治制度矢支配機構ではなく、文化なのだ。そうでなければ、日本における有史1500年程度の政治変遷の流れの中で、新しく登場した政権掌握者によって天皇が誅殺されたことがない事実をどう説明できよう。民族固有の文化というものを有識者とやらの鳩首会議でカンタンに変えてもらっては困る。
旧皇族子孫の竹田恒泰氏が、SAPIO2月8日号でこう喩えている。
「女系天皇を容認することは法隆寺を鉄筋コンクリートで建て替えるのに等しい」
古くなってきたからといって、法隆寺にコンクリ流して修理するやつはいないだろ。宮大工の方々が、建立当時と変わらぬ方法で持って修復する。とても平易で理解しやすい喩えだ。
←その意気やよしと思ったらクリックしてやってください
スポンサーサイト
別窓 | マスコミ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<中国共産党政府のインボウだ | 市川電蔵事務所 | 大塚にて>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。