市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

メルマガ「台湾の声」購読のお勧め

041231.jpeg
陰謀説というのは、あまり信じないほうなのである。お話としては面白いね、という感じで、深くは追求しない。一連のシナ産冷凍餃子の騒動が、シナ国内の反動分子による北京オリンピック妨害工作の一環だ、という話があったら面白いけど、まぁマジには考えんわな。
しかしちょっと気になることが起こった。
重要なお知らせ】大量登録解除事件が解決方向へ
(一)、3月2日、E-Magazineサーバー内で、本誌購読者の62.8%のデータが失われる(登録が解除される)というトラブルがありましたが、本3月3日午後5時15分頃、E-Magazineの対応により、失われた5779名分のデータの98.7%が回復しました。

3月2日以降、配信を受けていない方は、一時、登録が解除されていたわけですので、その間に配信された記事は、下記のバックナンバー一覧でご覧ください。

最新バックナンバー http://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407

(二)、今回の大量解除事件で、本誌では再登録の呼びかけを行っていました。これに対し、おおぜいの皆様の温かいご支援をいただき、ありがとうございます。

(三)、しかし技術上の問題で、「2月4日以降に購読登録をされた新規の読者」の方々のデータは回復できず、配信ができないものと推測されます。

そのため、この記事をご覧になった皆様には、引き続き、知人友人およびインターネット上で、本誌再登録の呼びかけを転送転載していただきたく、お願いいたします。

本誌『台湾の声』の登録、再登録は、
http://www.emaga.com/info/3407.html まで。

『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

僕はこの「台湾の声」というメールマガジンの購読者である。知ってる人もいるかと思うが、このメールマガジン、おそろしく精力的に発行している。配信のない日はほとんどないくらい。シナでの人権弾圧事件とかが起これば1日に何通も舞い込んでくるし、李登輝氏の来日のときなどはそらすごい量だった。スパムかと思うくらいw
これが、この週末ぴたりととまった。珍しいこともあるもんだ、林建良氏が病気にでもなったかくらいに思っていた。そして今日のこの配信である。
さすがにちょっと。
シナでは、ものすごい勢いでネット人口が増え続けている。サーバアタックやハッキングの巧者も増えているだろう。シナにとって台湾の民主勢力は思いっきり脅威である。その尖兵ともいうべき「台湾の声」は、目障りで仕方ないだろう。ハッキング行為に及んで登録者情報を消去しようとしても、何の不思議もない。
時代は猛烈な勢いで進行している。日本は少し、のんびりしすぎていないかね。シナにもアメリカにも寄りかからない、独自の方向性にも色をつけていくべきではないのか。台湾が墜ちれば、沖縄も墜ちる。海洋国家たる日本の生命線が途切れることになる。執拗な海自バッシングの影にシナの影を見て取るのは、もはや陰謀論ではなく、現実なのだ。
スポンサーサイト
別窓 | 愛国 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<昭和二十年三月十日午前零時十五分 | 市川電蔵事務所 | 竹島プロジェクト>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。