市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

食べかた

images.jpg
僕は40半ばで、裕福とは言えない家庭で育ったんである。田舎ゆえにとりあえず住居は広く、三人姉弟でもそれぞれ個室はあったが、余分なゼニはなかった。もともとが自営業で、食料品店である。まぁ食うには困らなかった記憶があるが、なんだかんだで食い物に携わる仕事をしてる家系だろうか。
結婚して子供を授かったが、伝えたかったことは食事のマナーだ。泉谷しげるの曲に「地下室のヒーロー」というのがあるのだが、この歌詞の一節。
「見ろよあの女の子 食事が下手で汚い 親父がダメなのさ 嫌いなんだぜ」
ってのがある。
僕は、食事のしかたが汚い奴が一番嫌いなんである。
普段は、子供(ちなみに娘×2)にはほとんど説教じみたことを言わないが、飯碗の持ち方が悪い~砲丸のようにしっかり握るとか~と、ブチ切れて怒る。椀を持たずに味噌汁の具などを口に運んだら、正座で説教だわな。
もともと日本の食卓とは銘々膳であり、正座して臍の位置位の高さなわけで、器を持って食わないとボロボロこぼれるんである。椅子に座ってテーブルで食う文化が、なんかおかしい。
僕は営業マンのはしくれであるからして、平日の昼飯とかは出先で安い定食屋とか牛丼屋ですますことが多い。ここで、
「いい年して食い方汚いクソジジイ」
を目撃してしまう。
牛丼屋とかで、丼を持って食うヤツが少ないのには驚きかつ情けなくなった。おまえら、丼重いのかと。熱いのかと。ガキがやってるならまだ再教育できるだろうが、どう見ても僕より年上としか思えない、まぁジジィのたぐいがさも億劫げにテーブルに安置した器に盛られた牛丼を箸ですくって食う姿を見たら、
「三島由紀夫先生、今すぐ冥界から蘇ってください」
と祈願したくもなりますわ。若い衆ならともかく、白髪に老眼鏡のジジイがテーブルに置いたままの牛丼を右手の箸だけで食う姿、最悪ですよ。老眼で食うものが見えず、疲れて丼も持てないのなら、帰りがけに迷わず首くくればいい。日本で暮らして飯碗が持てないのなら最早生きてる理由はない。飯椀を持つのが嫌なら朝鮮半島に行け(朝鮮半島の食事スタイルは器を持たないのが普通)。
僕は年長者を敬う素地で生きてきた男だが、自分もかなりいい年になってみると、「年長者=人格的に立派なヒト」ではないってことが非常に分かります。僕の尊敬するオヤジたちとどうしようもないオヤジたち、そのジェネレーションの違いはものすごく接近してるけど、ある時期を境に全て変わってしまったんでしょうね。
以前実家に帰ったとき、老いた父が食卓にひじをついて飯を食ってるのをみて、半泣きで諌めましたよ、ワタシは。
スポンサーサイト
別窓 | 日々徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ハッカーとは | 市川電蔵事務所 | じーちゃん その2>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。