市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

習近平の天皇陛下謁見を許すな

0000.jpg
中国の胡錦涛国家主席の後継者といわれ国家副主席に就任する習近平・政治局常務委員の夫人で歌手の彭麗媛さんが、次期ファーストレディとして国内外のメディアの注目を集めている。写真は彭さん。(レコードチャイナより)
民主党政権になってからというもの、怒りと呆れが交互にやってくるようになった。今回は怒り。それも超弩級の。
特例で中国副主席と天皇陛下の会見要請
 中国政府が14日から来日する予定の習近平国家副主席が天皇陛下と特例的に会見できるよう日本側に求め、鳩山由紀夫首相が実現に向けて平野博文官房長官に指示を出していたことが11日明らかになった。日本政府は、外国要人が陛下との会見を望む場合、1カ月前までに文書で正式申請するよう求めており、各国は基本的にこの「1カ月ルール」を守っている。
 1カ月ルールは天皇陛下の日程調整をスムーズに行うために実施されている。
 平野氏は11日午前の記者会見で、「日中の関係というのは大事な関係であるというところから、(宮内庁に)お願いした」と述べ、応じる方向で調整していることを明らかにした。首相からの指示については「正しい記憶はないが、1週間くらい前に話があった」と語り、事実関係を認めた。平野氏は1カ月ルールについては知らなかったという。
 関係者によると、中国側から外務省に対して会見の申請があったのは11月下旬。同省は1カ月ルールを理由に会見を認めない方針だったが、首相官邸は特例的に認める方向で調整に入った。
 平野氏は習氏を特例扱いにすることについて「天皇陛下には各国要人が来られたときにはお出会いしていただく場合があり、今回、中国の要人が来るのでお出会いしてくださいというのは、政治利用でも何でもない」と述べた。
 天皇陛下は、来日した海外の国家元首とのご会見以外にも、各国の首相や国会議長などの要人とも皇居・宮殿で「ご引見」などの形でお会いになっている。海外要人とは幅広く交流されている。(MSN産経ニュース 2009.12.11 13:18)

殺意に似た怒り。
民主党政権の特亜への傾倒は、もはや隠そうともしない状況。外国人の地方参政権しかり、東アジア共同体構想しかり。
それはもういい。勝手にほざけ、というのが僕の感想。
しかし、畏くも天皇陛下の謁見を、ルールを破ってねじ込もうとするとは。許すことができようか。いやできない。できるわけがないッ。
>「日中の関係というのは大事な関係であるというところから、(宮内庁に)お願いした」
畏くも天皇陛下の政治利用は厳禁されているはずだが、これが政治利用でなくて何でしょうか。
>平野氏は1カ月ルールについては知らなかったという。
知らなかったのなら話はそこで終わりのはず。
次回からルール通り申請すればいい。次期国家主席かどうか知らんが、「副」って付く役職の人物に畏くも天皇陛下が慣行を破ってまで謁見する必要は微塵もない。「正」の役職が空席で、実質的に国家元首だというのならまだ検討する余地はあろうが、胡錦濤は健在。
メンツを最重要視するシナらしいやり方である。これを呑めば、日本は世界中からナメられる。畏くも天皇陛下のご評価が地に堕ちる。
友よ、今すぐ下記メールフォームから抗議メールを出そう。畏くも天皇陛下の政治利用を許してはならない。懦弱なる民主党政権の心胆を寒からしめよ。
首相官邸
外務省
宮内庁
スポンサーサイト
別窓 | 憂国 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<< 【転記】西村真悟の時事通信(平成21 年12 月15 日) | 市川電蔵事務所 | 西村真悟の時事通信(平成21 年11 月16 日号)>>

この記事のコメント

ホンマ、ひどい事になってきましたな。

民主党、単に調子こいとるだけじゃん。
どうすりゃわかってくれるんだろうか?
本気でヤバいとゆぅか、この問題は根深いわ!
って思うのは、
彼等は悪意でそうゆぅ事をやったり言ったりしてるんじゃなくて
もっぱら善意でやってるってトコなんよね。

そりゃ、瑞穂ちゃんも調子こくわね。
2009-12-12 Sat 19:16 | URL | アクセル総研代表 #vXeIqmFk[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。