市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

katsudou_100404gaitou_image.jpg
夫婦別姓を求めて
 「夫婦が同じ姓にしなければ婚姻届が受理されない現在の法律は、婚姻の自由などを保障する憲法に違反している」などとして、今月14日、富山県や東京都などの男女5人が国家賠償を求めて東京地方裁判所に提訴します。
 夫婦別姓を認めるよう求めた裁判は日本では初めてです。
 この「夫婦別姓」についてですが、民法では婚姻届を出す際に夫か妻のどちらかの姓を選ぶよう定められています。
 これに対し、それぞれの姓を名乗ることを希望する人は、婚姻届を出さない「事実婚」か、戸籍上は姓を変えて仕事などでは元の姓を名乗る「通称使用」を選択せざるを得ません。
 今回の原告5人も「事実婚」の夫婦と「通称を使用」している女性3人です。
 しかし、「通称」は免許などの身分保障にかかわるものには使用できません。
 また「事実婚」では相続権がないなど、法律上夫婦と認められない場合があるため、同姓か別姓かを選ぶことができる「選択的夫婦別姓」を認めるよう求めています。
 提訴を前に、原告の1人である富山市の女性に話を聞きました
 「私塚本協子なのに、なんで戸籍の、相手の名前で私死ななきゃならないのか」
 夫婦別姓を求める訴訟の原告の1人、富山市の塚本協子さん(75)です。
 戸籍上は、夫の姓である「小島」となっています。
 75歳となり、年齢による衰えを感じたとき、「塚本協子の名前で死にたい」と強く思うようになりました。
 「政治にどっだけ期待しても、いっつも、出て廃案になるとか、継続審議になるとか、そうでしょ。」「こんな自由で民主主義の国なのに、なんで、個人の意思が通らないのか、ほんとうに難しいもんだなと思いました。」
 塚本さんは50年前に結婚、夫は4人兄弟の長男、塚本さんは1人娘で、お互いの家でどちらの姓を名乗るかでもめたため、籍を入れない事実婚という道を選びました。
 高校の教師をしていた塚本さん。
 近所でも学校でも、塚本の名で呼ばれていました。
 しかし、結婚から2年後、長男が誕生した際に結婚届を出し、小島姓となります。
 長女が生まれた際に、一度、離婚届を出して塚本姓に戻りますが、次男が生まれたときに再び小島姓となり、それ以来、離婚届は出していません。
 「どうせすぐ夫の名前に慣れるから、と自分で暗示かけて」「仕方なしに夫の名前で呼ばれるようになったんですよね。それが辛くて辛くて、本当に辛かったです」
 学校で「小島先生」と呼ばれるたびに襲う、喪失感。
 当時は通称使用という選択肢も無く、職員室の机の下で泣いたこともあったそうです。
 親の介護などをきっかけに50歳で仕事をやめた塚本さんは、さらに名前への違和感を強めていきます。
 「医者行くでしょ。そしたらあたしの身分証明は健康保険証なんですよね。」「通称使用では出来ないものがいっぱいあるんですよね。そのたんびに、ちくりちくりと、まんで体から血出るような思いしなきゃならないんですよね」
 書きかけの離婚届を常に手元に置き悩み続けた塚本さんは、娘がくれた本がきっかけで、夫婦別姓について深く学ぶようになり、セミナーでの出会いなどを経て、訴訟を起こすことを決意しました。
 ずっと自分の中で抱えていた問題に向き合うことで、塚本さんの生活は変わったといいます。
 塚本さん「名前がどんなに私を蝕んでいたのか、っていうことがわかったのね。周りも塚本さん元気になったね表情も違ってきたよって。」「自分で自分を裏切ることなしに、生きていって死ねるんだなっていうそんな感謝の気持ちです。自分を裏切らないで生きていけてよかったなって。」
 「塚本さんにとって、塚本協子っていう名前はどんな存在?」
 「あたしの存在そのものです。」
 夫婦別姓をめぐっては世論も賛否が分かれています。
 平成18年に内閣府が行った世論調査では、「夫婦が同じ姓を名乗るべき」とした人が35%、「それぞれの姓を名乗れるようにしてもよい」とした人が36.6%、「同じ姓を名乗るべきだが、通称をどこでも使えるようにすべき」とした人が25.1%でした。
 法改正をめぐっては、政府は同じ姓にするか別の姓にするかを選べる「選択的夫婦別姓」の導入を検討していますが、法案が出されては廃案となり、いまだに結論が出ていません。
 政治での結論が出ない中、初めて司法の判断が求められます。 (2011 年 02 月 11 日 17:57 現在 KNB NEWS)

なんかね、男女同権の指標として、婚姻時に同じ姓であることを義務付けることに拒否感を抱く方々がいるらしく。習慣上、男性の性を踏襲する例がほとんどであることからも、これは、女性を「家」という封建的概念のもとに縛り付けるものだ、などとおしゃるむきもあると聞く。
先に挙げた老齢の女性のお話によれば、婚姻関係を結んだ夫の姓で死ぬのは嫌だとか。生まれた時の姓でいきたいと。
すんません、あなたの姓は、母親の姓でなくてもいいんですか。結婚した夫の姓はイヤで、父親の姓はいいんですか。父親の姓と夫の姓、あなたの立場ならどっちも否定すべきじゃないですか。その論理でいくと、あなたが好む性はあなた自身が新しく名乗るしかなくなるんじゃありませんか。あなたの名乗りたい姓はあなたの母親が嫌っていたかもしれませんよ。
今の日本、こんな馬鹿げた男女同権とかいう案件に関する予算が、国家防衛に関する予算よりも多く計上されてるんである。夫婦別姓を奉じる意見の論拠として、朝鮮での夫婦別姓を挙げる馬鹿がいるのはご存知のとおり。朝鮮での夫婦別姓は、大陸のそれと同じように、女性を同じ宗族と認めない思想の顕れに他ならない。家を構成するのはあくまで男系、女性は男児を出生せしむるための、機械に過ぎない。昔、女性は出産する道具云々の発言で大臣職を追われた方があったが、朝鮮人と(一部の)シナ人にとってはこれはある意味常識。進歩的な朝鮮の女性が、自らの姓と生まれ持った姓を併記するようになっているのと知らぬわけではあるまい。
僕のように、イナカの中小企業に勤めている者にとっては、既婚女性の「通称」など日常茶飯事である。在籍中に結婚し、コトブキ退社することなく業務を継続していれば、女性は旧姓で呼ばれる。本人が結婚相手にゾッコンで、相手の姓を名乗りたくて仕方ない場合に関してのみ新しい姓で呼ばれるが、みな呼び間違いを恐れて名前で呼ぶようになったりしてw。社内結婚ならなおさらである。ヘタすると、社内メールのアドレス(旧姓)さえ変わらなかったりする。
結婚すると姓が変わるというのは、ホントは男女同権である。事務的に都合いいから、夫婦どっちかのせいに統一しよう、ということだけなはずである。それがいつの間にか、封建的習慣の問題にされ、男女の権利問題にされている。封建的とは言うが、その昔は今以上に「婿養子」があたりまえだったのだ。姓が変わる男は、僕のトシあたりでも結構多い。
僕自身は長男だが、ベツに姓にはこだわってない。分家してから僕で三代目の、日本で一番多い姓(ゆっとくが僕の本名は市川ではない)に特にこだわるつもりはないんである。長男でさえなきゃ、マジで珍しい姓の家に婿に行きたいと思ってたくらいだ。
夫婦別姓にこだわる女性たちは、結局、自分が当面の敵としている男系社会における、自分の生家の姓にこだわってる時点で、矛盾しまくってる。結婚した時点で、新しい姓を作ろうくらいのことを叫べば、僕も真剣に耳をかたむけるのだが。新しい姓を名乗っていいんであれば、迷わず「市川」を名乗るよw。
スポンサーサイト
別窓 | 日々徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<そんなことは言っていない | 市川電蔵事務所 | 祝優勝>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。