市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

河北や(千代田区神田錦町)

IMG_0734.jpg

厳密にはラーメンの話題ではありませんけどね。
僕の生まれ故郷には、「冷たい鶏そば」といわれるメニューが存在する。正確には「肉そば」なんである。つまるところ、「肉=鶏肉」なんだよ悪いかよコラ。
どういうメニューかというと、「かけそばのツユが冷たくて、具として醤油で煮た鶏肉スライスが載ってる」ようなもんである。ついでにツユには鶏肉を煮たダシも使われているので、純然たる日本そばのツユとは少し違う。
んでもって、鶏肉はふつーの鶏肉ではなく、廃鶏といわれる、ババ鶏(卵を産まなくなった鶏)を使うのが本式。「鶏肉」としてふつーに売ってるのは、いわゆるブロイラーで、若い。この廃鶏の肉は、とてもじゃないが唐揚なんかにはできない。硬くて肉が薄くて臭い。まぁ臭いというのは言い過ぎで、言葉を換えれば肉の味がするとも言えるが。
だがしかし、こういったババ鶏は非常にいいダシが出る。このダシをそばつゆに加える。脂は極力除いてね。昨今ラーメンのスープで取りざたされる「(魚系と肉系の)ダブルスープ」の嚆矢ともいえるんではないか。
まぁとにかく、僕の故郷のほうでは暑い夏にこの冷たいそばを食うのが楽しみであったわけで。学校を出て会社に入り、故郷を出て東京近辺を回る仕事に就き、「冷たい鶏そば」が食いたくなっても、なかなかありつけずにいた。たまに帰省したときにむさぼり食って、慰めとしていた程度。
だがついに発見した。どう考えても故郷関係者がやってるとしか思えない店。そのものずばりの店名、「河北や」だ。
IMG_0735.jpg
神田錦町というオフィス街立地。立ち食いそば店がほんの少しオサレになったような感じのつくり。どうも昔は埼玉の北浦和にあったようだ。
券売機で食券を買い、肉そばを。店のおばちゃんらはなまりもなく、故郷関係ではないようですがw
出てきたそばは、うむ、まとも。そばが平打ちタイプと故郷ではあまりありえないスタイル。製麺機の関係かな。まぁ許せる範疇ですわ。ツユもよろし。若干鶏の脂が多いかな。
鶏肉スライス。
いい感じに硬くていいっすよ先輩。
大好きだったじいちゃんちに遊びに行って、出前とってくれたあの味を思い出して涙が出そうになったよ。
店はここ。今後、神田近辺ではラーメンを食わずここでそばを食うことにしますw
スポンサーサイト
別窓 | らーめん好き | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<竹島の日 | 市川電蔵事務所 | Kせんせい>>

この記事のコメント

逝ってきましたよ早速。
仕事場が神保町というよりはやや九段下よりにあるんで
軽い気持ちでちょいと出かけたら意外に遠くてあせりましたw
あの鶏肉は確かにあったあった、ああいうの食った記憶あります!
(俺の田舎は太平洋側だけど)
あと、麺の堅さがいい!
つゆの味と香りも微妙に懐かしいですな。
2009-02-12 Thu 17:43 | URL | むらさぎ #HuBhO90w[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。