市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

北方領土問題

hoppou.gif
北方領土に“同盟国”企業が続々進出 外国企業に制裁を
2013.4.16 09:04 (1/2ページ)[ロシア
 ロシアが不法占拠する北方領土での地熱や風力などの発電事業を、あろうことか米国系の企業が次々と受注していることが明るみに出た。なぜ、こんなことがまかり通るのか、との思いを禁じ得ない。(フジサンケイビジネスアイ)

 問題となっているのは、米アラバマ州に本社を置く「タイガー・マシナリー」の傘下企業「サハリン・マシナリー」。米建設機械大手「キャタピラー」の公式ディーラーである。サハリン・マシナリーは国後島の古釜布(ロシア名ユジノクリリスク)郊外に計画されている地熱発電所の建設を請け負い、現地での工事に着手。国後島・泊(同ゴロブニノ)での風力発電所建設も受注して関連設備の製造に入ったほか、昨年9月に稼働を開始した択捉島・別飛(同レイドボ)のディーゼル発電所を建設していたことも明らかになった。

 北方領土を事実上管轄するサハリン(樺太)州の当局者によれば、択捉島にも地熱発電所を建設する計画があり、複数の外国企業が受注の意思を伝えてきているという。

 言うまでもなく、北方四島は1945年8月、日ソ中立条約を侵犯して対日参戦したソ連が、終戦後のどさくさにまぎれて不法に占拠した日本固有の領土。したがって、ロシアがインフラ整備を通じて実効支配の固定化を図ること自体が容認できない。さらに第三国の企業、まして同盟国である米国の企業が、ロシア管轄下でそれに加担しているのは極めて重大な事態と言うべきだ。日本外務省はサハリン・マシナリーに対し「ロシアの管轄権を前提にした形で第三国が経済活動に従事するのはわが国の立場と相いれない」と抗議した。

2013.4.16 09:04 (2/2ページ)[ロシア
 だが、こうした第三国企業の活動を止める実効性のある手立てを、現時点でわが国は持ち合わせていないのが実情だ。過去には韓国企業が択捉島の港湾工事に加わり、中国人や北朝鮮人の労働者は建設や農業の現場に流入し続けている。サハリン・マシナリーも「事業は継続する」と日本の意向は意に介さない姿勢だ。

 そこで提案したいのは、北方領土での経済活動に加わる第三国の企業や関係者に、日本への入国禁止といった制裁措置を科すことだ。きちんと新法を制定し、国内外に広く日本の立場を知らせればよい。外務省はこれまでも択捉島を拠点とする財閥「ギドロストロイ」の幹部にビザ(査証)発行を拒否しており、難しいことは何らないと思われる。

 ロシア政府は「クリール諸島(千島列島と北方四島)の社会経済発展計画」(2007~15年)に基づき、280億ルーブル(約826億円)の予算規模で北方領土のインフラ整備を加速させている。各種の事業に中国や韓国の企業を巻き込もうと、サハリン州が積極的な誘致活動を行っている現実もある。

 やるべきことはやっておかないと、北方領土交渉が一層難しいものとなるのは目に見えている。(産経新聞社モスクワ支局 遠藤良介)

産経新聞以外の新聞は、ほとんど北方領土問題を報じようとしない。寝た子を起こすなとでも言うつもりか。
そもそも四島は、明確な国際法違反によって不当に占拠された国土なのである。そこにのうのうと住んでるヤツにインタビューして、「ここが私の故郷」などとお涙頂戴じみたレポートをしやがる。自己都合で四島や南樺太に渡って帰国を辞退した朝鮮人の子孫を、強制連行された被害者の子孫と言ってカネを遣ろうとする馬鹿も後を絶たないし。
最近になって、森元首相が北方領土問題についてロシア側と折衝する方向性が打ち出された。安倍総理大臣の父、故安倍晋三氏も所属していた自民党清和会の流れである。かの鈴木宗男氏なども清和会系であり、このルートでロシアと交渉していた頃が、最も進展していたわけだ。
その後、清和会系とは不倶戴天の敵である故田中角栄元総理の長女、田中真紀子氏の外相任期に、交渉を円滑に進めていた外務省ロシアスクールが粛清される。鈴木宗男氏に連座させられた佐藤優氏の逮捕など、アレである。
プーチン大統領は、四島の返還(引渡しという表現なので、主権移譲は行わないという解釈もある)に関わる交渉に前向きとも言われるが、外交は複雑怪奇。戦闘行為によらず国土を奪還するのは、非常に難しい。
各種の事業に中国や韓国の企業を巻き込もうと、
サハリン州が積極的な誘致活動を行っている現実もある。
シナや韓国に既成事実を与えるなどもってのほかである。近い将来、晴れて四島が返還されたとき、島の主要な位置に彼らの保有する不動産が目白押しだったということは十分考えられる。日本の主要な駅前一等地に、なぜ例外なくパチンコ屋があるのか、理由を考えて見たまえ。
日本共産党が訴えるように、平和的に締結された1875年の樺太・千島交換条約の時点に立ち返るべきだと思うのである。日本はそもそも海洋国家なのだから、樺太はロシアに任せればいい。

スポンサーサイト
別窓 | 憂国 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<斜め上 | 市川電蔵事務所 | 逆さ地図>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。