市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

女系天皇を容認せず

meiji.jpg

先日「皇室と日本を考える」第一回学習会とゆーのに参加してまいりました。
■「皇室と日本を考える」第一回学習会
幅広い皇室問題への基礎固め!研究なくして運動への信念無し!皇室への認識を深める学習を!!
紀子様の御懐妊をむかえ皇位継承問題がしばし沈静化している今、政局・法律論・経済・大衆文化批評・社会学・歴史・宗教・政治思想・文学・神話など、多方面から知識をもちより、相互の議論を通じて、皇室と日本への理解と皇位継承問題への認識を深めてゆきたいと考えています。
◆日時:6月10日(土)17時30分より。(約2時間ほど予定)
◆会場:豊島区生活産業プラザ(豊島区民センターの裏)7階第一会議室
●第一部 テーマ「皇統護持における罠と陥穽 ~消去法から見る真っ当なプロセス~」
ナビゲーター:元木田蔵
 ※これまでの男系護持運動をふりかえり批判的に検討しながら旧皇族の皇籍復帰への運動的論点を提示し、国民運動によって万世一系の皇位継承を守る具体的見通しをさまざまな側面からみて、世論の喚起とその効果を論証的に推定し、運動の本質に迫ります。
●第二部 ディスカッション(18時30分頃より開始、約1時間ほど予定)
毎回、当日のナビゲーター役を囲んで質疑応答、感想等の気軽な話し合い、あるいは参加者同士での討論などを行ないたいと思います。第一部に参加した方はぜひ第二部にも続いて御参加ください。
◆主催:「皇室と日本を考える」実行委員会
 共催:女系天皇に断固反対する会(mixi内)
 協力:鐵扇會

秋篠宮妃殿下のご懐妊によって、いったん沈静化した皇室典範の改正論議だが、問題を見誤ってはいけないのである。
女系天皇を認めるかどうかというのは、もはや議論の余地なくNoなのである。有識者会議とやらの結論は、女性・女系天皇を容認し直系の長子が皇統を継ぎ、女性天皇が誕生したあかつきにはその配偶者も皇族に列するというようなもの。
言語道断。
皇統は、男系で受け継がれてきたからこそ皇統であり、世界最古の家系にして最長の王朝なのである。
卑近な例を挙げよう。
日本の社会も世界の風潮にあわせ男女同権になってきていることだし、歌舞伎役者に女性がいないのはおかしいではないか。女形などというふざけた風習はやめて、女性の役は女性がやればいいではないか。

だれが賛成する?
宝塚歌劇団は、女性が男性を演じるという不自然なことをやっている。宝塚歌劇団に男性の入団を認めろ。

阪急ホールディングスが泣いて止めるわ。
旧竹田宮家の竹田恒泰氏は、その著書「語られなかった皇族の真実」でこんなたとえをしている。
分かりやすくいうと次のようになる。たとえば、世界最古の木造建築は法隆寺であるが、老朽化が著しいからといって鉄筋コンクリートで立て替えたとしたら、それはもはや法隆寺ではない。鉄筋コンクリートが悪いのではなく、法隆寺に鉄筋コンクリートはふさわしくないということである。
これと同様に、天皇家は男系により継承される世界最古の家柄であるが、男系継承が困難だからといって女系天皇が即位したとしたら、それは天皇ではなく、皇統は断絶したことになる。諸外国には女系の王を立てる国があるがこれを批判しているのではない。女系が悪いのではなく、天皇家に女系はふさわしくないということである。

(竹田恒泰著「語られなかった皇族たちの真実」 第一章69ページより引用)

女性・女系天皇を容認する動きは、庶民の間に顕著だ。しかしそれは、現代の社会情勢に置き換えた心情的なものでしかない。敬宮さまの愛らしさや皇太子ご一家の微笑ましい日常を自らに置き換えて、敬宮さまが将来成人されたらご立派に女王様におなりになればよいと考えるのだろう。まるで自分の娘や孫が将来いい女子大に入学して一流企業に勤めればいいなと思う同じレヴェルで。
しかし、現代の社会情勢に照らしてみたら、敬宮さまが将来天皇に即位されることが「女性として」もっとも不幸になりかねないということを誰が理解しているだろうか。結婚・出産は許されず、何らかの方法で男系男子が即位するまでの中継ぎでしかありえない人生。
そうさせないための皇室典範改正であるというむきもあろうが、「法隆寺は鉄筋コンクリートで建ててはいけない」という厳然たる事実の前には黙していただくしかない。男系で相続していくのが天皇家であるという事実は、社会情勢いかんで変化させるべきことではないのだ。
旧宮家の皇籍復帰も含め、いまだ男系男子が絶えたわけではない現在、拙速に女系容認を議論すべきではない。過去三回の皇統断絶危機に倣い、粛々と準備を進めるべきなのである。及ばずながらこの市川も、その準備の一端をになう覚悟である。
勉強会のナビゲーターを務めてくださった鐵扇會會長の元木田蔵氏が、その心構えを木村篤太郎氏の一文で説いてくれた。
浪人とは
その位にあらずとも そのことを行ひ
自家の塩米を憂得ずして 国家の経綸に 志す者は
浪人なり
即ち 浪人は 政府または人民より頼まるるに非ず
また一銭半銭の報を得るに非ずして
自ら好んで天下の事に当たる


↑皇統護持
スポンサーサイト
別窓 | 愛国 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<臨時休業中 | 市川電蔵事務所 | 純和風らーめん禅(千葉県習志野市)>>

この記事のコメント

トラックバックありがとうございました。
女系天皇と言うものは絶対に認めるわけには行きません。
懇談会の売国奴には天の鉄槌が必要でしょう。
2006-06-11 Sun 13:58 | URL | hide #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。
天皇というのは日本の元首にして輝かしき象徴でありますので。伝統は守ってしかるべきですよね。女系容認とは天皇家の有名無実化を促進し、最終的には廃絶させんとする勢力に他なりません。
hideさまもmixiおやりでしたら、文中リンクからコミュをのぞいてみてください。もし万が一mixiやってないんでしたら、いつでもご招待しますんでw
2006-06-11 Sun 18:28 | URL | 市川電蔵 #SFo5/nok[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。