市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

カヴァーとパクリ

pakuri.jpg

写真と本文は少し関係あります(笑)
いつも読ませていただいてる特定アジアニュース様の3/29の記事、">【韓国】タイヤの広告にコンドームを使うとは斬新ニダ (パクリ?)で、広告デザインのパクリ疑惑を取り上げておられた。まぁ広告の場合は「コンセプト」が似てたら盗作・パクリの糾弾は免れんからなー。
朝鮮日報日本語版では、ナゼか時を同じくして釈明じみたコラムが。先にあげた記事は中央日報日本語版なんだが、連係プレーか。
【記者手帳】タダではすまない盗作
 ビートルズのリードギターだったジョージ・ハリソンが1970年に発表した曲『マイ・スイート・ロード』はビルボードシングルチャートを制覇した代表作だ。しかしジョージ・ハリソンはこの曲によって得た収入をある人に“捧げる”ことになった。Chiffonsというグループの63年度のヒット曲「He`s So Fine」の著作権を持つある会社が盗作訴訟を提起し、76年に勝訴したため。ジョージ・ハリソンは「意図的に盗作しておらず、2つの曲が似ているとすれば、それは偶然の一致」と主張し、法廷はこれを認めた。しかし裁判所は当時に「盗作」であることも認めた。「故意性はないが、無意識の中で聴いた曲の影響を受け、曲を書いたとしても盗作は盗作」としたのだ。
 最近、「盗作」は韓国の大衆文化界の大きな話題のひとつ。イ・ヒョリの『Get ya』がブリトニー・スピアーズの『Do something』の原著作権者から「盗作を疑われる箇所がある」という判定を受けた。しかし『Get ya』の作曲者であるキム・ドヒョン氏はあるインタビューで「基本コンセプトは『Do something』のものだが、編曲やメロディーを真似ている訳でもないのに盗作というのは無理がある」とした。ジョージ・ハリソンとキム・ドヒョン氏、果たしてどちらが無念の思いが強いだろうか。
 歌謡界だけではない。MBCのドラマ『宮』はあるネチズンがブログに書いた文章をそのまま使い物議をかもすと謝罪した。映画界でも『放課後の屋上』が米国の映画『タイム・リミットは午後3時』と似ているという主張が持ち上がっている。
 中には計略にかかったケースもあるだろう。しかし誰が見ても分かるようなことを「コンセプト借用」という言葉で塗りこめようとするのが韓国大衆文化の「慣習」になっているのも事実だ。このような慣習が、ある日莫大な補償金を支払う「訴訟事件」に発展し、韓国の大衆文化産業を揺るがす可能性もある。ブリトニー・スピアーズ側が要求するのも「名誉」ではなく、「収益金の一部」になる可能性がある。盗作は単純に道徳性だけの問題ではないのだ。
エンターテンメント部=チェ・スンヒョン記者
朝鮮日報 記事入力 : 2006/03/29 08:23

冬のソナタの主題歌が「愛はかげろう」と似ていることは、公然の秘密。盗作でなく、「コンセプトの借用」なのだ。大辞林 第二版 (三省堂)によると、
コンセプト [concept]
(1)概念。
(2)広告で、既成概念にとらわれず、商品やサービスを新しい視点からとらえ、新しい意味づけを与えてそれを広告の主張とする考え方。

現代の日本では、どっちゃとゆったら、(2)の使い方のほうが多いよね。(2)のギョーカイの人が広めた外来語だから。
だから、「コンセプト」「借用」すると言うことは、
>既成概念にとらわれず、
>商品やサービスを新しい視点からとらえ、
>新しい意味づけを与えて

という、「新しい」ことをしていないので「コンセプト」という言葉に当てはまらない。盗作というのは「コンセプト借用」ではありえなく、やはり剽窃でしかない。
チェ・スンヒョン記者のコラムも、剽窃を怒りたい気持ちと民族の習慣による考え方の違いのはざまで、ゆらゆら揺れてるようだ。
最近、「カヴァー」とか「トリビュート」というたぐいのアルバムを良く買うんですよ。両方とも、ニュアンスの差はあるものの、「昔のヒット曲や思い入れのあるアーティストの曲を、ほかのアーティストが演奏する」ことである。歌詞と基本メロディ以外まったく原曲のイメージと変わってるとか、忠実にコピーしてるとか、カヴァーするアーティストの「コンセプト」によってまったく違った仕上がりになる。パクるなら堂々と、ネタ元はマルわかりだけど、こりゃスゲーと唸るようなのを見して欲しいもんです。韓国にパク・リー(朴李)というモノマネ名人がいた、ってのはただの捏造でしょうな。出来すぎw

↑ARBのトリビュートアルバムまだ聴いてないな
スポンサーサイト
別窓 | 変なヤツとおかしなモノ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<北朝鮮でクーデター発生か | 市川電蔵事務所 | アサヒ新聞は感情的で、残酷で、ときに無力だ。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。