市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

マイニチの発作?

聖教新聞印刷所だの特亜ご用達新聞だのクソミソに言われる毎日新聞だが、時々えらくマトモなことを書く。めったにマトモなことを書かないアサヒとはこのあたりが違うわけで。

 毎日新聞西部本社(北九州市)が発行した1945年8月16日付朝刊は1面の一部と2面が真っ白だった。当時の新聞は表裏2ページしかない。前日まで焦土決戦をあおった揚げ句、「国民も今日から転換するのだなどと、どのツラ下げて言えた義理か」という高杉孝二郎編集局長の判断で終戦勅語と行政告示しか載せなかった。彼はまもなく社を去った(毎日新聞130年史)。
 検察の尻馬に乗った鈴木宗男バッシングを競いながら、今や彼を評論家としてもてはやすメディア。前日までホリエモンをもてはやしながら、検察次第で怒とうの堀江たたきに走るメディア。むかし軍部追従、いま検察追従で、変わらぬものといえば俗論迎合の卑しさしかないおまえが、どのツラ下げて明日を語り、針路を説くのか。そう感じている読者が少なくないと思う。
 小泉純一郎首相はホリエモン選挙に肩入れした責任を問われて「批判は甘んじて受けるが、メディアはどうなのか」と切り返した。「新聞批判は甘んじて受けるが、テレビ、週刊誌こそ」と言ってしまいがちな私どもと似ている。
 いまや政治に対する観察者、批判者であるという以上に、政治権力を生み出す装置となった感のあるメディア。その無節操な暴走癖、過剰な存在感・圧迫感と加害性を省みず、「悪いのはオレではない」と逃げ腰の醜さが読者の失望を誘っているようだ。どうにも旗色が悪いが、毎日新聞は署名記事を原則にしている。だから許せとは言わない。白紙の新聞を出す予定はないが、それを出した先達の存在を肝に銘じて進みたい。毎日新聞 2006年1月30日 0時13分

>毎日新聞は署名記事を原則にしている。だから許せとは言わない。
たしかに毎日新聞はほとんどの記事が署名記事だ。それゆえ、特亜や特定市民寄りの記事を発信するのが誰かが一発でわかる。これは、かなり勇気のいることだろう。僕のようにブログでいいかっこした文章を連ねていても、結局は匿名。一部のジャーナリスト諸氏が実名でブログをアップしているものの、ネットの言論というのは匿名であり、無責任感がぬぐえない。
ただひとつの救いは、匿名であってもハンドルネームによってヴァーチャルな人格がネット上に形成されて、ある程度の信頼感を得られるというところか。
話がそれた。
とにかく、署名記事でもって自社ならびに言論界への箴言を吐くとは、天晴、尽忠報国の士である。かけ声が違うか。昨今のアサヒ新聞の凋落とそれを決して認めず、クォリティペーパーだのジャーナリズム宣言だのといった断末魔の様相を見て、毎日新聞は真剣に引いてきてるのかもしれない。
スポンサーサイト
別窓 | マスコミ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<大塚にて | 市川電蔵事務所 | されどわが北国tv>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。