市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

侮日新聞の罪と罰


テレビや新聞が決して報じないことを、ネットは徹底的に報じる。そのことが、既存マスコミがネットを毛嫌いする要因ともなっているわけだ。これまで情報操作を一手に請け負ってきた既存マスコミが、自分のコントロール下に置けなくなったネットを忌み嫌うのも良くわかる。
マスコミが伝えなかった件といえば、在日朝鮮人の問題をはじめとする朝鮮半島がらみの問題。20世紀までは、朝鮮半島の人間には、日本人は何をされても抗議ができないということとなっていた。「過去の悪行」をことさらに喧伝され、朝鮮半島の人間がどれだけ純粋な存在で、それを日本人がことごとく蹂躙し続けていたのだというプロパガンダが、大手を振って片側五車線くらいでまかり通っていたからだ。
その虚構は、ネットの充実と2002年サッカーワールドカップによって多くの皮膜が引き剥がされた。いわゆる強制連行の虚構、いわゆる在日朝鮮人の特権。左派系諸氏によって牛耳られていると専らの既存マスコミが、苦虫を丼いっぱい頬張ったくらいの衝撃といえるのではないか?
そして、嘘つきのマスコミの東西横綱が、朝日新聞と毎日新聞である。朝日新聞はかの有名なさんご礁事件。毎日新聞は傘下のTBSによる坂本弁護士事件への影響。どちらも、昨今マスコミをにぎわす食品偽装など足元にも及ばぬくらいの重大過失なのだが、当人たちはいけしゃあしゃあとしている。
そして。毎日新聞が最近やらかした、無責任なネット記事の垂れ流しである。僕も一部読んでみたが、まぁ、読むに耐えない。実はこの記事群の多くは、「実話誌」などの記事の翻訳である。これらの雑誌は、記事の多くがヤクザ情報や風俗情報で満たされ、真偽定かでないゴシップで埋め尽くされている。コンビニなどで成人向け雑誌として販売されているので、僕も数度買ったことがある。ムロン、「バカ話が読みたい」と思ってるからである。ンで、この記事は記憶がある。
「看護婦のトンでもない生活」
あまりに低俗なので引用しないけど、日本の女性看護師は、常に性的なサーヴィスをするために存在しているのだよと嗤っているようなもんだ。僕が読んだもとの雑誌のその記事は、雑誌見開きのカラーグラビアページだ。まぁそのテの雑誌をご覧になったことのある紳士諸君にはご理解いただけると思うが、こういうページとゆーのは、扇情的なグラビアがメインで、テキストとゆーのはただの添え物、グラビアの状況説明のようなもんである。エロ度が高い雑誌のグラビアで、女性看護師と来たらあんた、普通はただのエロ写真ですよ。それに付随してるキャプションをマジに取るバカが日本人にいますかいな。
だが。
それを英訳して、いやしくも日本の四大新聞の一角と自負する毎日新聞の英字サイトで、トバシ記事を延々とアップし続けていたわけだ。僕は元記事のエロ本のほうも非常に好きなんである。ウソやネタとして、笑って読めるからだ。しかし、その記事を英訳して、新聞の英字サイトにアップする行為は、果たしてどうなのか。毎日新聞といえば、日本の新聞社としては最古の歴史を誇る一端だろ。誰か止めなかったのか、おい。
この新聞社には、日本の新聞社ながら「日本を貶めることに精を出す」傾向が強く見て取れる。畏友諸君、日本を貶めることに精を出す腐れ新聞社に対して、怒りの声を上げようではないか。まずは、かの新聞社がクサレであることを、友人知己に宣伝して行こうではないか。
関連リンク
毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki
毎日新聞問題の情報集積wiki

毎日新聞
おまけ。明確なソースはないが2chで出回ってる。
167 名前: 可愛い奥様 投稿日: 2008/06/29(日) 18:40:41 ID:3v+yXf0P0
主要新聞各社のサイト内ピー文字検索結果集計修正版

          毎日    読売    朝日    産経
セックス     218,000  1,660     98     177
フェラチオ        8     0      0      0
冬のソナタ      562    88     59     24
ヴァギナ        4     1      0      0
ペニス         46     9      5     34
エロ          376    25     85     87
オナニー        6     2      2      0
体位          56    21      6      6
クリトリス        9     0      0      0
アキバ       17000   2700    96     738
メイド喫茶      468     8     32     17
マスターベーション 14     1      0      0
援助交際       246    136     13      120
Gスポット        8    0      0       0

素晴らしきかな毎日新聞
スポンサーサイト
別窓 | マスコミ | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

断固団交

72fdb8db.jpg

体質的に、「労組」「団交」みたいなヤツが嫌いなんである。
僕の会社は中小企業に毛が一本生えてるようなもんで、一応従業員労働組合はある。ジツは昔、労組分会のいいんちょもやった(笑)。うちの会社の労組は従業員親睦組合みたいなもんで、悪く言えば「御用組合」である。主な仕事は昇給と賞与の交渉。会社首脳との交渉は絵に描いたように数回で終わる。最初から落としどころが決まっているので、これなら組合費を徴収して経費かけて交渉なんかしないほうがいいじゃねぇかとたまに考える。実際、最近は徴収した組合費を、どうやって組合員に還元するかということに頭をひねってるようだし。
うちの会社なんかも派遣の人が多くなって、非組合員と組合員の軋轢なんかも徐々に出始めてる。「日本型労使関係」の典型のようなウチは、もうさっさと組合なんぞ解散して、積み立てた組合費で自社株でも買うがよろし。
そんな時代に逆行し、アカハタ立ててハチマキ締める人たち。
「首よりイルミネーション大事か」 徹夜団交で怒号
 「財源もないのに給料をくれくれと言われても困る」「私たちの首よりイルミネーションの方が大事なのか」
 20日から徹夜で続いた橋下知事と職員労組の団体交渉は時折、怒号が飛び交う激しいやりとりになった。
 府労連との交渉は20日午後10時から府庁の会議室で始まった。新居晴幸委員長が「職員にも家族がいる。生活がある」と人件費削減案の撤回を迫ると、橋下知事は「府財政を立て直すためには避けて通れない」と反論。空調が切れ、蒸し風呂のような会議室で交渉が続いた。
 府労連は給与明細を示して組合員の生活実態を訴えたが、橋下知事は「財源がない。どこを削ったらいいんですか」と逆質問。平行線の議論に「ふざけるな!」とのヤジが飛ぶと、橋下知事が「『ふざけんな』という言い方、いいんですか。これが世間の労使交渉なのか」と憤る一幕もあった。午前4時を回り、人事室長が「時間も時間ですし」と水を向けても、新居委員長は「帰りません」とはねつけ、議論を続けた。
 新居委員長は団交の最後に立ち上がり、「7時間、誠実に対応されたことを感謝したい」と橋下知事に謝意を表明しつつ、「府労連の歴史の中で初めて交渉が決裂したと表明せざるを得ない」と無念さをにじませた。
 一方、府労組連は午前6時半前から団交に入った。
 教務事務補助員など約350人の廃止問題に批判が集中。業を煮やした女性が御堂筋のライトアップを目指す橋下知事に「イルミネーションより、私たち350人の首の方が下ってことですね」と詰め寄ると、橋下知事は「私の責任でそう判断しました」と発言、怒号が渦巻いた。
 橋下知事が「民間では破綻(はたん)すれば路頭に迷う。世間を知ってください」と迫ると、組合側も「破綻していないのに路頭に迷わせようとしている」と切り返し、「民間なら理不尽な提案があればストライキできるが、我々はお願いするしかない」と訴えた。
 一連の団交で橋下知事は「私は選挙の洗礼を受けている。世論調査でも削減案は支持されている」と強調。組合側の反論に「それなら、そういう代表者を選んだらいい」と言い放ち、紛糾することもしばしば。橋下知事は午前9時からの民主党国会議員への予算要望をキャンセルし、最後まで団交を続けた。(稲垣大志郎、斎藤利江子)asahi.com 2008年6月21日

弁護士だった橋下氏が大阪府知事に就任してから、大阪の公務員の実態が報道されてきた。まぁこらぁ大阪だけに限ったことではないのだろうが。僕らのような普通の民間企業とは思想が違うというのはよくわかってたが、ここまでとはね。公務員と民間を比較するのは無意味だとは思う。だが、「暇だけど給料安い」のが公務員(一部例外除く)で、「忙しくて給料沢山」なのが民間企業(多くの例外除く)だったはずなのに、いつの間にか「暇で給料沢山」というパラダイス化してるんである。誰だってそんな既得権益を手放したくはないわな。
しかし、大阪の公務員で「サービス残業発言」した職員といい今回のこの組合幹部といい、「口のきき方」を知らないのかね。いや、そうではないんである。知事であろうと誰であろうと、自分の思想に相容れないものは、すべて唾棄すべき存在であるため、何を言っても何をしてもかまわないと本気で思っているんである。こいつらのように。
グリーンピース:即時釈放求める声明
 国際環境保護団体グリーンピースは20日、「グリーンピース・ジャパン」の幹部ら2人が窃盗容疑などで青森県警と警視庁の合同捜査本部に逮捕されたことを受けて、「無実の人間が逮捕されたことは驚きだ。即時に釈放されるべきだ」との英文の声明を東京発で発表した。
 声明は、「日本の捕鯨は国際的に批判されている。逮捕された活動家には、捕鯨で誰が得をしているか知る権利がある。(逮捕は)脅迫行為だ」と非難した。(共同)

こいつらは、宅配業者の仕分け所に忍び込んで、人さま宛の荷物をかっぱらってきたんである。それを、「無実」と言い切るこの厚顔。呆れ果てるのを通り越して、もはや憐憫の情を抱く。
彼らは、「反捕鯨という崇高なテーゼのもとに活動しているのだから、それを遂行することはすべて合法であり、もし万が一違法とされることがあればそれは間違っている」と言ってるわけだ。こういう奴らが、もはや市井の人々の支持が得られないことは言を待たない。困るのは、こういう奴らを市民の代表ともてはやす政党やマスコミが山ほどあることだわね。
断固団交…の続きを読む
別窓 | 日々徒然 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。