市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

さよなら、じみんとう。

072101.jpg
自公政権の終焉は、いよいよ明日に迫った。
9月からは、民主党の政権が日本を動かすことになる。
実に暗澹たる気分になるが、自由民主党という政党の終わりなのである。致し方ない。結党より54年、解党して捲土重来を期するときである。「会社の寿命は30年」と言われるが、「金属疲労」をおこした航空機に乗っているようなものだ、自由民主党は。
自由民主党の党是のひとつは、「憲法改正」である。しかし、40過ぎの僕が選挙権を得てからこっち、この党是を高らかに口にしたのは、安倍元総理一人である。そりゃ、高度成長期は経済政策に傾注して憲法改正は脇に置かれていただろうが。僕が選挙権を得た頃以降、左派系人士がしっかりと根を張るマスコミの一斉砲撃が怖いのか、憲法改正はタブーとなってしまっていた。安倍元総理はこれを再度引っ張り出し、マスコミ様の逆鱗に触れてネガティブキャンペーンの集中砲火を一身に受け、苦衷のうちに退陣してしまった。
後を受けた福田前総理はマスコミ受けするリベラルフレーバーを撒き散らし、何がしたいのかわからないうちに「あなたとは違うんです」という名言をマスコミに吐いて退陣。そして保守本流の麻生首相。やはりマスコミのネガティブキャンペーンに撃沈寸前である。
僕は自由民主党支持者ではあるが党員ではない。支持する理由はただひとつ、消去法でここしか残らない、これだけである。僕は保守系を自認するが、自由民主党は真の保守政党ではない。自由民主党は、「派閥」といわれる政党内政党の連合体であり、自由民主党政権は連立政権そのものなのである。左右の隔たりは民主党ほどではないが、結構大きい。
僕は、自由民主党が今回の選挙に敗れて下野することをむしろ喜ぶ。「自民党をぶっ壊し(By 小泉元首相)」民主党や諸会派の志を等しくする人々とともに、真の保守政党を今度こそ結党してもらい、近いうちに日本を再び指揮してもらいたいのである。
日本のマスコミが考えるほど、この国の一般大衆はリベラルではない。正月と天皇誕生日の一般参賀に皇居へと人が押し寄せ、靖国神社は1年中参拝者が絶えない。外国人参政権に関する調査はこの通りだ。
【私も言いたい】永住外国人への地方参政権付与 「反対」圧倒的な9割超
産経新聞の調査だが、さすがにチョーニチと違ってあからさまな捏造記事は載せないだろうし。
大方の新聞予想通り、自民大敗・民主躍進・公明死守・共産微増・その他後退、ってとこだろう。自由民主党への批判票はたいがい民主党へ流れるが、非常に腹を立てている人は勢い余って日本共産党に投票するから、彼らは微増となるだろう。中途半端なリベラル臭の裏側にとてつもなく胡散臭いダブルスタンダードが隠れもなくなってきた社民党は、確実に議席を減らす。彼らが何の役にも立たない、ただキイキイ叫んでいるだけの集団であることなど、ウチの嫁でさえ看破してるしw
社民党が涙目になることだけを期待して、明日の投票日は万感の思いをこめて「自由民主党」に投票してきますよ。
さよなら、じみんとう。
スポンサーサイト
別窓 | 憂国 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<うそはうそであると見抜ける人でないと(ry | 市川電蔵事務所 | 嫌な奴>>

この記事のコメント

ご無沙汰しております!
公職選挙法って何、おいしいの?位のノリで日夜のネガキャンに、とうとう自民が屈しますね。
反日極左政党自民と、反日売国政党の民主で、どっちが良いかと問われる現在、暗くなりますが、戦いはこれからですね。
…大変だぞこりゃ。
2009-08-29 Sat 18:39 | URL | A/T #HfMzn2gY[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。