市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

赤羽で昼飯

20091219111925
中華街以外の場所でも、シナ人が鍋を振る中華料理店が増えた。こういう店、かなりの確率で安くて美味い。日本語があやふやで愛想も全くない親父と母ちゃん、娘さんとかでやってる場合が多いだろうけど、今までほとんど外したことがないんだな。
今日は赤羽駅東口徒歩一分のところにある「唐和」という店で「青菜入り豚角煮炒飯と餃子三個」を食す。本体680円と餃子三個120円、合計800円。
この店は二度めの訪問。近くに大勝軒の分家があるので寄ろうとしたとき、変に行列してたんでやめ、近くにあったこの店に入ったのが最初。期待以上の味と価格に大勝軒に入らなくてよかったと思ったもんだ。大勝軒もすっかり陳腐化したのでねぇ。
今日頼んだメニューも非常に高レベル。中華料理店のレベルは炒飯で判るが、飯のパラパラ感と調味の具合が絶妙。混ぜてある豚角煮も八角が効いたマジもん。付け合わせのザーサイさえ、あらびき唐辛子と胡麻と葱で調味してあるし、卵スープはケチャップを隠し味にしてるし杏仁豆腐の食感もいい。ついでに炒飯は一般的な中華料理店の大盛りサイズでつ。
なお餃子は普通。
赤羽にはこの他にもう一軒お気にのシナ人中華料理店がある。ここも味が良くボリュームがすごい。一体なに費を削ったらこんなにサービス出来るんだか。家賃タダとか人件費タダじゃなきゃ無理くね?と思っちゃうんだよね。在外シナ人つまり華僑には、堅固な相互扶助ネットワークがあると聞く。無利子で金を貸すとか、それこそ返済を期待しないで貸すくらいの融資でもあるのだろうな。
スポンサーサイト
別窓 | 街で見かけた。 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<増田都子ふたたび(笑) | 市川電蔵事務所 | 江東区にて>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。