市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

牽制アウト

10022501.jpg
↑私はスポーツは観る専門です。運動神経ゼロ。
飯島氏訪朝、韓国紙が警戒感「国際協調破る」「腹いせの牽制球」
2013.5.15 14:04

 15日付の韓国大手紙は、飯島勲内閣官房参与が平壌入りしたことに「米韓はもちろん、中国まで北朝鮮に制裁を加えている状況で国際協調を破った」(朝鮮日報)と警戒感を示した。

 東亜日報は日本政府が韓国政府に飯島氏の訪朝を事前に通知していなかったと伝え、「北朝鮮に対する強力な制裁措置が取られている中、日本の突出した行動により、北朝鮮に状況判断を誤らせる可能性がある」と指摘した。

 韓国政府が北朝鮮対応で日本を排除し、米中韓の結束を強める動きを見せていることに、「安倍晋三首相が腹いせでけん制球を投げた」との見方も伝えた。

 朝鮮日報は「日本が北朝鮮問題に対する影響力が低下している状況を反転させるためのカード」と分析。「7月の参院選をにらみ安倍首相が勝負に出たとの見方も出ている」と伝えた。

 聯合ニュースは米韓両国が日米韓連携の観点から、日本側に急速な北朝鮮との接近を自制するよう「速度調節」を求める可能性が高いと報じた。(共同)

「アッタマ悪いんじゃねぇ?」
ってのが素直な感想。
韓国が米・中・韓の3カ国連携を強化しようと、日本を外して交渉しようと持ちかけ始めたのはつい数日前でしょ。飯島参与は北京経由で平壌に入っており、中国共産党政府に事前のアナウンスがあったことは明らか。海外出張が今日の明日、なんてのは企業だってそうそう無い。事故が起こった時くらいなもんだよ。政府の外交の仕事を、「韓国め、恥かかしやがって、飯島、行ってこい」ってなノリで出来るわけないだろうと。馬鹿かと。アホかと。頭蓋の中にアサヒの古新聞丸めたやつでも詰まってるのかと。
この案件で、ゴールデンウィーク前後の閣僚の外遊の理由がはっきりしたわけだ。
安倍首相はロシアへ行き、プーチン大統領に北朝鮮との交渉を報告し了解を取り付けていた。そして3月末にモンゴルをも訪れており、根回しは済んでいる。
古屋拉致問題担当相はアメリカへ行き、政府関係者に根回し、報告はオバマ大統領にまで上がっている。
そして川口順子元外相。中国共産党政府の要人との会談のために帰国が遅れ、委員会に間に合わないと野党からバカな吊し上げを食ったわけだが、理由がはっきりした。
付け加えれば、今年1月には麻生副総理・財務相がミャンマーを訪問している。
安倍内閣は、北朝鮮に関わりの深い国に周到な根回しをした上で、最強のネゴシエーターである飯島参与を満を持して北朝鮮に送り込んだのである。
韓国に事前の相談もなしにと騒いてるバカがいるようだが、韓国政府はアメリカにも中国共産党政府にも情報セキュリティをまったく信用されていない。人工衛星=ミサイル発射の時も、アメリカは事前に情報を掴んでいたが韓国にはリークされなかった。親北政権であるため、容易に北朝鮮へ情報が流れる。まぁ日本も最近までその状態だったので、つんぼ桟敷に置かれてたが。
韓国にもたぶんまともな政治家と官僚はいるんだろうけど、トップが大バカで取り巻きがそれに輪をかけた超バカで、洗脳教育されちゃった国民の多くはテラバイト級のバカときてる。すまんが、あの国は長くない。
指導者が代替わりした北朝鮮は、今が最後のチャンスだ。ミサイルを出したり入れたりして世界中から失笑の比率が高い嘲笑を受け、食料不足は慢性化どころか本気で飢餓状態。
先代の将軍様も、拉致を一部の者の勝手な行動として一応認めているわけだから、朝鮮総連にでもすべておっかぶせて拉致被害者をすべて帰国させるのだ。丁度よく総連本部は競売でもめているので、一回ガラポンしてしまう。見返りとして人道支援は復活させる。
その後は、北朝鮮主導で朝鮮半島統一してもらおう。どうせヒュンダイもサムスンも外資系企業なんだから、シンガポールにでもブリュッセルにでも本社を移せばいい。首都も平壌にしよう。北京に近いほうが偉い都市なんだからさ。長男のマサオが帰ってきて辣腕を振るう。日帝が描いた、北は工業地帯、南は農業地帯という理想が実現に近づく。再開発のために世界中から資本が入り込む。世界経済は好転。めでたしめでたし。
最後のは暴論ですよ、わかってます。
スポンサーサイト
別窓 | 東アジア問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<男のコケン | 市川電蔵事務所 | アタリマエのことを言う>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。