市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ナイスな日韓戦でしたよ

41027a05.jpg
↑この車、ただのヤンキーが作ったんならすげぇセンスとしか(笑)

自衛隊情報保全隊、自民・佐藤正久議員を監視か
 自民党は25日午前の国防部会で、自衛隊へのスパイ活動に関する情報収集などを行う自衛隊情報保全隊が、同党の佐藤正久参院議員の会合を監視していた疑いがあるとし、防衛省に説明を求めた。
 防衛省側は「佐藤氏は監視対象ではない」と説明したが、党側は納得せず、国会で北沢防衛相をただすことを決めた。
 佐藤氏はその後、記者会見し、「会合に保全隊員がいた」と述べた。佐藤氏は自衛隊OBで、政治的発言をする部外者を自衛隊関連行事に呼ばないよう求めた防衛次官通達に関し、北沢氏を批判している。
 部会では「監視が事実なら言論弾圧だ」(岩屋毅国防部会長)という声が出た。これに対し、北沢氏は閣議後の記者会見で、「調査したが、佐藤氏は情報収集の対象ではなかった。特定の個人の情報収集を指示した事実はない」と述べた。
(2011年1月25日12時34分 読売新聞)

昨日は産経新聞以外報じなかったこの問題、さすがに他の新聞も取り上げる。いまだに、一般人に最も影響を与えるメディアであるテレビもラジオもそのニュース番組では取り上げないようだが。
防衛省側もきついだろうなぁ。ホンマなら、佐藤議員の集会を「監視」などしたくないはず。飼い主が変わってしまっても何もいえないのが軍人。非常に気の毒だとは思う。
中国共産党を目標としている(と思われる)(日本)民主党が今、この国の政権与党である以上、敵性種族に指揮権を掌握されている状態なのだ。考えても見るがいい、いつの日か赤い旗で列島を埋め尽くす日を夢見ると公言してはばからなかった団塊連中の、ムショに入らずに生きてこれたあたりが旗を振ってる政党だ。中国共産党のメソッドは万国共通で正しいと無条件で信じる連中には、何も通じない。日教組を見ればわかろう、自分の論理に反するものはすべからく悪だということを信じて微塵も疑うことがない。
この状態を一切報道しないのが、テレビだ。テレビを観なくなった理由の一番大きなものが、「何を報道するかは俺が決める」と言うがごときこの態度だ。キミ等はどれだけ偉いのか。マスコミが記事を書かなければネットにも記事は上がらないが、いつまでもこういった状況は続かない。変わるのはもうすぐだ。
スポンサーサイト
別窓 | 日々徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<祝優勝 | 市川電蔵事務所 | スパイ容疑>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。