市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

総裁

39.jpg
↑これは大川興業総裁の大川豊氏です(笑)
自民党の総裁選だそうである。ついこないだまで、「自由民主党総裁=日本国総理大臣」だったわけだが、自民党が衆院選に大敗して下野した今、最大野党の党首選でしかなくなったわけだ。
候補者は西村康稔河野太郎谷垣禎一(敬称略)の3人。僕のような市井のいち庶民から見ても、「小物ぞろい」という感は否めない。安倍晋三、麻生太郎といった切り札をすでに切ってしまっているし、落選してしまった実力派もいるしで仕方のないことかも。
自民新総裁に谷垣氏選出
 自民党総裁選は28日午後、党員票の開票と党所属国会議員の投開票が行われ、谷垣禎一・元財務相(64)が、第24代自民党総裁に選ばれた。
 谷垣氏は国会議員票(199票)と党員票(300票)の計499票のうち、約6割の300票を獲得した。
 河野太郎・元法務副大臣(46)は144票、西村康稔・前外務政務官(46)は54票、無効票が1票だった。
 総裁に選出された谷垣氏は「もう一回、政権に復帰できるよう全身全霊をかけて職務にあたっていく」と決意を語った。
(2009年9月28日14時52分 読売新聞)

下馬評どおり、ハニ垣こと谷垣禎一元財務相が自民党総裁に選出された。村山内閣のときの河野洋平に加えて、総理大臣に就任していない自由民主党総裁が一人増えた。政局の行く末によっては総裁在任中に総理大臣に指名される可能性はゼロではない。ただし、ほとんどゼロと言い切れるところがなんとも。
自由民主党は、再三言われるように、結党以来の最大の危機を迎えている。憲法改正を党是とした保守政党であるはずだったのに、政権与党の座にあまりにも長く居すぎたために、その党是を忘れ、保守政党であることを忘れている。政権維持のためのシステムだけが機能し、本来の政治活動のためのシステムはすべて機能不全を起こしているように感じるのだ。
自由民主党は、派閥政治といわれる政治形態を用いて政権与党の座にあり続けた。派閥とは、党内政党なようなものといえる。保守政党でありながら、派閥は左傾したところも右傾したところもあり、派閥の力関係によってリベラル的にもタカ派的にも動く。自民党政治自体が、一種の擬似二大政党制だったわけだ。しかし、自民党も分裂を繰り返して民主党と合従連衡を行ったり新党を立ち上げたり、いまや自民党に残ったのは麻生・安倍の首相経験者とその一派を除けば、民主党の重鎮となっていてもおかしくない面々だらけである。谷垣新総裁にしてからが、「あの」加藤紘一の番頭だからして…。
新生・自由民主党に期待するのは、結党の精神に立ち返った保守政党の再構築、これのみである。いっそのこと、新党を立ち上げてくれてもかまわない。正しい保守政党であるのなら、微力ながら全力で応援する。
平沼赳夫や西村眞吾ら保守系の政治家が結集してくれないかと痛切におもう、秋の夕暮れである。
スポンサーサイト
別窓 | 憂国 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ネコと弔問と外国人参政権

090927-141305.jpg
最近の出来事。
いいほうのヤツ→娘がネコを拾ってきて、飼うことにした。僕の育った家は皆ネコが嫌いだったので、飼えなかった。茶色いトラなので、タイガースファンの僕はとてもうれしい。子ネコを見てると和むんである。ネコミルクを飲んで、おなかいっぱいになってうつらうつら、ガクンと寝入ってしまうさまなど、子供たちの幼い頃を思い出してしまう。
ペットを過剰に人間扱いするほうではないのだが、子ネコを指して自然と「この子」と言ってしまってる自分に気がついてしまった。ネコとして我が家の一員になったこの子の、名前はまだ協議中である。
ショックなほうのヤツ→10年ほど前に転職した元同僚が、心不全で急死した。この元同僚は野球部あがりで身長185センチ体重ほぼ90キロと、営業マンとしてはオーバースペックなくらいの怪力と体力を持つ男だった。転職後も近所に住んでいたため、呑みにいこうと誘えばいつでも出てくるような付き合いをしていた。呑んで帰って普通に寝入り、次の朝には心停止していたと言う。今は違う会社にいることもあり、彼の奥さんは敢えて僕らには通夜葬儀の日程は伝えなかった。人づてに彼の悲報を聞き、昨日自宅へ弔問に伺った。
彼の巨躯は30数センチ四方のハコに入るような壺に収まり、その後ろ、写真の中笑みをたたえる彼がいた。でかいのは身体だけではなく男としての持ち物も並外れてでかかった彼とは、酔っ払って持ち物を見せ合ったものだった。彼との思い出は、酔ってバカやったことだけ。
写真に向かって僕はつぶやく。
「なんの冗談だ、バカ」
怒髪天を突いたヤツ
公明、外国人の地方参政権付与法案を提出へ
 公明党の山口代表は26日、静岡市内で記者団に、永住外国人に地方選挙権を付与する法案を10月中下旬にも開かれる臨時国会に提出する方針を明らかにした。
 公明党は1998年以降、与党時代も含めて、たびたび同法案を提出してきた。しかし、連立を組んでいた自民党内に慎重論が強く、2005年の衆院選後に提出した法案を含め、すべて廃案になっている。
 同法案を巡っては、民主党の小沢幹事長が19日、李相得(イサンドゥク)・韓日議員連盟会長に次期通常国会への提出に前向きな姿勢を明らかにした。同法案成立に向けて「共闘」が成立すれば、公明党が野党に転落して以降、初めて民主党と連携する機会となる。
 ただ、民主党内でも、慎重派と積極派が対立しており、意見の集約は図られていない。山口代表は連携について、「民主党がどういう政策決定をするかは定かでない。否定的な意見もあるようなので、よく見定めて検討していきたい」と述べるにとどめた。
(2009年9月26日20時01分 読売新聞)

「なんの冗談だ、バカ」
思わず叫んでしまった。
この件に関し、「賛成派」の連中の言い分はこうだ。
○永住外国人は住んでいる地域に意見を言う権利がある
○税金を納めている人に選挙権があってもいいと思う
○外国人というグローバルな視点から地方行政を眺められる

まぁ、耳障りのいい言葉で飾っているわけだ。しかし、「永住外国人」とする時点で誰を対象にしているか一目瞭然ですわ。
「特別永住許可」を得た在日朝鮮人にほかなりませんわな。
在日外国人というのは一時的に日本に滞在してる人であり、母国を持ってますし母国を誇りに思ってます。意外と知られてないけど、福岡ソフトバンクホークスの前監督で現会長の王貞治氏は、中華民国籍。父の国である中華民国に誇りを持っているわけです。同僚の張本勲氏も韓国籍を貫いてます。同じ気持ちだそうです。
普通なら、母国の選挙権を要求するのが、正しい国民じゃないのかね。華僑の人々は、それぞれ住んでいる国には迷惑をかけないように独自のコミュニテイを維持している。横浜の中華街などはいい感じに出来上がってるしね。
日本生まれで日本語しか話せない、母国には行った事もないし行く予定もない、だけど国籍は日本ではない。帰化するつもりは、まるでない。
王貞治氏や張本勲氏のように確固とした意思で国籍を維持する態度には、正直頭が下がる。また、C.W.ニコルや古歩道ベンジャミンのように日本に帰化して○○系日本人として活動する道もあるはずではないか?こんな中途半端な法律で、地方を牛耳ろうとする意思が見え見えなのである。これが公明党から出てくると言うのが、すべてを物語っているわけで。
とりあえず、日本国民でないものが選挙権を得ることは憲法に違反するという判決は出てるので、よろしく。
◆平成7年判決
事件番号  平成5(行ツ)163
事件名  選挙人名簿不登録処分に対する異議の申出却下決定取消
裁判年月日 平成7年02月28日    法廷名   最高裁判所第三小法廷    裁判種別  判決
結果    棄却

判例集巻・号・頁  第49巻2号639頁
判示事項
 日本国民たる住民に限り地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有するものとした地方自治法一一条、一八条、公職選挙法九条二項と憲法一五条一項、九三条二項

裁判要旨
 日本国民たる住民に限り地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有するものとした地方自治法一一条、一八条、公職選挙法九条二項は、憲法一五条一項、九三条二項に違反しない。
参照法条
 憲法15条1項,憲法93条2項,地方自治法11条,地方自治法18条,公職選挙法9条2項

事の始まり
1990年、永住資格をもつ在日韓国人(特別永住者)が、大阪市の各選挙管理委員会に対して、
彼らを選挙名簿に登録することを求めて公職選挙法24条に基づき、異議の申出をしたことに始まる。
異議を選挙管理委員会により却下されたため、在日韓国人らが却下決定取消しを求めて訴えを提起した。

大阪地裁の判断
大阪地裁は、
(1)憲法15条の「国民」とは「日本国籍を有する者」に限られ、定住外国人には公務員の選定・罷免権は認められない、
(2)憲法93条2項の「住民」は「日本の国民であること」が前提となっている、
(3)よって日本国籍を有しない定住外国人には参政権を憲法が保障していると認めることはできないとして、請求を棄却した。
これを不服とした原告の在日韓国人は、公職選挙法25条3項に基づき最高裁に上告した。

最高裁判所の「判断」
最高裁判所は在日韓国人の上告を棄却した。上告棄却により、大阪地裁での判断が確定し、原告在日韓国人の訴えは認められなかった
判決文全文(PDFファイル)

もし、公明民主社民がこの法案を通そうとしたら、騒がねばならない。マスコミはたぶん、好意的に取り上げて一般大衆を懐柔するだろう。違憲立法を阻止せよ、国民!
別窓 | 愛国 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

東京散歩【北区王子~十条~赤羽】

僕はいわゆる営業マンで、都内にある取引先と毎日のように商談と会議を繰り返し、ときたま取引先の店舗を訪れて現場の人と話をしたりするのが主な仕事。営業車を使ったり電車を乗り継いだり、1日の仕事の5分の1は移動に費やす。
この仕事のおかげで21年前にトーホグの田舎から出てきた僕は、
本州なら和歌山県と三重県以外は県庁所在地で泊まった事があり、四国は香川県、九州は福岡県の県庁所在地で泊まった事があり、北海道も札幌と函館は泊まった。
というくらい、行くだけは行った。
特に関東地方は、通過を含めればすべての市町村に行ったと思う。
…あ、ごめんウソついた。
東京都西多摩郡日の出町と檜原村と奥多摩町と東京島嶼部には行った事ない。
とうわけで、関東の地理に関しては結構詳しい。しかし、結局は住んだわけでもなくたまに訪れたり通過してるだけなので、深くは知りえないのが本当のところ。
そこで、最近ムリヤリ趣味と言い張っている、「むやみに歩く」ことをリンクさせることにしている。普段車で通るだけの道、駅から取引先までの道なんかを、ワザと遠回りしたり寄り道したりして歩くのである。
今日は取引先の会議が予想外に早く終わったので、半分サボりで王子~赤羽を歩いた。
ここは店舗を廻るときによく営業車で通るルートである。わざとルートから外れ、十条駅へ寄り道して赤羽方面へ。ちなみに十条駅エリアには悪名高き「東京朝鮮中高級学校」があり、十条~赤羽にかけては東京23区エリアでも在日朝鮮人濃度の高いところとして有名。
王子駅を出て飛鳥山を明治通り沿いに登り、反転して明治通りから分岐。普段見過ごしていたが、橋の下に音無親水公園というのがあったのね。

090923-103702.jpg
明治通りが飛鳥山に沿ってカーブしながら下ってく隣に、静かな公園。車と都電が一緒んなってカーブを上り下りする、せわしないこの道路の隣にこんな閑静なところがあったんだな。
国道122号、北本通りの替わり道としてよく使う旧道を東十条方面へ。東十条~上野間は、線路が崖沿い(河岸段丘あと、下町と山の手を分ける境界)に走っているわけで、ちょうどのその崖のうえを歩いてる感じである。
東十条駅のほうへ降りていく道の手前に、妙な小山があった。これも普段車で走ってるとあっという間に通り過ぎてしまい、小さな鳥居しか記憶になかったが、いわゆる富士塚。
090923-110053.jpg

江戸時代盛んだった富士講の名残。ここは十条富士というようだ。一応小山のてっぺんに登り、小さな祠に国家の安寧と家族の幸福を祈願してみました。
この十条富士のちょっと手前に、十条駅のほうへ降りていく商店街が見えたのでそこを通っていく。入ってみると、車がやっと1台通れるくらいの商店街だった。「演芸場通り商店街」という小旗がずっと続く。以前訪れた江東区の「砂町銀座」に似た感じの、小さな商店ばかりだが活気が感じられるストリート。しかし「演芸場」ってのはいったい何かと思って歩いていたら、ありました。「篠原演芸場」というのが。一回も聞いたことのない名前ののぼりが翩翻とひるがえり、妙齢のおばちゃんたちが列を成して開演を待つ姿がそこに。大衆演劇といわれるジャンルの劇場のようで。これもまた日本の文化の一つ、長く続かんことを。
090923-110537.jpg

十条駅というのは埼京線の駅で、快速は止まらない(ご指摘に基づき訂正いたしました。十条駅は通過禁止駅でした)。埼京線ができる前は、池袋と赤羽を結ぶ「赤羽線」という都心ローカル線だったそうだ。このひとつ前の板橋駅前には、新撰組の近藤勇が捕縛された場所として記念碑が立ち、新撰組諸士の慰霊碑も立っているが、十条駅は非常にローカルな感じで、お世辞にも洗練されているとは言いがたい。しかし、さっきの演芸場通り商店街は踏切を挟んでまた十条銀座へ繋がる。アーケードを持つ商店街で、大手スーパーチェーンなどほとんど出店してない、純然たる商店街だ。やはり生活感は強く、活気もある。普段着で歩いてる「ガイジンさん」が結構多いような感じ。みごとに溶け込んでて、カオスっぷりに拍車をかけてる。この商店街を赤羽方面へと歩いていくとやがてアーケードは途切れ、街道をはさんでまた商店街が。こちらはアーケードはないが、負けず劣らず盛況。十条銀座よりも惣菜店や飲食店が多いようだ。その名を富士見銀座商店街。この「○○銀座」というネーミングを意固地に使い続けるところが気に入った(笑)。「○○ガーデン」とか、「○○アヴェニュー」なんてのよりよほどいい。
東京北東部はもともと「ガラの悪い」地域といえる。お世辞にも三多摩地区のようなオサレな感じはない。だが、生活者の活気はひしひしと伝わる。在日外国人までを含めた「連帯感」が感じられるのだ。タモリが「オタク文化のカウンターカルチャーとしてヤンキー文化がある」と喝破したことがある。「個として内に向かうオタク文化に対して、仲間意識を強く持つヤンキー文化がある」というのだ。たしかにヤンキーは早婚で、家族を非常に大事にする傾向が強いし、オタクは晩婚か独身主義で他社との直接的交流を嫌う傾向がある。「ガラの悪い」土地柄に生まれ育った者達が、地域を愛しコミュニティを堅持する。東京という街の江戸町民文化の、義理人情という残り香を引き継ぐのは、多分ヤンキーたちだろう。
…ただし、江戸町民文化には、芸術や工芸などに異様にのめりこんだオタク文化もあるわけで、この残り香はオタクにきっちり引き継がれている(笑)。
富士見銀座を通り抜けると、車がひっきりなしに走る環七に突き当たる。赤羽へ抜けていく裏道はないようなので、いつも車で通る道へ戻る。途中、環七をまたぐ高架を新幹線が走っていくのが見えた。僕の故郷へ走っていくやつだ。そういえば今年の夏も帰省していない。
大好きだったじいちゃんの仏壇にしばらく向き合っていない僕を、秋空の上から叱る声がしたような気がした。
別窓 | 街で見かけた。 | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨

うそはうそであると見抜ける人でないと(ry

b0061007_1031358.jpg
MSN産経ニュースの「正論」に寄せられた、櫻井よし子氏の一文である。長いが、すべて引用しよう。


【正論】民主党政権発足に寄せて ジャーナリスト・櫻井よしこ (1/3ページ)
 ■日本の衰退を決定づけないか

 政権交代で実現した鳩山内閣に国民は7割を超える支持を与えた。「政治が変わる」ことへの期待感の大きさゆえである。
 たしかに政治も、国際社会での日本の地位も変わるだろう。しかしそうした変化が、必ずしも日本と日本国民の名誉と幸福を意味するとは思えない。むしろこのままいけば、民主党政権は日本の衰退を決定づけると思えてならない。
 日本の運命は、米中両国との関係によって影響されてきた。日米間の相互理解を確実にし絆(きずな)を強め、中国の影響を最小にとどめおくことが、日本の国際社会における安定した地位につながった。
 中国の視点に立てば、日本の存在を限りなく卑小化することが、アジア及び国際社会における中国の地位の確立の基本である。
 事実、中国共産党は長年日本を第一の敵としてきた。彼らは剥(む)き出しの敵意や対立姿勢の時期を過ぎ、いまや微笑を以て対日外交の基本とする。微笑は中国の自信を表す。米欧諸国をはじめとする第三諸国で巧みに展開する、反日情報戦略の恐ろしさを覆い隠す。

 ≪米欧諸国での不条理な動き≫

 私たちはすでに、奇妙で不条理な幾つかの動きを米欧諸国で見てきた。米国下院は事の真相を確かめることもなく、慰安婦問題で日本非難の決議を採択した。カナダは、「南京大虐殺」など日本の「蛮行」を詳述した教科書を導入した。欧州でも同様の動きがある。受け容(い)れ難い捏造(ねつぞう)に基づく日本非難の歴史観と、拭(ぬぐ)い難い対日不信が国際社会に広がりつつある。

(2/3ページ)

 慰安婦決議のマイク・ホンダ氏に見られるように、この種の一連の動きの背景に中国共産党の戦略、戦術があると考えてよいだろう。中国が表で展開する微笑外交と裏で進める反日情報戦略の結果、日本は、自由、民主主義、国際法、人権と人道などの価値観を共有する欧米諸国から厳しい批判を受けるに至った。中でも米国は同盟国だ。本来ならば、より良い世界を構築するために手を携え、協力し、助け合うべき間柄だ。
 日本が非難の矢面に立たされるのとは対照的に、チベット人やウイグル人を虐殺し、人間にとって生きる価値の根本をなす自由を阻害し、およそすべての意味で価値観の相容れない中国が、いまや、微笑を湛(たた)えて、米欧諸国のパートナーとなっているのである。
 中国は日本の前に「貶(おとし)めの壁」を築き上げた。その壁を打ち破ることが日本にとっての重要な課題となっている。外交でもビジネスでも、日本は本題の前に、歴史について説明しなければならない立場に立たされている。面倒であり、摩擦の元凶だとして説明を避ければ、中国の主張を認めることになる。だが、日本が説明しても弁明だと受け止められてしまう。状況は非常に厳しいのだ。
 そもそも歴史問題において、日本と戦った米国に、真の意味で日本の主張を理解し、日本の側に立つ人物がいるとすれば、その人物は少数派に属するであろう。にも拘(かかわ)らず、米国人が日米関係を米中関係よりも重視するとしたら、それが米国の国益につながるからである。米国の国益に資することがなくなれば、彼らの対日姿勢が変化するのも当然である。

(3/3ページ)

 ≪米中両国の深い谷間の底に≫

 日本が日米関係を必要とするように、米国も必要としているのか。日米同盟が日本の国益にとって重要なように、米国にとっても重要なのか。自民党政権は、日本の命脈に関(かか)わるこの点を十分に考えてこなかった。対策を講ずる能力を決定的に欠き、自衛隊を真っ当な軍隊として位置づけることも、集団的自衛権の行使に踏み込むこともしてこなかった。一方的な米国依存で、米国の顰蹙(ひんしゅく)を買った。歴史問題においても、反発を恐れるあまり、十分な説明と丁寧な自己主張を避けてきた。これでは日本は信頼されない。
 だが、民主党政権には日米関係を深め、緊密化する考え自体が欠けている。東アジア共同体を推進し、中国にシフトするかのような鳩山由紀夫首相の主張はすでに米国に対日不信を抱かせている。「日米対等」を謳(うた)う岡田克也外相は、日本が自前の軍事力で自身を守れる国になることで対等の域に近づこうとするのではなく、米国に注文をつけることに重きを置いている。
 このような民主党政権であれば、米国は同盟に疑問を抱き、中国との連携を深める道を選ぶだろう。米国の中国重視がすでに明らかないま、中国の最も望んでいた日米同盟のなし崩しと日本の地位の下落を、鳩山民主党が先頭を切って加速させようとしているのである。民主党が米中の緊密化に正当性を与えようとしているのである。結果として、日本は米中両国の影に染まった深い谷間の底で、誇りなき姿で蹲(うずくま)り続けることになるのではないか。私はそのような事態の出来(しゅったい)を憂えている。(さくらい よしこ)
MSN産経ニュース 2009.9.21 03:23

民主党にももと自民・民社の議員がおり、左派系一辺倒の政党ではない。たけしのTVタックルのような論壇番組に出演する民主党議員は結構保守系寄りの議員が多い。しかし、党の政策決定など、いわゆる「中の人」は、旧社会党をしっかり引き継いでいる。そしてその最大支持母体は「連合」、日本最大の労組連合体であることはご存知の通り。自治労・日教組も参加してる団体だ。
こういう政党が、ついに日本の政権与党になった。予想されるのはどういうことか。
中国共産党 「日本解放第二期工作要綱」という怪文書が描く世界の現実化である。あくまでも怪文書なので引用はしないでおくが、まだ読んだことのない方には、ぜひご一読をお勧めする。
マスコミは事実を報じない。テレビにいたってはもはや救いようがないほど凋落しているし、新聞もラジオも恣意的な情報しか流さない。ネットのニュースももともとは新聞社や通信社の配信であり、丸呑みするわけには行かない。無論、ネット自身がゼッタイに信頼できるメディアでない(鳩山内閣の支持率 ニコ動調査では「25.3%」)ことは百も承知だ。情報とはニュースだけではない。ネットの充実は、図書館へ行かずとも資料をそろえることができるようになったなど、思考のための材料を得やすい環境を作り出した。思考することが、情報に踊らされない最大の防御である。
情報操作による人身操縦は、中国共産党政府のお家芸である。シナ大陸を駆け巡り覇権を争う歴史の積み重ねであるかの国は、虚虚実実の情報外交戦に長ける。大きな内乱を400年以上前に終了してしまった日本は、どうしてもこの面で劣る。情報という名のウソを的確に見抜き、思考を重ねていくことが生き残る道だ。「ウソも100回言えば本当になる」ってのは実は真実で、本当になってしまったウソは、確実にその対極にあった事実を駆逐する。日本を貶めるものを赦すことはない。
別窓 | マスコミ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。