市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

解党へのカウントダウン

クリップボード00
↑開票時に付き物の「当選バラ」をやめるという改革を行なっております。
民主、信頼戻らず…政権批判戦略が裏目に
 民主党は昨年の衆院選に続き、東京都議選でも惨敗となり、党内に強い衝撃が走った。

 安倍政権批判を展開することで有権者に支持を得ようとする戦略が裏目に出て、民主党への不信感が払拭されていない現実も突きつけられた。共産党を下回る結果にもなり、参院選に向けた戦略練り直しは容易ではないとの見方が広がっている。

 民主党の細野幹事長は23日夜の記者会見やNHKの番組で「反省すべきところは反省」と何度も繰り返したが、党執行部の責任問題を問われると「参院選に向けてしっかりと準備をしたい」と述べるにとどまった。海江田代表は都議選の大勢判明後、公の場に姿を見せなかった。

 だが、ある中堅議員は「民主党が完全に有権者から拒否されている。参院選の結果を考えると恐ろしい。『1人区』全滅だけでなく、比例選も総崩れが予想される。甘く見すぎていた」と肩を落とした。

 民主党は今回の都議選を、投開票まで約1か月に迫った参院選と「一体の選挙」(海江田氏)と位置付けてきた。日本維新の会が橋下共同代表の発言で失速すると、党内には「都議会第2党は確保できるのではないか」(都連幹部)との楽観的な見通しさえ出ていた。だが、民主党の獲得議席は、自民、公明両党を大きく下回っただけでなく、共産党にも抜かれ第4党に転落した。

(2013年6月24日09時25分 読売新聞)

都議選に43人の候補を立てて、当選15人。結党以来の大敗北ですな、民主党。35人の候補を立てて2人しか当選できなかった維新よかマシなのかもしれないが、改選前は54議席あった第一党だったわけで、半分泡沫政党である維新とは比べるべくもない。
敗北の弁においても、勘違い甚だしい。「私たちが訴えた内容は間違っていないと思う」と述べ、まるで民主党の主張を聞き入れない有権者がアホなのだと言わんばかり。都議選で「原発反対」だの「改憲反対」だの繰り返し、自民党政権批判ばかり。聞かされる方はたまったもんじゃない。日本共産党が大躍進したが、非自民の票は確かな野党に流れたわけだ。日本共産党はたしかにうざったい連中だが、地方議会ではしっかりと根づいてる。私の住む地区を地盤とする市議は日本共産党なんだが、カーブミラー付けろとか街灯増やせとか、生活をしっかり見て活動してるので、右派を自認する私すら彼に投票してる。民主党にはそれがないのだよ。
官僚から政治を取り戻すのなんの言い、あんなこといいなできたらいいなのドラえもん公約を並べ立てて政権に立ったはいいが、何一つまともな政治が出来ず、国民に「自民党ってやっぱりすごかったんだ」と再確認させただけの政党です。旧社会党の頭脳にして党内最左派と言われた社会主義協会の残党が事務局に多数いる民主党は、極左暴力集団の最後の牙城なのですから、なかなか死滅しませんな。
スポンサーサイト
別窓 | 特定市民たち | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<2千兆キロ先の惑星へ | 市川電蔵事務所 | チョン・テセ選手 愛国無罪 (`ε´)ノ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。