市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

奇跡の価値は

a21.jpg

夏休みとはいったいどこの国のハナシなのだ。夏休みどころか普通の休みもない。どうにかしてくれ。という状態で地獄の8月が終わったんである。どうにかしてほしいと思って会社に泣き(脅し)入れたら、やっと担当営業マンを増員してくれた。やっと休めるんである。ありがとう会社…って違うわい!今までが異常すぎたんであって、会社は僕への過剰な労働押し付けを早期改善すべきだったんである。もうこれ以上行くと、僕は民主党か社民党か共産党を支持して、赤いハチマキ巻いてへんなゼッケンつけて、大声上げて拳を振り上げねばならないところまで追い込まれていたんである。やれやれ、過酷な条件のもとだと、ほんの少しの待遇改善がまるで阿弥陀の来迎かと思えるくらいに感じられる。洗脳の初歩やねぇ。
んでもって、阿弥陀如来の来迎かキリストの再臨か、もしかしてマハーカーラたるシヴァ神の降臨による大破壊の前触れか。
韓国に甘さ…タリバン勝利宣言、「次」も予告
【ソウル=久保田るり子】韓国政府は、韓国人拉致事件でアフガニスタンのイスラム原理主義勢力タリバンに巨額の身代金を支払ったとの報道を否定している。だが人質解放の合意には不透明さが指摘され、国際社会からは、タリバンと直接交渉を行った盧武鉉政権の“悪しき前例”に批判の声が高まっている。国内世論からの責任追及も必至で、政権末期の盧政権の求心力低下を加速させることになりそうだ。
 韓国政府は身代金支払いを一貫して否定してきた。中東諸国を歴訪し、1日に帰国した宋旻淳・外交通商相は「国際慣例と、罪のない人の命を救わなくてはならないとの絶対的な価値を調和させる努力を払った。国際社会は理解してくれるだろう」と述べたが、身代金支払いについては「そういうことはない」と重ねて否定した。
 韓国政府は当初、アフガン政府などを通じた間接交渉を行ったが、人質2人が殺害されたあと直接交渉を開始。交渉していることも公表した。
 国際社会はこれを冷ややかにみてきた。韓国人拉致と同時期に自国民が拉致されたドイツは解放交渉合意直後の30日、メルケル首相が「われわれの努力が韓国人人質の運命で変わることはない(直接交渉はあり得ない)」と不快感を示し、カナダのベルニエ外相も「交渉はテロ活動を助長するだけだ」と批判。米国は「人質が家に帰るのは喜ばしい」(ケーシー国務省副報道官)としながらも、「テロ犯には譲歩しないという米国の政策は変わらない」と皮肉を込めて述べている。
 タリバンのスポークスマンは31日、「拉致は成功した」と勝利宣言。次の拉致も予告した。韓国政府の「裏交渉」への判断がいかに甘かったかが露呈したことになる。
 そもそも初動段階に問題があったとの指摘が多い。韓国軍撤退を要求するタリバンに対し盧武鉉大統領自身が事件発生翌日に「年内撤退」を公言。早々と大統領特使を現地へ派遣するなど、タリバン側に交渉への手応えを与えた「対テロ外交のアマチュア性」が問題視されている。
 人質19人は2日早朝に韓国に帰国するが、「危険を承知で行った彼らになぜ、税金を使う」との自己責任論が高まっているだけに、巨額の身代金支払いが国民感情を刺激するのは間違いなく、盧武鉉政権への世論の風当たりは強まりそうだ。(iza!ニュース 9月2日13時06分)

30年前、日本はテロリストたちに屈した。日本赤軍 ダッカ空港事件である。この「超法規的措置」によって釈放された日本赤軍メンバーと600万ドルの身代金で、国際テロ組織としての日本赤軍はカンフル剤を得たようなものだ。2001年になってようやく事実上の解散宣言が出されたものの、日本赤軍という国際テロ組織の活動に手を貸してしまった結果になったことは、日本にとってぬぐいきれない汚名である。
リベラル・反政府色の強いマスコミが、こぞって「人命保護」を大合唱したのも一因だろう。当時のマスコミの中の人には、確実に日本赤軍シンパ=もと活動家みたいなのは掃いて捨てるほどいたろうし。まぁこのあと国際社会から非難轟々になったおかげで、ようやくテロリストとは交渉しないという基本姿勢が出来上がり、さきの9.11以降その路線はますます強固になったわけだ。
テロリストと交渉しない。
この路線は、いろいろいわく付きながら、イラク三馬鹿事件香田君事件もと自衛官の傭兵拘束事件といろいろあったが、堅持されてきた。
それを隣で見ていながら、まったく学習してない国が、韓国ってわけだ。
現時点で政府関係者は一切否定してるが、当のタリバンが1000万ドル払ってもらったんで新しい武器とか自爆テロ用の車買うわ」って発表してんじゃんよ。国際テロ組織に堂々とカネ渡してどうするんだよ。自国民の保護はわかる。痛いほど。だが、心を鬼にして、泣いて斬れよ、馬謖をさ。
なんか、ノ・ムヒョン大統領が嬉々として記者会見開きそうだな。「人命は地球よりもずっと重い」とかゆって。殴っちゃいそうだな。テロ支援国家の認定受けても文句言えない立場だってわかってんのかね。
業務連絡:タリバン殿 自爆テロ用自動車はヒュンダイを使用のこと。アメリカに行けば中古車市場で超格安で売ってるらしいですから。


↑テロ集団とは交渉しないのが基本
スポンサーサイト
別窓 | 日々徒然 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<安倍首相電撃辞任に想う | 市川電蔵事務所 | 自民党安倍政権を粉砕せよ~朝日新聞グループの叫び>>

この記事のコメント

テロとの戦いってもねぇ・・・。
井沢元彦の、『ユダヤ、キリスト、イスラム集中講義』読んでみたけど、
こりゃ、絶対無くならんわ!って思ったね。

だって、異教徒殺害目的の自爆テロで死ねば、
65人の処女とヤレるって、本気で信じてるらしいぞ!あいつら。

2007-09-03 Mon 23:20 | URL | アクセル総研代表 #-[ 内容変更]
韓国政府、やっちゃいましたねェ。散々アメリカやアフガン政府に文句を言った揚句の直接交渉。世界的な常識がまったく分かっていない。この結果が与える影響は大きいでしょうねェ。
2007-09-04 Tue 13:52 | URL | 寒河江の菅ちゃん #W6545ECQ[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。