市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民社党今ありせば

senkyoginza74.jpg
この数年、自宅では産経新聞を購読していたんである。一応保守派を自認する身でもあり、産経新聞は今のところ一番保守系な新聞だということで。精神衛生にいいんですな、やっぱ。
しかし産経新聞は「全国紙」のなかでは最低の地位であるため、オリコミ広告が少ない。そのあたりカミさんが嫌気し、8月から読売新聞に変わってしまった。アンチ巨人で阪神ファンの僕に向かって、よくそんなことができたもんだが、カミさんには一切抵抗できないので暗黙の了解。まぁうちのカミさんも勧誘員の質の面で朝日新聞が大嫌いなので、助かった。
んでもって、今更のようにこんなステキなコラムを発見するわけである。
【産経抄】8月30日
 「新党」という言葉には独特の響きがある。最近、といっても10年以上も前になったが、「日本新党」や「新党さきがけ」が誕生したときには、確実に政界の新しい時代を予感させた。既成政党に飽きた人たちを刺激する「魔力」を持った言葉なのだ。
 ▼しかし戦後政治史で、最も特筆すべき新党は民社党かもしれない。昭和35年1月、当時の日本社会党から西尾末広氏ら右派五十数人が分派して結成した。日米安保条約改定に絶対反対の社会党に対し、現実的安保論議を求めて対立した末の新党だった。
 ▼自民党と社会党がひたすら対決するというそれまでの政治にクサビを打ち込んだ。安保改定を押し切った岸信介首相の後継に西尾氏を推す動きが自民党内にあったほどである。「何でも反対」の社会党がその後、衰退をたどるのも、民社党の現実路線のせいといってもいい。
 ▼その民社党などの流れをくむ民主党から2人の参院議員が離党、無所属の2人とともに「改革クラブ」を結成した。久しぶりの新党である。もっとも代表になった渡辺秀央氏はもともと自民党のベテランだ。新鮮さに欠けるし、人数も4人ではあまりにさびしい。
 ▼ただ離党組の一人は「野党だから反対、でいいのかと思っていた」と語っている。限りなく「何でも反対」の旧社会党に近づきつつある民主党に嫌気がさした面も強い。だとすれば小なりとはいえ、「平成の民社党」を目指すという見方をしても無理はないだろう。
 ▼だから、新党は今後、自民党と歩調を合わすことが増えそうだ。これに対し民主党からは「泥舟の与党に走るなんて」という冷ややかな見方があるという。当然だろう。しかし「何でも政局」の民主党が「泥舟」にならないという保証もない。

僕が選挙権を得た頃にはまだ民社党は存在していたんだが、僕が暮らしていた街には候補者がいなかったんで、投票ができなかった。wikiで民社党を改めて調べてみると、今の僕の政治的志向に最も合致する政党であるとわかる。民社党出身で元民主党の西村眞悟議員が改革クラブに加入したが、古巣の民主党を痛罵している。
西村真悟の時事通信(平成20年8月30日号)
No.368 平成20年 8月30日(土)
西 村 眞 悟
(前略)本日(八月三〇日)の産経新聞「産経抄」に、民社党のことが書かれていた。この「産経抄」に触発されたので、次の通り述べておきたい。
私は、民社党の最後の公認候補として平成五年に始めて議席をいただいた。
その後、平成六年十二月九日、第四十回臨時党大会で民社党は解党した。
民社党は解党しても、私は民社党なき民社党路線を貫いてきたと自負している。それは、党歌にあるとおり、「今ぞ集う 勤労の同志、今ぞ集う愛国の同志」の路線である。
従って具体的に拉致被害者の救出と尖閣諸島防衛に取り組むことは民社党路線としては当然のことである。勤労の同志も愛国の同志も、国民と領土を守る為に集うのである。何処かの組織で流行っているゴルフをするためではない。
さらに、誇りある国家の防衛即ち国防は、国民が担うのであり、国家の国防体制の確立は当然のことである。春日一幸民社党委員長は、防衛大学校の卒業式に必ず出席していた。
従って、全国各地の拉致被害者救出運動や歴史教科書を是正することを目指した運動の参加者に民社党出身者が多いのは当然のことである。
政府認定の人達だけが拉致被害者ではない。政府認定の他にも被害者は大勢いる。政府が知ろうと努力していないだけだ。この政府に頼らずに、人知れず苦しんでいる拉致被害者発見のための調査に取り組んでいる特定失踪者問題調査会代表で拓殖大学教授の荒木和博氏は、民社党の書記局にいた。そして民社党解党の日に、ビルの屋上で最後まで民社党の旗を振っていた。
さて、本日の「産経抄」に戻る。
この度民主党を離党した議員に関して、「限りなく『何でも反対』の旧社会党に近づきつつある民主党に嫌気がさした面も強い」と述べられている。
しかし、これは正確ではない。今の民主党は旧社会党に近づいているのではない。既に、それ以上にたちが悪い。
旧社会党には、マルクス・レーニンもしくは毛沢東という左翼イデオロギーがあり理屈があり、この理屈に従って自由主義陣営に属する日本国の運営に対して「何でも反対」をしていたのだ。
つまり、馬鹿は馬鹿なりに理屈が通っていたのである。
しかし、今の民主党には理屈がない。理屈がないのに反対する。しかも理屈がないから「大連立合意」もすぐできる。それが通らなければ泣いてまた戻る。戻ればまた「何でも反対」になる。
また、旧社会党は馬鹿な理屈であれ理屈をもっていたから、そこにいる議員は、その理屈に納得してそこにいたのであろう。
しかし、今の民主党には理屈がないのであるから、そこにいる議員は何に納得してそこにいるのだろうか。
民主党内には「国連中心主義」とは馬鹿の言うこと、我が国のインド洋におけるプレゼンスは必要、日銀総裁は政府の人選でよい、こう思っている議員が多くいるのを知っている。何故彼らは、自分の考えと違う国益に反することに羊のように従っているのだろうか。
つまり、民主党は政党ではなく、そこに住み着くと、賄いがあり、税金から補助があり、何かと便宜を図ってもらえる○○収容キャンプなのだ。
かつて、小渕総理の時の自・自連立解消後、衆議院本会議場に国旗日の丸を掲げる提案が為された。私がいた自由党は当然賛成するものと疑わなかった。しかし、責任者は「日の丸を掲げることに反対した」という。
「えっ、何で」と驚く私に対して、「野党ですから」と言う答えが返ってきた。国旗掲揚に反対が当然と信じ込んでいる顔であった。この人達が今民主党の幹部である。
彼らは、仮に自らの信念に反しても、野党になれば何でも反対するのが政治だと思いこんでいる。この病気を目の当たりに見てきたので、先の「大連立の合意」と、それを泣いてあきらめてまた「反対」に戻るいきさつは手に取るように解った。
それにしても、この時、党首自身が「民主党には政権を担当する能力がない」と言ったのである。これが間違っているのならば、党首選挙が無いのがおかしい。正しいのなら、今回のように離党者が出るのは当然である。離党者が少なすぎる。
よって、要するに、旧社会党より今の民主党の方が「たちが悪い」
ともあれ、東アジアの状況と我が国の現状の中で、現在進行中の政界再編を促す底流については、これ以上触れずに、後に報告することにして、ここは、民社党のことに戻り、次のことでひとまず筆を擱いておきたい。
民社党の口伝。民社党の先輩は次のことを教えてくれた。
「世の中で、正しいことをみつけるための手間のかからない便利な方法がある。それは、社会党を見ていることだ。社会党が反対していたら賛成するのが正しい。賛成していたら反対するのが正しい」つまり、社会党にも存在意義があったのだ。今の民主党にもこの意味での存在意義があるのかも知れない
。日本国家の将来のために必要なのは、民社党的集団である。
民社党出身者として、本日の産経抄氏に感謝する。
(了)
(西村慎吾メールマガジンより引用)

二大政党制とは、与党の言うことにすべて反対するものだというおかしな方法論。僕がどうしても民主党を好きになれない大きな理由が、西村議員の言葉のなかにある。
スポンサーサイト
別窓 | 憂国 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

たばこ

200809152028000.jpg
懺悔します。僕は高校生の頃から喫煙常習者です。解雇しないでください。
そういうわけで、普通の人よりも余計に税金を払い続けてきた。僕のオヤジというのはヘンにさばけたところがあって、
「オレも高校の頃からたばこを喫っていたからな、たばこを家の中で喫う分には、よし。ただし外では喫うな。なぜなら未成年はたばこを喫ってはいけないからだ。家の中ではオレが認めればそれでいいが、外ではそうはいかない。」
という論理だった。結構納得できたのだが、親父の言いつけは破るためにあるとの格言もあるように、喫煙で1回停学になった。そのときの生活指導教諭の説諭。
「未成年がなぜたばこを喫ってはいけないのか。それは、たばこの半分以上が税金であり、社会人としてまだ認められていない君たち高校生がその税金を負担するいわれがないからだ。つまり、おこがましいと言うことだ」
これも結構納得した。この教諭はたばこの火が700℃以上の温度があり火災の危険性が非常に高いことなどを挙げ、僕を説諭した。実はもう1回ほかの教諭に見つかっているのだが、このときはビンタ一発で勘弁してもらったのだ。20年以上前の田舎の高校での話だが、教諭と生徒の間には、しっかりした信頼関係は確実に存在していた。オヤジと息子の関係も然り。
まぁその後も喫煙の習慣は直らず、受験勉強をセブンスターくわえて真面目に行ったおかげで、田舎の国立大に引っかかった。その後もたばこをくわえたまま中小企業に入社し、たばこをくわえたまま結婚し、たばこをくわえて子供を作り、たばこをくわえて浮気もした。
それが、である。いい歳になってきて同僚がたばこをやめ、親兄弟もたばこをやめ、退職した昔の上司が次々と病死するに至って、ついに僕もヒヨることにした。
いきなりやめると精神衛生上よくないので、まず本数を減らす。これまでセブンスター並みのニコチンタールのたばこを3日で2箱喫い続けたが、1日3本までとした。無論、たばこは持ち歩かない。会社のデスクに入れておく。
約1週間続いた。止められるだろうか。
本当は、1日の終わりに、悠然と一服する、というのが理想なのだが。たばこの価格が非常に高い国では、酒場でたばこのばら売りをすると聞く。5本入りセブンスターとか出してくれんか、JTよ。
別窓 | 日々徒然 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

となりの経済

84353.jpg
2007年6月にはKOSPIが1800越えましたが。今日現在、1400台でつ。
(´・ω・)カワイソス
春先から取引先が増え、忙しくなってまして。
この夏、そのご新規様がえらく仕事をくださいましてですね。おかげさまで夏休みなんてありませんよ。
夏休み (゚Д゚)ハァ? 何それ
こんな感じですわ。土日の休みも2週に1回は無くなるくらい。このご新規様はヤ○ダ電○で問題になったようなことを結構平気で依頼してくるんですけど、僕は○マ○電機で問題になったような件とゆーのは問題だと思わないほうなんで。
「営業の一環」だとしか思ってないんでね、嬉々としてやってましたよ。夏の繁忙期のルーチンワークやと思ってますし。えぇ社畜ですよはい。仕事好きだし。
まぁだいぶ落ち着いてきまして、数字のほうもなんとかかんとか。遅い夏休みをいつ取得しようかと考えてるうちに、また年末の繁忙期がやってくるんだけどね(涙)
忙しく働いてる間も、2ちゃんの東亜板、経済関連スレをチェックしてました。東亜板こと東アジアNews+は、2ちゃんでは悪名高き隔離板だけんども、政治・経済・文化・歴史・軍事・食・アニメなどなど各方面に怖ろしいばかりの碩学な人々がおいでで、非常に勉強になります。
この夏、ひそかに盛り上がっているのが、韓国通貨・ウォンの下落と、韓国経済危機説。東亜板の経済関連スレと極東板の韓国経済wktkスレ、市況2板のウォンを看取るスレを一通り読んでたら、結構な耳学問になりました。各板より、テンプレを引用しておきます。
wktk】韓国経済ワクテカスレ
3 名前: 日出づる処の名無し [sage] 投稿日: 2008/09/01(月) 02:31:48 ID:toUvITH0
韓国経済wktk初心者用テンプレ(電波小僧氏レスから改変)

誰も韓国経済の破綻なんか仕掛けていません。誰かが画策演出したのではなく、
韓国が韓国の自己責任において勝手に破綻しかけているのです。

首都圏工場の新設禁止・増設禁止なんて馬鹿な規制を仕掛けて、
国内に循環するはずだった設備投資を外国へ誘導したのは前政権です。
鵜飼経済だって日本が仕掛けたものじゃありません。
サムソンなり現代なりの経営判断で「選択と集中」を実施した結果です。

中小企業が育たず、財閥経済に寄りかかっているのは、
外資のせいではなく歴代政権の怠慢に過ぎません。
チョンセ権を土地担保の貸し出しよりも上位に優遇し
右肩上がりを前提にしたチョンセを廃止しなかったのは、
韓国の法制であって、外資のせいではありません。

貯蓄をせず小金が溜まると貴重な外貨を外国で散財してくるのは、
国内のサービス産業育成を怠った政府・財界が責められるべきでしょう。
留学名目で子弟を外国に出し、資産を外国に逃避させるのは、
行き過ぎた平準化教育と、その陰にチラつく北朝鮮の影響のせいなのでは?

明らかにバブっている株式市場に個人が信用5階建てで突っ込むのは、
誰に頼まれた事でもない、韓国人自身の判断です。

韓国の経済をここまで歪ませたのは韓国自身です。歪みはやがて解放されます。
ヘッジファンドなどの外資は、その時に備えるべく、或いはその期を捉えるべく、
リスクとリターンのバランスを慎重に計算し時を計りつつ、
在る者は色々と策を練り準備をし、在る者は逃げ出しているのです。

捏造と歪曲に生き謝罪と賠償に燃えた者共よ、あぁむべなるかな。
汝らにこの言葉を捧ぐ「さよなら韓国、楽しかったよ。」

5 名前: 日出づる処の名無し [sage] 投稿日: 2008/09/01(月) 02:35:20 ID:toUvITH0
韓国経済現況のテンプレ ver. 2008.8
・世界に類を見ない「経常収支」「資本収支」「財政収支」「家計収支」「企業」「中央銀行」の"六つ子の赤字"。
・経常収支は07年12月以降連続赤字。 貿易収支も07年12月以降連続赤字(通貨危機直前の97年7-10月以来初)。
・慢性的な対日貿易赤字>貿易黒字全体で、2007年は対日貿易赤字がついに3兆円を超えた。完全に経済植民地状態。
・高品質な製品は日本に、低価格な製品は中国に奪われる"サンドイッチ"経済状態。
・根幹技術や特許が無い。工業製品のコアパーツの大半が技術力不足のため製造不可能で、日本からの輸入に頼っている。
・中国などで苦労して稼いだ貿易黒字を日本で使い果たす"鵜飼いの鵜"経済。
・大企業10社のうち4社近くが赤字で、中小企業ではほぼ壊滅状態。設備投資が絶賛減少中。
・世界で唯一、中央銀行が赤字経営。
・サブプライムで暴落するドルに対しても下げ続ける最弱通貨ウォン。外国人投資家が資金引き上げ中。
・2008・Q2時点での対外債務は4197.6億ドルに上り、うち流動外債<短期外債(1756.5億ドル)と1年以内に返済しなければいけない長期外債>は2223億ドルに増加。
・2008・Q2時点で「流動外債(2223億ドル)/外貨準備高(2581億ドル)」比率は86.1%に上り、IMFの健全性基準60%を大きく超過。
・外債の利子も海外から借金しており、ロールオーバ(借金の借り換え)が70%程度しかできていない。
・2008・Q2時点の韓国の対外債権は4224.8億ドル。一方対外債務は4197.6億万ドルで同国の対外純債権は27.1億ドルとなり、2008・Q1の149.5億ドルから激減。
・「通貨安定証券」と呼ばれる隠し債務が中央銀行に約2000億ドルあると言われる。
・国内で流通している資金の大半が株式市場に過剰投入されている為、銀行などが資金不足に陥っている。
・産業育成の要である主要銀行や主要企業の大半が外資に押さえられている。
・1998年の通貨危機直後以来の売れ残り住宅があり、明らかな過剰住宅バブル。
・韓国版サブプライムローンと言われる不動産のゆとりローンという爆弾を抱えている。
・日本の借金を住宅ローン(貸し手は身内)に例えれば、韓国のそれは闇金・サラ金からの借金(貸し手は外国)。
・極めて低い貯蓄率なのに借金して株と不動産を買っているので、暴落したら即刻自己破産。
・人口比率でアメリカに次ぐ自己破産件数(2007年時点、日本の約2倍)、国民の1/5が借金生活。
・世界一の少子・高齢化社会。ハンガリーを抜く世界一の自殺率。OECD中アメリカに次ぐ離婚率。世界有数の格差社会で、ホームレス(特に若年層)が急増。
・全教組と平準化教育のために学力の絶望的低下。国民総所得は日本の1/2なのに、日本よりも高い学費。
・未来を支える10~20代が年間数万人単位で母国を見捨てて海外へ。一方で北朝鮮から超絶貧乏人が亡命にくる。
・非正規社員が60%で、一流大学でさえ2人に1人しか就職できない。大卒全体では4人に1人。
・法を軽んじ、契約を守らず、借金に抵抗のない国民性。
・北の工作員に扇動され、平和的なキャンドルデモと称しつつ流血・車両破壊・流通不全・行政機能不全を引き起こし、「敢えて経営環境が不安な韓国に投資する理由がみつからない」と言われる始末

韓国経済のよくない部分だけ抜き出して羅列しているとか、日本ももっと深刻だとか反論されるむきもあろうが、一番問題視すべきは最後の項目。
>・北の工作員に扇動され、平和的なキャンドルデモと称しつつ流血・車両破壊・流通不全・行政機能不全を引き起こし、「敢えて経営環境が不安な韓国に投資する理由がみつからない」と言われる始末韓国の労働争議の件数は異常ともいえる数。この背後には、北朝鮮とそのシンパが確実にいるわけで。10年前のIMF導入以来、2期続けて親北・容共政権が韓国を治めたわけだが、その間に社会の中枢にそれらの人物が浸透した。日本とて笑い事ではないんである。いわゆる団塊の世代が一線を退きつつあるものの、その薫陶を受けた人物は少なからず存在するし、マスコミはいまだに反権力を気取った親共の牙城である。
そもそも韓国は、反日であるのは致し方ないにしても、反共というキーワードで日本の保守系政治家とは確固とした結びつきがあった。朝日や毎日などの左派系紙は、つい20年くらい前までは韓国のことをボロクソに書いていたもんである。現在韓国から極右紙と罵られる産経新聞などは、親韓の代表だったわけで(産経新聞ソウル支局長の黒田氏なんかは、親韓派の代表だしね)。日本と違い大統領制のかの国は、トップが替われば国の性格が全く変わるんである。先のノ・ムヒョン政権で、日本の保守系政治家や知識人・市民と韓国の反共保守系政治家・知識人・市民とのパイプは完全に絶たれたといわれる。
そうした中、日本でも親共系マスコミの宣伝は徐々に空しく響くようになってきている。NHKが大金かけて放映権を買ってあげた韓流ドラマはことごとくコケ、公明党が鼻高々にぶち上げたノービザ渡航によって韓国人の犯罪が増え、「朝鮮やっぱダメ」の空気は浸透してきてると感じてる。
春先に1000ウォンを切って990ウォンだった対ドルレートは、今日9月1日には1116円を突破している。3月に借りた1ドルを今月返済するとして、利息はもちろんのこと、126ウォン多く払わねばならないわけだ。借りているのが1ドルや2ドルでないことは当然。為替差損はいかばかりかと背筋が寒くなる思い。輸出企業が国家の根幹を成す韓国であるが、原油高や国内の高コスト製造の構造(ストライキ、ね)や主幹部品を輸入に頼っている現況では、ウォン安の恩恵など消し飛ぶだろう。
「韓国 ウォン安」のキーワードでニュースをググっても、ヒットするのは韓国紙の日本語版ばかり。日本のマスコミは華麗にスルーしている。「韓国に興味がない」からなのか、「韓国のブラックな情報は載せない」からなのか、この秋から冬にかけてわかってくるだろう。前者なら最後まで華麗にスルー、後者なら経済危機が現実のものとなったとき、一斉に「韓国に経済援助を」の記事が毎日のように画面と紙面を飾ることだろう。

別窓 | 東アジア問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。