市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

悪魔の毒毒ギョーザ

00822888.jpg
↑これが「メタミドホス」です。
食品業界に身を置いて口を糊する者としては、黙ってられないんである。
ギョーザ中毒、殺虫剤は大阪港陸揚げ前に付着か
 中国製冷凍ギョーザによる中毒問題で、大阪府枚方市のスーパーから回収され、袋から有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が検出された製品には、日本国内の流通過程で殺虫剤が付着する機会が極めて少ないことが卸業者らの証言でわかった。通常、中国の工場で密封された段ボール箱が開かれるのはスーパー納入後とされ、警察当局では、メタミドホスの混入・付着は大阪港陸揚げ前だった可能性が高いとみて経緯を調べるほか、枚方市のスーパーで同時に売られた製品の回収・特定も急ぐ方針だ。
 ◆枚方回収分、箱詰め開けず
 枚方市のスーパー「ハッピース枚方」から回収された「中華deごちそう ひとくち餃子(ギョーザ)」は昨年10月1日、中国河北省の「天洋食品」の工場で製造・袋詰めされ、12袋ずつ段ボール箱に梱包(こんぽう)。2箱を1セットとする形にしてひもで縛り、コンテナに積み込まれた。
 コンテナは、天津新港を11月2日に出港し、同6日に大阪港に到着。同7日、輸入元のジェイティフーズ(JTF)から大阪検疫所に届け出があり、8日に輸入届出済証が交付された。検疫所の担当者は「この間、書面審査のみで、箱を開いていない」と話す。
 9日に通関手続きが行われ、その後、JTFが委託する「キユーソー流通システム」(東京)の大阪市内の倉庫で保管され、12月7日、京都府久御山町にある卸会社「旭食品」(本社・高知市)の近畿冷凍流通センターに運ばれた。
 同センターの佐々木博志センター長も「ひとくち餃子は、段ボール箱で梱包したまま取引先に卸した。事前に箱を開けた形跡など異常はなかった。こちらが保管中に殺虫剤を使うこともない」と証言する。
 一方、兵庫県高砂市の一家3人が今年1月5日に食べたギョーザは、兵庫県加古川市の「イトーヨーカドー加古川店」で売られていたもので、枚方市の製品と同じ昨年10月1日に製造された。大阪市の「キユーソー」の倉庫から昨年12月6日か8日のいずれかに、別の卸会社「日本アクセス」(本社・東京都世田谷区)が運び出し、イトーヨーカドー各店に出荷された。店の従業員が箱を開けたという。
 JTFでは「段ボールを開けた形跡があれば保管や流通段階で分かるはず」としている。
 ◆25袋すでに販売…枚方のスーパー
 「ハッピース枚方」には12月27日朝、同センター委託業者のトラックで3箱が運び込まれた。1箱に12袋ずつ入っているため、計36袋だったとみられるが、回収11袋をのぞく25袋はすでに販売された。今のところ、健康被害の訴えなどは届いていないという。(2008年2月4日 読売新聞)

予想通り、シナの工場と地方政府は「現場での混入はありえない」と逆ギレ会見を行ってるが、そもそも通関後の流通経路での恣意的な毒物混入というのは、かなり可能性が低い。まぁその動機がないというのが第一だが。上記記事にあるように、通関後はほぼ完全な管理がしかれている。倉庫物流業者のキユーソー流通システムは日本でも指折りの業者で、国内の主だった流通業や外食産業が数多く起用してる。HPを見ても明らかなように、母体はキューピーなので、その実力は推してはかるべし。卸の旭食品日本アクセスとも、日本で五指に入る卸商社である。まぁこれらの企業をヨイショするつもりもないし、大企業だからといって信用できるというわけでもないのだが、管理能力を考慮すれば保管物流段階での混入の可能性はかなり低いと断言できる。
店舗到着後、店頭での恣意的混入の可能性だが、「メタミドホス」という薬剤が日本国内では認可されていない農薬であり流通していないこと、国内にあるこの薬剤はおそらく大学や企業などの研究室レヴェルでしか存在せず、持ち出しは事実上不可能であることなどから、それもかなり低い。
この「メタミドホス」という薬剤、残留農薬違反事例としてWEBに公表されている。お分かりだろうか。2002年から2007年の間に報告された事例22件のうち、20件までが中華人民共和国からの輸入品から検出されている。かの国には、「メタミドホス」がある。
ここまで、状況証拠。物的証拠はまだ何もない。よって、強く糾弾するわけには行かない。何よりも日本は、法治国家であり文明国家だから。状況証拠だけで30万人殺されたと主張する国とは違う。
だが。
問題はやはり日本のマスコミである。状況証拠でしかない以上、「必要以上に」シナを擁護していること明白である。「日本は中国に食糧の多くを依存しているのだから、騒ぎ立てないほうがいい」くらいの言説をものするジャーナリストもおいでになるくらいだ。情けなくて涙も出ない。
参考リンク
中国毒餃子 - 報ステの古舘・加藤の被害者より中国の心配をする発言は何なんだ!
何故、日本のマスコミ・TVは赤福・白い恋人等は完璧に叩くが、中国の餃子テロには及び腰なのか? 怒りの緊急討論!!
僕の勝手な推論で締めくくりましょう。
この事件は、シナのかの工場内で、「いわれのない怒りに駆られた反日労働者が毒物を混入した」か、「劣悪な労働条件に憤った労働者が嫌がらせのためにやった」のだと思います。これは明確なテロです。日本国民の意識から反中の芽を摘もうとするマスコミには、鉄槌を食らわせなければなりません。
スポンサーサイト
別窓 | マスコミ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<大炎上 | 市川電蔵事務所 | シナ人が靖国神社前で暴れた件>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。