市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

時代は変わる

cf806fa5.jpg
↑清々しいばかりの偏向報道の一例。
日本の主要新聞は、左から並べると「毎日・中日・朝日・日経・読売・産経」ってとこか。発行部数順に左から並べると「読売(986万)・朝日(796万)・毎日(341万)・日経(301万)・中日(270万)・産経(161万)」。
新聞メディアは伝統的に反体制なんだろうが、日本の場合左派系が強すぎて、本来中道左派あたりに位置するの産経新聞が極右になっちゃうんだよね。毎日と中日はもはや極左と言って差し支えないもの。
ちなみに、日本共産党の機関紙である「しんぶん赤旗」は140万部だそうだ。地方紙として有力な北海道新聞が114万、西日本新聞が76万。これを考えると、中日新聞の270万部って、地方紙とは言えないレベル。スポニチで177万だからね。
【産経抄】「相手の言いなり」だけが外交ではない
2013.4.24 03:16

 薩摩、大隅などを治めた島津家は関ケ原で敗れたにもかかわらず、幕府による取りつぶしを免れた。領地はほぼ無傷で安堵(あんど)された。それは島津義弘軍による凄(すさ)まじい退却戦の効果である。敗北後わずか千人の手勢で敵将、徳川家康の本陣に襲いかかった。

 ▼たじろぐスキに退却を始め、最後は80人になる死にものぐるいの戦いで、義弘は自国に生還した。それを目の当たりにした徳川方は、これ以上追い詰めた場合の島津の抵抗を恐れた。だから戦後処理でも島津家にだけは手を入れられなかったのである。

 ▼同じようなことは先の大戦でも起きた。日本は敗色濃厚となっても、特攻を繰り返すなど決死の戦いを続けた。それは米国など戦勝国を畏怖させた。このため戦後、さまざまに日本人の「骨抜き」を図りながらも、象徴天皇を残し苛烈な占領政策はとらなかったのだ。

 ▼そう考えると今、繁栄を享受している日本のリーダーが靖国神社を参拝、英霊たちに感謝するのは当然のことだ。いやそれだけではない。参拝によって日本人の勇敢な戦いぶりを思い起こさせる。そのことは、日本を敵視する国に対する十分な抑止力となると言っていい。

 ▼麻生太郎副総理ら3閣僚をはじめ、160人を超える国会議員が春の例大祭に合わせ靖国を参拝した。韓国は早速とばかり外相の訪日を中止した。抗議行動も起きているそうだ。この過剰な反応こそ、韓国が日本の「底力」を恐れていることの証拠と思えばいい。

 ▼例によってマスコミの多くは、日中、日韓外交が悪化すると憂える。参拝を「無神経」などと批判している。だが相手の言いなりに「よい子」でいることだけが外交ではない。中国、韓国をはじめ世界のすべての国が知っていることである。
こういう「まともな」コメントを載せる新聞が「極右」と言われてたんだよね。高校生の45%は自衛隊が違憲と思ってないという調査結果が出てたが、新聞メディアの洗脳が及んでないジェネレーションがついに顕在化してきてるんだね。
時代は変わる…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 特定市民たち | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

嫌韓流。

社会実験です(笑)
このエントリに意味を求めないでください。
別窓 | 変なヤツとおかしなモノ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

美しい日々


daejusin04.jpg

↑この絵に興味のある方は、大朝鮮帝国史をどうぞ。なかなか良く書けたファンタジーです。
俺のせいじゃない。お前のせいだ。俺は悪くない。つまりこう言ってるわけです。
「歴史認識の違い前提に」麻生氏発言に反発か
2013.4.23 13:20

韓国の尹炳世外相
23日付の韓国紙、中央日報は、尹炳世外相が麻生太郎副総理兼財務相らの靖国神社参拝などを理由に訪日を中止した問題で、麻生氏が2月の朴槿恵大統領との会談で「同じ国、民族でも歴史認識は一致しない。それを前提に歴史認識を論じるべきではないか」などと歴史問題で強い立場を示したことが訪日中止の背景にあると報じた。複数の韓国外交筋らの話としている。

麻生氏は2月25日にソウルで行われた朴大統領の就任式に出席、朴氏と会談した際、朴氏が「真の友好関係を構築するには歴史を直視し過去の傷が癒やされるよう努力しなければならない」と述べたのに対し、米国の南北戦争の呼称が北部と南部で異なるとの持論を語り、日韓の歴史認識も異なることを前提に議論すべきだと力説したという。

政府当局者は「麻生氏は就任祝いではなく、歴史観の違いを認めるよう戒めに来たようだった」とし、韓国外交筋は「麻生氏が靖国神社を参拝したことで、韓国外務省は我慢の限界を超えた」と述べた。(共同)
朝鮮半島の2つの国とシナ大陸の国にとっては、歴史は自国の提唱するものだけが真実である。それはそれで構わないのである。自国の歴史解釈があって当たり前。歴史とは、膨大に蓄積された過去の事実をどう解釈するかということだから。
しかし彼らは、自国の歴史解釈を金科玉条の絶対真理として、他人にも同調を迫るので始末が悪い。中国共産党政府の場合、若干そのニュアンスが異なってるが。かの国は伝統的に前王朝の歴史を比較的粛々と綴るならいがあるので、あまり馬鹿なことはしない。
問題は朝鮮半島のほう。産経新聞ソウル支局の黒田勝弘氏が指摘するように、韓国の歴史観は独特で、名付けて「あるべき史観」という。
歴史的事実の蓄積を解釈するのに、現在の韓国を偉大なものにしておいた上で、「偉大な我々の歴史はこうあるべきだ」というメンタリティで行い、資料を取捨選択するのである。おかげで、韓国の歴史教科書は「檀君神話」から始まるのである。歴史的事実として、5000年前から脈々と続く誇り高い国家だとして物語が始まるのである。以降、格好のいい史実と、勘違いの貴種流離譚じみた迫害の歴史だけが語られる。なお、「世界史」は韓国では必修科目ではない。理由は簡単、世界史とは地域同士の交流・対立の記述であり、それを開陳するとあるべき史観との矛盾がだれにでもわかるくらい噴出するから。世界史のほうを書きなおそうとしたら、あらゆる事績を書き換えなければならず、それこそ「ベルセルク」を完結させるくらいの筆力が必要になるから。
私はご皇室を尊崇する男だが、神武天皇が実在したとは考えてない。モデルとなるヤマト政権の王は居たろうけど。資料的に実在と判断できるのは継体天皇からではないかなと。相当テンパった国粋主義者以外で、神武天皇の建国神話を明確な史実と言う奴はいないだろう。言い伝えに則って、国の肇を定めたものだと思ってる人が多数だろうし、あえてそこにツッコむのは無粋と思ってるんじゃないかな。
学問として朝鮮史を研究する人がいるとすれば、たぶん韓国人ではないだろうな。なお、韓国人が海外留学に行って「普通の世界史」に触れると、自国で学んだ歴史とのあまりの乖離っぷりに真剣に悩むそうだ。
美しい日々…の続きを読む
別窓 | 東アジア問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

せいちゃん

a0009400_1545348.jpg
↑これが仙臺四郎
小学校低学年の頃の同級生に、「せいちゃん」という子がいた。もう40年近く前のことだし、記憶もさだかではない。
せいちゃんは、今思えばいわゆる小児マヒで、脚が不自由だった。
ど田舎で40年近く前、せいちゃんは「かわいそうかもしれんけど普通の子」だった。一学年で子供は70人ばかりしかいない田舎、町の大人どもはどのガキが誰の子供で誰の孫か、誰がアニキで誰が妹か知ってる。せいちゃんは、脚が不自由な、牛乳屋の息子だった。
せいちゃんは普通の小学生がやる遊びをやり、いつもついてこれなかった。運動神経がほぼゼロの私すら、せいちゃんと遊ぶときには軽く気を使ったほどだ。せいちゃんはフツーに運動会に出て、フツーにかけっこがビリだった。誰もせいちゃんを特別に扱いはしなかった。
だって、せいちゃんは脚が悪いけど、同じ町で一緒に育った同級生だし。
せいちゃんの脚が悪いのはせいちゃんが悪いわけではないし。
せいちゃんの足が悪いのは、同級生きってのバカ・リョーイチが勉強ができないってのと同じレベルでアタリマエで、私の運動神経がかなり鈍い、ってのよりはまだマシな程度という認識。
今思えば、せいちゃんは普通学級に置いたらいかん障害だったのだ。ど田舎・昔というファクターで、彼のレベルでも普通の児童と一緒に遊んでた。ホントに障害を持つ人にはシャレにならないんだろうけど、ある程度一緒にもみ合ったほうがいいんでないかと。仙臺四郎は、面と向かって馬鹿呼ばわりされたそうだが。
障害のある子供も、それを受け入れて一緒に育ってく状況って必要なんじゃないの。私らがそうやって育ってきたように。差別的な意味ではなく、「人間はみんな同じではない」ってことを知るべきです。
そうそう、障害者ではない系統でヤバイガキもいたわ。親が無能で人間らしい生活させてもらえない姉弟。あの一家だけは本気で差別されてたと思う。
なお、せいちゃんは小学校高学年になって地元の小学校から養護学校に移った。以降の消息は不明。
ヤバイ姉妹も、同じ町の中学には行かなかった。以降の消息は、のちに知った。イヤな結末だったので忘れたい。
別窓 | 忘れえぬ人々 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

斜め上

deathnote_1.gif

韓国の事件事故や政府の対応など、およそ日本人には理解し難いことが数多く発生するのは御存知の通り。
このさまを「斜め上」と表現したのは2ちゃんねるであった。誰が言い出したか、多分「東亜板」「ハン板」「極東板」のどれかが発祥だろうが、まさに言い得て妙。
そして久々の、おそらく戦後最大級の「斜め上」である。
【韓国】「生徒を殴った高校教師、怒りを抑えきれず廊下でオナニー」→生徒が動画を撮影[04/18]
1 名前:HONEY MILKφ ★ :2013/04/18(木) 07:39:26.11 ID:???
(写真)

ソウル市内のある男女共学高等学校の教師が生徒をひどく殴った後も怒りを抑えきれなくなり、多くの生徒たちが見守る前でオナニーまで行ってショックを与えている。

ソウル・陽川(ヤンチョン)警察署では傷害と公然わいせつの疑いで、臨時教師のA容疑者(55歳)を書類送検したと17日に明らかにした。

A容疑者はこの日の午後2時40分頃、陽川区のある高等学校で授業中にイヤホンを耳に付けていた男子学生をひどく殴った後、廊下に出て多くの生徒たちが見守る前でズボンを下げてオナニーをした疑いを受けている。

警察の関係者は、「まだ調査中だが、A容疑者の精神状態に問題があったとしか思えない」とし、「A容疑者はオナニーの疑いに対して否認している」と語った。

ソウル市教育庁もA容疑者の暴行事実などを確認して、すぐに職位を解除した後、懲戒手続きを行っている。

一方、この高等学校に通っている学生がA容疑者の行為を直接撮影したと思われる動画が、各種オンラインコミュニティを通じて拡散している。

映像には、学校の廊下でズボンを膝上まで降ろしてオナニーをする男性の姿が写っている。

この場面を見た学生たちは悲鳴と同時に、「どうしてこうなった」と言いながら荒てる様子も映像に撮られた。

ソース:NAVER/CBS=ノーカットニュース(韓国語)
(引用文中の写真リンクは、自己責任で観てくださいw)ちゃんねる東亜板では、笑いすぎて腹筋を断裂する者が続出している。記事の最初から最後まで、一字一句ツッコミどころ満載。
コイて見せたのは55歳の人だとか、ガキにキレたのはわかるが殴りすぎだとか、なんで廊下でコクんだとか。何よりも、怒りを抑えきれないと勃起するのかおまいは、ってとこがツボ。強姦事件が日本よりひとケタ多いお国柄であるからして、怒ると性衝動も同時に湧き上がるようになってるんだろうなぁ。理解できない。理解したくない。
「斜め上」のベクトルが強烈すぎて、重力振り切って衛星軌道に乗るレベルだわ。
当然のことながら、動画はYouTubeに上がってます。いつ消されるかわかりませんが、再生回数30,000に届きそうです。YouTubeの再生回数自慢の韓国の面目躍如w
自己責任で観る動画
別窓 | 変なヤツとおかしなモノ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

北方領土問題

hoppou.gif
北方領土に“同盟国”企業が続々進出 外国企業に制裁を
2013.4.16 09:04 (1/2ページ)[ロシア
 ロシアが不法占拠する北方領土での地熱や風力などの発電事業を、あろうことか米国系の企業が次々と受注していることが明るみに出た。なぜ、こんなことがまかり通るのか、との思いを禁じ得ない。(フジサンケイビジネスアイ)

 問題となっているのは、米アラバマ州に本社を置く「タイガー・マシナリー」の傘下企業「サハリン・マシナリー」。米建設機械大手「キャタピラー」の公式ディーラーである。サハリン・マシナリーは国後島の古釜布(ロシア名ユジノクリリスク)郊外に計画されている地熱発電所の建設を請け負い、現地での工事に着手。国後島・泊(同ゴロブニノ)での風力発電所建設も受注して関連設備の製造に入ったほか、昨年9月に稼働を開始した択捉島・別飛(同レイドボ)のディーゼル発電所を建設していたことも明らかになった。

 北方領土を事実上管轄するサハリン(樺太)州の当局者によれば、択捉島にも地熱発電所を建設する計画があり、複数の外国企業が受注の意思を伝えてきているという。

 言うまでもなく、北方四島は1945年8月、日ソ中立条約を侵犯して対日参戦したソ連が、終戦後のどさくさにまぎれて不法に占拠した日本固有の領土。したがって、ロシアがインフラ整備を通じて実効支配の固定化を図ること自体が容認できない。さらに第三国の企業、まして同盟国である米国の企業が、ロシア管轄下でそれに加担しているのは極めて重大な事態と言うべきだ。日本外務省はサハリン・マシナリーに対し「ロシアの管轄権を前提にした形で第三国が経済活動に従事するのはわが国の立場と相いれない」と抗議した。

2013.4.16 09:04 (2/2ページ)[ロシア
 だが、こうした第三国企業の活動を止める実効性のある手立てを、現時点でわが国は持ち合わせていないのが実情だ。過去には韓国企業が択捉島の港湾工事に加わり、中国人や北朝鮮人の労働者は建設や農業の現場に流入し続けている。サハリン・マシナリーも「事業は継続する」と日本の意向は意に介さない姿勢だ。

 そこで提案したいのは、北方領土での経済活動に加わる第三国の企業や関係者に、日本への入国禁止といった制裁措置を科すことだ。きちんと新法を制定し、国内外に広く日本の立場を知らせればよい。外務省はこれまでも択捉島を拠点とする財閥「ギドロストロイ」の幹部にビザ(査証)発行を拒否しており、難しいことは何らないと思われる。

 ロシア政府は「クリール諸島(千島列島と北方四島)の社会経済発展計画」(2007~15年)に基づき、280億ルーブル(約826億円)の予算規模で北方領土のインフラ整備を加速させている。各種の事業に中国や韓国の企業を巻き込もうと、サハリン州が積極的な誘致活動を行っている現実もある。

 やるべきことはやっておかないと、北方領土交渉が一層難しいものとなるのは目に見えている。(産経新聞社モスクワ支局 遠藤良介)

産経新聞以外の新聞は、ほとんど北方領土問題を報じようとしない。寝た子を起こすなとでも言うつもりか。
そもそも四島は、明確な国際法違反によって不当に占拠された国土なのである。そこにのうのうと住んでるヤツにインタビューして、「ここが私の故郷」などとお涙頂戴じみたレポートをしやがる。自己都合で四島や南樺太に渡って帰国を辞退した朝鮮人の子孫を、強制連行された被害者の子孫と言ってカネを遣ろうとする馬鹿も後を絶たないし。
最近になって、森元首相が北方領土問題についてロシア側と折衝する方向性が打ち出された。安倍総理大臣の父、故安倍晋三氏も所属していた自民党清和会の流れである。かの鈴木宗男氏なども清和会系であり、このルートでロシアと交渉していた頃が、最も進展していたわけだ。
その後、清和会系とは不倶戴天の敵である故田中角栄元総理の長女、田中真紀子氏の外相任期に、交渉を円滑に進めていた外務省ロシアスクールが粛清される。鈴木宗男氏に連座させられた佐藤優氏の逮捕など、アレである。
プーチン大統領は、四島の返還(引渡しという表現なので、主権移譲は行わないという解釈もある)に関わる交渉に前向きとも言われるが、外交は複雑怪奇。戦闘行為によらず国土を奪還するのは、非常に難しい。
各種の事業に中国や韓国の企業を巻き込もうと、
サハリン州が積極的な誘致活動を行っている現実もある。
シナや韓国に既成事実を与えるなどもってのほかである。近い将来、晴れて四島が返還されたとき、島の主要な位置に彼らの保有する不動産が目白押しだったということは十分考えられる。日本の主要な駅前一等地に、なぜ例外なくパチンコ屋があるのか、理由を考えて見たまえ。
日本共産党が訴えるように、平和的に締結された1875年の樺太・千島交換条約の時点に立ち返るべきだと思うのである。日本はそもそも海洋国家なのだから、樺太はロシアに任せればいい。

別窓 | 憂国 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

逆さ地図

img00173737.jpg

「逆さ地図」が好評 富山県発行、環日本海重視
 【ウラジオストク共同】日本海を中心に据え、南北を逆転させた富山県発行の地図「環日本海諸国図」(通称・逆さ地図)が、同県刊行物センター(富山市)で販売を開始して以来、売上数1位を保っている。

 富山県が交流を続ける極東ロシアや韓国、中国を含めた北東アジアを大陸側から見たユニークな地図で、極東ロシアでも教育機関などに掲示されている。

 同センターによると、逆さ地図の販売は1995年12月に始まった。最近では月に平均で150~200枚売れ、今年6月末までに計約2万3千枚が販売された。日本国内だけでなく中国やロシアなど海外からの引き合いも多い。

 地図は縮尺350万分の1、大きさはB1判で、1枚260円。富山県を中心に500キロ圏、1000キロ圏などが分かるように、同県庁を基点とする複数の同心円が引かれ、日本の“重心”が富山県沖の日本海にあることを強調している。

 問い合わせは富山県民会館内の同センター、電話076(432)3111まで。

2010/07/07 17:39 【共同通信】

ちょっと古い話題。実は知らなかったので。

富山県が発行するユニークな地図として有名な、【逆さ地図】。日本海に面する列島の弧のちょうどまんなか付近にあたる富山県らしい発想。富山県庁を中心として同心円を描いており、「裏日本」と言われ日陰者扱いされてきた日本海側の県にスポットを当てる。

日本で使われる世界地図は太平洋をまんなかにし、東側(向かって右側)に南北アメリカ大陸、西側(向かって左側)にユーラシア大陸、インド、ヨーロッパ、アフリカ大陸があるわけだが、これが欧米の世界地図だと大西洋がまんなかなわけだ。子供の頃、日本を「極東」と呼ぶのはなんでだろうと思っていたが、欧米の世界地図上では、日本はたしかに東の外れ、地図の右端なのだ。

つまりは東よりの旭光たる日本なわけですが、この【逆さ地図】で見るともう一つ重要なファクターに気付く。

そう、ロシアとシナを太平洋に出にくくする「防塁」そのものなのである。沖縄から台湾、フィリピンにかけての諸島のラインも合わせると、ほぼ完全な防衛ラインが構築されている。

シナが尖閣諸島に異様なまでに拘泥する理由は、この【逆さ地図】を見れば一目瞭然なのです。
別窓 | 東アジア問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ハッカーとは

f1daee75.jpg
4月から異動になり、営業職を外れたので、基本的に毎日定時に帰る。新入社員の頃以来だな。しばらくほっぽってたこのブログも再開しよう。
金正恩氏が「ブタ画像」に差し替えられる 北朝鮮サイトに新たなサイバー攻撃
 国際的ハッカー集団「アノニマス」を名乗るインターネット利用者が北朝鮮関連サイトにサイバー攻撃を行ったと宣言するなか、2013年4月4日午後、北朝鮮関連サイトのトップページが相次いで書き換えられる被害が確認された。

 金正恩第1書記をブタに似せて描いた画像が掲載されたサイトも複数確認されている。攻撃対象のサイトは拡大している。

■ツイッターやフリッカーのアカウントも乗っ取られる

 最初に異常が明らかになったのは、北朝鮮の祖国平和統一委員会が運営する対外宣伝サイト「我が民族同士」が運用しているツイッターのアカウントだ。普段は、サイトに掲載された記事の内容をツイートするだけのアカウントだが、14時45分(日本時間)に突然、サイトのURLとともに「Hacked」(侵入完了)と書き込まれた。ツイッターのアカウントを何物かが乗っ取った上で、自らが攻撃を加えたサイトのURLを書き込んだ模様だ。ツイートは続々と書き込まれており、北朝鮮関連サイトへの攻撃が拡大していることが分かる。

 「反帝民族民主戦線」と「私たちの民族講堂」のウェブサイトのトップページは、西遊記の猪八戒のイラストに金正恩氏を合成した画像に書き換えられた。正恩氏の腹部にはミッキーマウスが描かれ、ミッキーマウス好きを揶揄している。

 この画像には、「100万ドル」という指名手配の報奨金の金額とともに、

  「大陸弾道ミサイルと核兵器で世界の平和を脅かしている。人民が餓死している傍らで金銭を浪費している。強制収容所と世界最悪の人権侵害」

と、政権批判のメッセージも添えられている。

アノニマスを象徴する覆面の画像も
 また、民族和解協議会「光明」のトップページは、北朝鮮国旗をバックに、覆面の画像に書き換えられた。覆面はアノニマスを象徴するとされ、アノニマスによる犯行を印象付ける狙いがあるとみられる。

 それ以外にも、画像投稿サイト「フリッカー」上で「我が民族同士」が運用しているアカウントも乗っ取られた模様で、「TANGO DOWN」という文言とともに、覆面姿の男女が踊る画像がアップロードされている。

 ツイッターで攻撃対象として名指しされた「我が民族同士」は、つながらない状態が続いている。
(J-CASTニュース 4月4日(木)16時11分配信)

「ハッカー」という用語は、ネットワーク経由で他者のコンピュータをいじくりまわし、HPを書き換えたりウィルスを放り込んだりHDDをクラッシュさせたりして悦に入る人、というイメージがあるんですけど、ホントは違うんですよ。そういうのはクラッカーって言います。
ハッカーといわれるのは、高度なネットワーク知識と高邁な理想を持つ人。
別窓 | 変なヤツとおかしなモノ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。