市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ジープに乗せられてインドへ行った「いわゆる従軍慰安婦」

newjeep.jpg
日本が自動車大国になったのは戦後。
92歳の台湾女性、日本で講演 「慰安婦の歴史忘れないでほしい」
(東京 7日 中央社)今年92歳になる台湾人元「従軍慰安婦」の鄭陳桃さんは日本の人々に過去の歴史を忘れないでほしい、戦時中の慰安婦の存在を二度と否定しないでほしいとはるばる日本に赴き人々に訴えかけた。

今月6日から東京都新宿区の「戦争と平和女性博物館」で台湾慰安婦についての特別展が日本の団体と台湾のNPO、婦女救援基金会によって共催されるが、鄭陳さんはその高齢にもかかわらず、歴史の生き証人として名乗りを挙げ、同日午後都内で行われたオープニング・シンポジウムに出席、自身の悲しい過去について涙ながらに語った。

この特別展は「台湾人『慰安婦』の証言 日本人にされた阿媽たち」と題されるもの。「阿媽」、台湾語の「阿[女へんに麼]」(アマー)は「おばあちゃん」の意。シンポジウムの会場には大学生など若者を含む日本人が100人以上集まり、まず先日亡くなった台湾人元慰安婦の冥福を祈って1分間の黙祷が行われた。

鄭陳さんは壇上に立つと日本語で自己紹介、当時、高校への通学途中、突然警察官にジープに乗るよう強要され、その後海外に連れて行かれたと語り始めたが、何度ものどをつまらせ泣き出し、話を続けることができなくなってしまった。

19歳でインドの「慰安所」に送られた鄭陳さんはその後生きた心地のしない悲しい5年間を送る。自殺をはかり流産し、終戦後ようやく台湾に戻った時にはすでに妊娠できる体ではなかった。一生消えることのない心と体の傷を抱えながら鄭陳さんは、当時の被害者が今まだここにいる、歴史の否定や抹消は許されないのだということを日本の当局に知らせたいと今回の日本行きを自ら希望したという。

この20年来おばあさんたちに寄り添ってきた婦女基金会幹部の康淑華さんはシンポジウムの席上、アマーが自分について語るのは大変勇気の要ることで、日本側が不当な言論でアマーたちを苦しめ傷つけ、歴史の教科書では戦時中の慰安婦制度についての記述をなくして日本の若い世代に事実を知らせず過去の記憶を消そうとしていると指摘、人々の無関心に憂慮を示した。

同基金会ではアマーたちのドキュメンタリーを今年9月に公開することにしている。
【 写真 】 自身の悲しい歴史を語り、日本は過去に向き合ってほしいと訴える元従軍慰安婦の鄭陳桃さん

(楊明珠、陳至中/編集:谷口一康)

だいたいにおいて、戦中、日本には自動車が不足していた。重工業の主力を航空機に置いていたため、自動車の多くはバスやトラック。トラックは軍に徴発されていたし、普通車のたぐいもそう。朝鮮人の自称慰安婦が「トラックに詰め込まれて攫われた」などと言っているが、ある意味もっとも前線から遠い朝鮮半島に、貴重なトラックを回す理由がない。
ジープ?( ゚Д゚)ハァ?
アメリカから鹵獲したんかそれ。
バァさんがおいおい泣けば許されるもんじゃないぞコラ。

私は、「慰安婦」「慰安所」の存在を否定しない。むしろ存在したと考えてる。性欲の処理と性病の蔓延防止には不可欠だからだ。戦地にあってはなおさらだ。もともと性に対しては鷹揚である日本人だし。江戸時代の遊里は管理売春の典型だが、人権迫害の側面もあるが性風俗のビジネスモデルの完成例でもある。「慰安婦」「慰安所」はその流れをくむ正当なシステムである。
忌み嫌われる戦前の軍国主義・国家社会主義への意図的な混同である。なんどでも言うが、「慰安婦」は実在したし、日本人の「慰安婦」が一番多かったのである。そしてそれは、職業だった。
「いわゆる従軍慰安婦」は、朝鮮半島での米軍(国連軍)の狼藉を意図的に日本になすりつけたものである。嘘も10,000回言えば本当になる。光年、文書になって資料として活用される。こちらは、「いわゆる従軍慰安婦」が事実ではないという論証を、黙々と積み重ねるのだ。
スポンサーサイト
別窓 | 特定市民たち | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

このブログを閲覧してはいけません

4a0527f0.jpg
↑憶えてる人もいるかもしれない。昔、TBSの番組で外国人を集めて討論する番組があり、その中で笑いものになった在日韓国人。
「息をするようにウソをつく」
を地で行き、この画面ショットはネットのあちこちに落ちている。
本名を金武貴というらしい。現在は民潭で反右派工作をするチームのリーダーだそうだ。
迷惑な韓国~日本人女性は韓国人男性に夢中(捏造)だと韓国人が思い込まれている事は大変迷惑です。+通名の廃止を!~
俺達は全てが世界一!(のはずだった。)1
俺達は全てが世界一!(のはずだった。)2
俺達は全てが世界一!(のはずだった。)3

拙ブログは、ニュースブログのつもりでやってます。ニュース引っ張りだして私見を述べるというもんです。
しかし今回は、強烈なブログを発見したためぜひご紹介したいと思い、URLを貼らせて頂きました。
内容は、ブログタイトルそのままです。タイ留学中の女性の方が書いています。白眉と思われるエントリーを抜き出してみました。
「朝鮮半島ウォッチャー」を気取っていた私ですが、やっぱりマジもんは違う。養殖じゃない天然モノのアクの強さで胸やけがしてきました。
「俺はみんなに好かれているに違いない、俺を好きにならない女はおかしい」
と、韓国人が本気で信じているというのはよく聞いていたが、まさか本当に居るとは。勉強しなおして参ります(八代目文楽)。
内容が内容なだけに、トラックバックもコメントもすべて閉鎖してあります。(よってリンクを貼る許可は頂いていません。)かと言って毒電波むき出しのサイコ文章ではなく、冷静で丁寧な言葉づかいで綴られる、胸クソ悪い事実。外国育ちの日本人女性ということですが、その素性の真偽はどうでもいいことです。冷徹な論理性が窺い知れる文章ですので。
しかし、ブログランキングの登録カテゴリが「韓流スター」で、しかもぶっちぎりトップというあたりに黒さが垣間見えるwww
別窓 | 変なヤツとおかしなモノ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

中二病

4775306855_09_LZZZZZZZ.jpg
「中二病」は邪気眼を指すネタではないんで。
金正恩氏がヒトラーに傾倒?「ナチスの政策を研究せよ」 幹部ら動揺
2013.7.1 11:38 [金正恩第1書記]
北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)第1書記がナチス・ドイツの独裁者ヒトラーに傾倒しているとの見方が浮上している。複数の消息筋によると、ヒトラーの著書を幹部に配り、ナチス初期の「経済政策を研究せよ」と指示。ヒトラーのしぐさもまねているとされ、幹部の間にヒトラー並みの側近粛清や無謀な対外挑発に踏み出すことへの懸念も出ているという。

「ヒトラーは第一次大戦に敗れたドイツを短期間に再建し、第二次大戦を起こすまでの強国にした」。消息筋が北朝鮮の協力者から得た情報によると、金第1書記はある現地視察で側近にこう話し、「(ナチス時代の)第三帝国をモデルに当時の制度をわが国に適用する方策」を研究するよう指示したという。

実際、金第1書記は当時のドイツのように、経済再建と軍備強化を両立させる並進路線を打ち出した。

布石はあった。1月8日の誕生日に自分が好きなロック音楽CDやスポーツシューズを朝鮮労働党幹部らに“下賜”した際、一緒に配布したのがヒトラーの自叙伝「わが闘争」だった。

祖父の金日成(イルソン)主席の振る舞いをまねてきたとされる金第1書記だが、最近はヒトラーの演説のように手を盛んに挙げたり、指を1本立てたりするしぐさが目立ち始めたという。

正恩政権は「朝鮮少年団」など青少年組織拡充を進めているが、それもナチスのヒトラーユーゲントを彷彿(ほうふつ)させる。五輪を国威発揚に使ったドイツ同様、体育政策にも力点を置く。

消息筋によると、幹部らが懸念するのは、朝鮮人民軍総参謀長ら軍高官を突然解任する姿が側近を次々切っていったヒトラーと重なることだ。金第1書記がヒトラーのように、対外挑発に活路を見いだそうとすることも危惧(きぐ)しているという。(桜井紀雄)
(MSN産経ニュース)

「中二病」という言葉をご存知か。
リンク先を参照していただければわかるが、タレントの伊集院光が自分のラジオ番組の中のコーナーで作り出した言葉。中学2年生頃に特有な、大人ぶりたい様子を茶化している。主に男子に多いような。誰でもひとつくらい憶えがあるのではないでしょうか。
北朝鮮の若き指導者様がヒトラーに傾倒と聞くと、ついついこの中二病を思い出す。中二病の「症状」の中には、「勉強はできないかもしれないが、自分は他人よりも数段上である。何が上なのかはわからないけど」というような、「まったく根拠のないものすごく肥大した自尊心」がある。若き指導者様の場合はその自尊心は根拠が無いどころか大有りなわけで。実態はないが、根拠というガワだけは怖ろしくでかいので、どんだけ自尊心を載せてもまだ余裕がある。イナバの物置みたいなもんだ。
おかしな言い方だが、亡くなられた父君はまだ常識人なところがあったと思うのよ。偉大に演出しすぎたその父と権力の大きな取り巻きを注意深く避け、大権を掌握した男だし。どうもわが子可愛さで教育を誤ったようですな。
戦国時代が終わって江戸時代に入る頃頻発した、大名のお家騒動を彷彿とさせる。将軍家たる中国共産党政府から、お取り潰しの令が発せられるかも。もしくは私闘禁止のお触れを破って南侵に転ずるか。中国共産党政府と韓国の接近もあるし、いろいろ大変な年になりそうだ。
別窓 | 東アジア問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。