市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

総裁

39.jpg
↑これは大川興業総裁の大川豊氏です(笑)
自民党の総裁選だそうである。ついこないだまで、「自由民主党総裁=日本国総理大臣」だったわけだが、自民党が衆院選に大敗して下野した今、最大野党の党首選でしかなくなったわけだ。
候補者は西村康稔河野太郎谷垣禎一(敬称略)の3人。僕のような市井のいち庶民から見ても、「小物ぞろい」という感は否めない。安倍晋三、麻生太郎といった切り札をすでに切ってしまっているし、落選してしまった実力派もいるしで仕方のないことかも。
自民新総裁に谷垣氏選出
 自民党総裁選は28日午後、党員票の開票と党所属国会議員の投開票が行われ、谷垣禎一・元財務相(64)が、第24代自民党総裁に選ばれた。
 谷垣氏は国会議員票(199票)と党員票(300票)の計499票のうち、約6割の300票を獲得した。
 河野太郎・元法務副大臣(46)は144票、西村康稔・前外務政務官(46)は54票、無効票が1票だった。
 総裁に選出された谷垣氏は「もう一回、政権に復帰できるよう全身全霊をかけて職務にあたっていく」と決意を語った。
(2009年9月28日14時52分 読売新聞)

下馬評どおり、ハニ垣こと谷垣禎一元財務相が自民党総裁に選出された。村山内閣のときの河野洋平に加えて、総理大臣に就任していない自由民主党総裁が一人増えた。政局の行く末によっては総裁在任中に総理大臣に指名される可能性はゼロではない。ただし、ほとんどゼロと言い切れるところがなんとも。
自由民主党は、再三言われるように、結党以来の最大の危機を迎えている。憲法改正を党是とした保守政党であるはずだったのに、政権与党の座にあまりにも長く居すぎたために、その党是を忘れ、保守政党であることを忘れている。政権維持のためのシステムだけが機能し、本来の政治活動のためのシステムはすべて機能不全を起こしているように感じるのだ。
自由民主党は、派閥政治といわれる政治形態を用いて政権与党の座にあり続けた。派閥とは、党内政党なようなものといえる。保守政党でありながら、派閥は左傾したところも右傾したところもあり、派閥の力関係によってリベラル的にもタカ派的にも動く。自民党政治自体が、一種の擬似二大政党制だったわけだ。しかし、自民党も分裂を繰り返して民主党と合従連衡を行ったり新党を立ち上げたり、いまや自民党に残ったのは麻生・安倍の首相経験者とその一派を除けば、民主党の重鎮となっていてもおかしくない面々だらけである。谷垣新総裁にしてからが、「あの」加藤紘一の番頭だからして…。
新生・自由民主党に期待するのは、結党の精神に立ち返った保守政党の再構築、これのみである。いっそのこと、新党を立ち上げてくれてもかまわない。正しい保守政党であるのなら、微力ながら全力で応援する。
平沼赳夫や西村眞吾ら保守系の政治家が結集してくれないかと痛切におもう、秋の夕暮れである。
スポンサーサイト
別窓 | 憂国 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ちょっと怖い話 | 市川電蔵事務所 | ネコと弔問と外国人参政権>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。