市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

言うべきことを言う

juugun.jpg

6月は普通ヒマな月であるのだが、僕だけは忙しい。純粋に僕の取引先の事情で引っ張りまわされているのだが、正直しんどい。毎日、「これ以上無理」ってとこで仕事を中断して帰宅、ぶっ倒れて眠る、という生活。何とかしてくれ。
とまぁ愚痴ってばかりいても仕方ないので、最近笑ったニュース。
シナが一応は社会主義国家でよかった。シナ人の商才は全世界が認めるところだ。もしこの国が普通に資本主義国家だったら、今頃アメリカも日本もEUも、とっくに取り残されていただろう。売れるものは売る。無理にでも売る。
W杯会場の空気、一袋50元!
[ 2006年06月30日 05時38分 ]
[北京 29日 ロイター] 以前、月の土地を売ろうとした中国の企業家が、同国での熱狂的なサッカーW杯フィーバーを利用して一儲けしようとしている。試合会場の空気をパッキングして売る、というものだ。
この新商品「世界盃空気」を販売するのは「月球大使館」のCEO李捷氏。価格は50元(約730円)だ。
同氏は英字紙『ベイジン・デイリー・メッセンジャー』に「空気はW杯会場で、係員が芝を刈っているときにパッキングしています。開けたときに芝の香りがしますよ」と語った。
ドイツに観戦に行けないサッカーマニアは、テレビ観戦するときに、プラスティック製のバッグを首から下げて空気を吸うといい、と提案している。
「どのスタジアムの空気でもご用意してあります」
昨年、同氏は月の土地を1エーカー、300元で販売しようとしたが、投機と不当利益行為を禁ずる法律に抵触するとして当局からストップがかかった。
「『世界盃空気』はサッカーファンのためのものです。一種のスポーツグッズですね」
地元当局は、月球大使館に対する捜査を始めているという。

シナ人は世界中に散らばり、経済活動を行っている。その才能と精神力には正直脱帽である。これから先シナが限りなく資本主義国家に近づいていったら、冗談抜きで世界最大の資本力を有する国家になるんだろうな。
あと最近気になったニュース。mumur様のところから。「はっきりものを言う」事がようやくできるようになってきた件。元の読売新聞の記事は消えてるので、mumur様から転載。
慰安婦「従軍」でない 知事 平和資料館、表記見直しも
 上田知事は27日、県議会本会議の一般質問で、県平和資料館(東松山市)で展示されている昭和史年表の「従軍慰安婦」という表記について、「東西古今、慰安婦はいても従軍慰安婦はいない。間違った記述は修正しなければならない」と述べた。知事発言を受け、同館は表記の見直しを検討する。
 同資料館の年表には、昭和史に加えて平成に入ってからの社会の動きなどが記載されており、1991年の項で「従軍慰安婦問題など日本の戦争責任論議多発」と記されている。
 小島信昭氏(自民)が「展示内容が偏ってる」と指摘したのに対し、知事は「県民に自虐的な感情を抱かせることなく学べるようにするのが大事」としたうえで、「(慰安婦は)兵のいるところに集まってきたり、兵を追っかけて業者が連れていったりするのであって、軍そのものが連れていったりするわけは絶対にない」と述べた。知事は議会終了後、記者団に「軍は衛生管理を行っただけで、慰安婦を連れて行ったわけではない」と持論を繰り返した。
 同資料館は、学識経験者ら14人による運営協議会が展示内容などを決めており、原田美岐子館長は「内容が適切かどうか、運営協議会に諮ることになるかもしれない」と話している。

この「従軍」慰安婦問題は、軍隊の後を売春婦がついていったのだという解釈(というか実態)が報告されており、「従軍慰安婦」というのは吉田某の捏造(というか造語)であることが明白になっている事実がある。このあたり小林よしのり氏の精細でわかりやすい調査報告に勝るものはあるまい。
大東亜戦争当時、売春は褒められたことではなかったにせよ、少なくとも禁止されてはいなかった。まぁ実際現代では売春防止法があるが、この法律には「売春をしてはならないし買ってもいけない」と書いてあるにもかかわらず、売ったり買ったりすること自体への罰則はない。罰則があるのは借金のカタにフロに沈めるような、つまり強要であり、法律の主たる目的は死語になりつつある女衒という商売を駆逐するためのものだろう。
史料に裏打ちされた、ごく当然の事を言っている上田知事には拍手を送りたい。「慰安婦はいた。ただし従軍ではない」ということは、何の問題もないように見える。しかし、同じことを20年前、いや10年前に発言していたらどうだったか。朝日新聞と毎日新聞、赤旗らがこぞって知事の弾劾キャンペーンを紙面に踊らせ、テレビが尻馬に乗ってここぞとばかりに叩き、この知事を辞任に追い込んだだろう。「従軍」慰安婦は捏造であったことが白日の下に晒され、このことに拘泥すると自らの首を絞めることがわかってしまった今では、感情論に走らざるを得なくなっているのが今のサヨク論陣。むかし春をひさいでいた老女をカメラの前に引っ張り出し、「ワタシが証拠だ」と叫ばせるという醜悪な状況。
とにかく、いままで言えなかった事がいえるようになったことだけでも、たいした進歩だ。いわゆる一般人が、サヨクの人たちの胡散臭さに十分気がついていることだけでも。
原田美岐子館長という人も、悔しくて眠れない日々だろうな。だいぶ香ばしい人のようだから。

↑サヨクに閉口してるヒトは
スポンサーサイト
別窓 | 特定市民たち | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<増田都子「もと」教諭、フジテレビデビュー? | 市川電蔵事務所 | 臨時休業中>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。