市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

チベットは西蔵と書く

800px-Flag_of_Tibet.svg.gif

↑チベットの旗。「雪山獅子旗」と言うそうな。
チベット仏教の総帥にしてチベットの政治指導者でもあるダライ・ラマ14世が、先日米国議会から表彰をされましたね。「議会名誉黄金勲章」という栄典であり、米国内外の市民に与えられる最高レベルのものということだ。日本人にもおなじみの最近の受賞者は、2000年7月受賞のナンシー・レーガン氏(故ロナルド・レーガン元大統領夫人)や2003年7月受賞のトニー・ブレア氏(前イギリス首相)だが、かのウォルト・ディズニーやボブ・ホープ(アメリカの国民的人気コメディアン)なんかも受賞してる。まぁ初代の受賞者がジョージ・ワシントンというところが歴史の重みを感じますが。
こんなことされて面白いわけがないのが中国共産党政府ですね。
ダライ・ラマへの勲章で中国が抗議
 中国外務省の劉建超報道官長は18日の定例会見で、米議会がチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世に勲章を授与したことについて「粗暴な内政干渉で中米関係を深く傷つけた」と非難、楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)外相が同日、ラント駐中国米大使を呼び抗議したことを明らかにした。
 ただ具体的な報復措置などには言及せず、北京五輪を来年に控え、対米関係を悪化させないよう一定の配慮を示した。
 報道官は「チベット独立勢力の活動の容認と中国内政への干渉」を中止するよう米国に要求。授与式に出席したブッシュ大統領が中国指導部にダライ・ラマと対話するよう促したことについては「(チベット問題は)中国人の問題だ。どうすべきか外国から教わる必要はない」と拒否した。(共同)iZa!ニュース 10/18 19:42
「自分がやるのはかまわないが、他のやつがやるのは許さない」というジャイアン的思想と行動にかけてはアメリカに大きく差をつけてぶっちぎり1位の中国共産党政府の面目躍如のコメント。そして、誰でも読める結果がこれ。
チベット・ラサ:ダライラマ米国最高勲章受章祝う住民、公安当局に連行される
 【大紀元日本10月21日】北京では中国共産党第17回党大会が開催されていたが、チベット地域はダライラマの米国の最高勲章受章を祝っていた。現地の公安は民衆を追い払おうとして、衝突を誘発した。報道によると、大勢のチベット人が17日夜、祭祀用の正装を身にまとい、ラサのジョカン寺の広場やポタラ宮周辺に集まり、線香をたいてダライラマを祝福した。青海省(県)、甘粛省(県)などでもチベット人が爆竹をならし、ダライラマの受章を祝った。
 チベット独立組織「チベットの声」(本部・ノルウェー)は外部の報道を引用して、当時の様子を紹介した。ラサは16日夜から普段と違い、祝日の雰囲気が漂った。大勢のチベット人が祭祀用の正装を身に纏い、ポタラ宮やジョカン寺広場で線香をたいて祝福した。中国当局は、市内に大量の武装警察と公安を配置し、ジョカン寺前の公園では、老人や子供の雑談さえ許されなかった。
 チベットの有名な女流作家・唯色はブログで当時の様子を語った。ラサで先日、確かに警察と住民の衝突が発生した。ジョカン寺では、参拝者数人が警察に殴られ連行されたという。彼女は「1人の友達は午後、ジョカン寺に行き、車は山の下の交差点で警察に止められ、仕方なく、歩いて寺に向かおうとしたが、また警官に阻止された、今日寺の参拝は禁止と言い出した。友達は理由を聞いた上で、小さな声でちょっとした文句を言ったら、警官に殴られた、足で何度も蹴って、またこぶしで頭を殴った」と話した。
 あるラマ僧によると ジョカン寺は警察に包囲されて、自由に出入りすることはできなかった。チベット北部では、爆竹を使うことも禁じられ、衝突を誘発したという。インタネットの利用者も青海省(県)熱貢地区、甘粛省(県)瑪曲地区などで、爆竹で祝ったチベット族が連行されたという。更にネットカフェが閉鎖された、一部の地方では停電も起きたと証言した。
 中国外交部長・楊潔篪は17日、駐中国米国大使クラーク・ランド氏を特別に招き、 米国議会のダライラマ授章に抗議した。(翻訳・侍傑)(大紀元時報日本語版 07/10/21 11:53)
ダライ・ラマ受章祝賀で警官と衝突
 香港紙・明報(21日付)によると、中国チベット自治区ラサ郊外の名刹デプン寺で17日、僧侶らが亡命中のチベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世が米国から議会名誉黄金章を受章したことを祝う儀式を行おうとしたところ、これを阻止しようとした武装警察らと衝突。寺院内に約1100人の僧侶と十数人の参拝客のチベット人が閉じこめられた。報道によると、寺を包囲している武装警察は約3000人以上で、完全武装しているという。(北京 福島香織)iZa! ニュース10月21日 20:16

中国共産党政府にとって、チベットと法輪功は鬼門である。中国共産党政府に迎合しない宗教勢力は、はっきり言って邪魔なのである。民衆が、「誰のいうことを聞かなければいけないか」と考えた場合、政府より上に位置する存在があってはいけないとの考えによる。創価学会はいったいどうやって取り入ったのかナゾだが、かの国では公認されている。ある意味チベット仏教と法輪功なんかよりよほど危険だと思うんだがなぁ。個人崇拝のカタマリだし、13億の国民の何割かが学会信者になったと考えただけでもワクワクしちゃうんだが(笑)。
バカ話はこれくらいにして、ダライ・ラマ14世が来月にも日本を訪れるとか。
ダライ・ラマ11月来日 米中あつれきの影響も
 チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が、日本の仏教団体などの招きで来月14-23日の日程で来日することが20日、分かった。
 チベット独立の精神的象徴でもある14世をめぐっては、今月中旬のブッシュ米大統領との会談や米議会による勲章授与に対し、中国が「粗暴な内政干渉」(外務省の劉建超報道局長)と反発、米中間の外交問題になった。両国のあつれきは来日にも微妙な影響を与えそうだ。
 14世の来日は昨年11月以来、ちょうど1年ぶり。日本滞在中は横浜市内などで講演活動を行う。昨年は超党派の「チベット問題を考える議員連盟」代表である民主党の枝野幸男元政調会長と会談した。
 14世の訪日に対して中国は従来、「分裂主義者に活動の場を与えている」などと拒否するよう求めている。日本政府は「宗教活動だ」として基本的に受け入れているが、米国による厚遇の後だけに批判を強めそうだ。2007/10/20 16:19 【共同通信】

なんか、「来るのはしゃーないけどよ、中国共産党政府様の件もあるし、ほどほどにな。お茶とか出さなくていいから、早めに帰ってもらえや」というニュアンスが最後の1行からにじみ出てるんですけど。
日本は、信教の自由が保証されたすばらしい国だ。そのため、オウム真理教(アーレフに改称)だの創価学会だの幸福の科学だのなんだの、数え切れないくらいの宗教団体が林立してる。最近マスコミをにぎわしてるのは「紀元会」だが、上に挙げた記事引用の「大紀元」は法輪功系の新聞であって、かの「紀元会」とは関係ありませんので誤解なきよう。
チベット仏教は、大乗的な他者救済のために自己を鍛錬することと、諸経典の理解取得が中心となるようだ。ダライ・ラマが観世音菩薩の転生であるとされるように、日本人にも比較的理解しやすい教義である。ダライ・ラマが必ず転生することを信じ、歴代のダライ・ラマが独特の方法で決められていたことなど、カルトなイメージを抱く人もいるかもしれないが、それをゆったらほとんどの宗教がカルトになりかねん。キリスト教の奇跡や聖者信仰、イスラームのラマダーンなど、理解の範疇を超えていればカルトというのではね。
ロシアではソヴィエト連邦崩壊ののち、ロシア正教会の復権を認めた。もともとロシア東方正教の重鎮たる国家だったわけであり、民衆の心に染み渡った敬虔な宗教心は100年程度では風化しないということが証明されてしまった。宗教と共産主義は決して相容れないのではなく、独裁の帝王と宗教が相容れないだけなのである。


↑実を言うと、「セブン・イヤーズ・イン・チベット」はまだ観てない
スポンサーサイト
別窓 | 日々徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<イレブンフーズ(品川区北品川) | 市川電蔵事務所 | 投票したい外国人( ゚д゚)ホスィ…>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。