市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

投げろ!(亀田父叫ぶ)

vip1.gif

↑これがボクシングかねぇ?
まぁ当然だわな。
未熟さ露呈! 敗れた亀田大
 実力不足を露呈して、亀田大はリングを降りた。観客がリング上の内藤に称賛を贈っている間に、父の史郎トレーナーや兄の興毅らとともに控室へと姿を消した。あたかも逃げるかのように…。
 対戦相手のほとんどが実績の不明な外国人では、一方的な敗戦は当然の結果か。強打者に有利とされる、ナックル部分の薄いメキシコ製のグラブが採用されるなど、背中を押す力はあった。
 だが、30戦を超すキャリアを持つ内藤の前には、技術の取り繕いようはなかった。リーチで10センチ上回る王者にいいようにあしらわれ、身体で教育を受けた。最後には、意図的に相手をつり上げて投げようとするなど、ボクシングを冒涜(ぼうとく)していると非難されても仕方ない醜態をさらした。
 パフォーマンスを駆使して注目を集めてきた亀田一家だが、このところは勢いにかげりが見える。実力を証明するはずの日本人との初対決で、二男が“口約”を破ったことで、さらに逆風は強まるだろう。
 「負けたら切腹する」「ゴキブリ」。王者に投げつけてきた言葉のつぶてだけが、むなしく響く。(国府田英之)(iza!ニュース 10月11日 21:30)

僕は運動がからきしダメで、スポーツと名のつくものは一切やらないんである。特に太っているわけでもなく中肉中背な僕は、外見からはスポーツが得意そうに見えるらしい。だが、運動神経はゼロである。野球をすればフライは取れない、サッカーはボールの方向に走るだけ、足は遅いしガキの頃からのタバコのせいでマラソンも1キロと続かない。
しかしこういうヤツに限って、スポーツを観るほうは得意だったりする。テレビで中継するようなスポーツはたいがいルールを知っているし、プレイに対していっぱしの能書きをたれたりする。能書きをたれるスポーツは、主に野球と格闘技なのだが。特にボクシングに関しては結構うるさいんである。
いわゆる亀田一家に対しては、僕も最初は好意的であったと記憶している。長男がまだ中学生にもならない頃から、「ボクシング一家」としてTBSが全面バックアップして番組にしてたからだ。最初は「日本では絶滅してしまったハングリーボクシングであることだなぁ」と思っていたが、あのファン・ランダエタ戦のゴタゴタで一気に萎えた。TBSの露骨な後押しも露呈してきたし、何よりも一家そろっての汚い言葉遣いに我慢がならなかった。テレビ向けのパフォーマンスであると片付けるのは簡単だが、日本の美徳である謙虚さがまるでないというのは、やはりには受け入れられなかった。
しかし何より、TBSの露骨な、露骨過ぎるバックアップ。「贔屓の引き倒し」という慣用句があるが、これを地で行って絵に描いて額に入れて日展に出展して金賞取ったような、ヒイキ。今日のタイトルマッチも、実況と解説(鬼塚に赤井に…)の擁護っぷりに背筋が寒くなってきた。
試合は、シロウトに少し毛が生えてると自認する僕の目から見ても、チャンピオンの貫録勝ち。もともと亀田次男のボクシングは、ガードを上げっ放しにして大振りのパンチを当てる(当ってもらう)というもの。あんな大振りパンチは、世界ランカーには通用しないよ。顔面ガードしてすり足のまま突進していくだけのボクシングじゃ、世界はおろか日本国内だってチャンピオンにゃなれんぞ。ついでに度重なる反則。さすがのTBSもこればかりは擁護のしようがなかったようだ。
18歳で世界に挑戦、ってのはいいが、もう少し強くなってからおいで。幸いフィジカルのほうは、並外れたものを持ってるようだし。とにかくTBSのキモさだけが際立った世界戦でした。


↑亀田一家のコメントにワクテカ
スポンサーサイト
別窓 | 変なヤツとおかしなモノ | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<そんなこともあったね。きんだいちゅうじけん。 | 市川電蔵事務所 | なりたけ(千葉県船橋市)>>

この記事のコメント

会議で最後の方をちょこっと見ただけだったんですけど、ありゃボクシングの試合じゃなかった。チャンピオンが気の毒でした。
で、さっき気がついたんですけど、アレって亀田兄弟2番目だったんですか?あれ、まァσ(^◇^;)
ホント、兄弟揃って・・・。
2007-10-12 Fri 15:40 | URL | 寒河江の菅ちゃん #W6545ECQ[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。