市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

竹島プロジェクト

takeshima-sea.gif

↑画像は「竹島問題」より拝借いたしました。
2月22日は「竹島の日」です。去年までは小林少年さまがハタ振ってられましたが、今年は桜日和の佐倉さまがハタ振ってられます。
北方四島や尖閣諸島と同じ、領土に関する問題であるのに、この竹島問題に関しては、ほとんどのマスコミが報じない。それどころか、「日韓友好のために竹島あげちゃえばよくね?」などとほざくクオリティペーパーも出てくる始末。もうね、アホカト。
日本は領土は小さいものの、周囲すべてを海に囲まれた海洋国家である。島国とも言うわな。しかし島国日本、領海を含めると、世界第4位の広大な面積になるんである。小島ひとつとしておろそかにはできない。沖ノ鳥島を波防壁で囲む東京都の石原都知事を見よ。あのくらいやるのが「普通の」対応なんである。
腰の引けたマスコミのおかげで、一般レヴェルの民衆にこの問題は漠然としか認識されていない。ヘタしたら、「日本が強制的に島を取り上げてしまったのを、韓国が取り返したんだ」くらいの認識を持ってる人々がいてもおかしくない。
下記リンク先で、今一度竹島問題とは何なのか、整理してみてください。そのあと、竹島プロジェクトへのご参加を。
Web竹島問題研究所→島根県による「竹島問題公式サイト」です。
竹島問題→田中邦貴(たなかくにたか)氏による研究。事実の積み重ねによる冷徹な分析が白眉。
パイレーツ・オブタケシマ~呪われた日本人~(竹島問題)→笑いながらも学べるつくり。お勧めですw
スポンサーサイト
別窓 | 東アジア問題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

大炎上

325054779877463991.jpg
なんにせよ文化財の焼失は悼むべきである。
ソウルの象徴南大門、火災で全焼 初期消火に問題か
 10日午後8時48分ごろ、ソウル市中区南大門路4街の国宝「崇礼門」(南大門)から出火し、木造2階建て延べ約177平方メートルの楼閣が全焼した。消防当局は出火直後に消防車39台と消防隊員88人を動員して消火作業に当たったが、現場での初期消火に失敗し、南大門は出火から4時間後に完全に崩壊した。出火原因は放火とみられる。ソウルの象徴ともいえる国宝の焼失という事態を受け、消防当局の初期対応に批判が集まっている。
 消防当局は火災直後の午後8時55分ごろからはしご車や消防ホースを使って消火作業に当たり、出火から2時間後の午後10時半ごろに火災はいったん鎮火したかに見えた。しかし、消防隊員が残り火の消火作業を行っていたところ、2階の「崇礼門」という扁額(へんがく)部分の5メートル内側で再び火の手が上がり、11日午前0時40分ごろに屋根が崩壊し、楼閣は完全に虚墟と化した。
 消防当局は消火作業が困難を極めたため、午前0時ごろに崇礼門の屋根を一部破って内部への放水を試みたが、鎮火には至らず、楼閣の1階周囲からの放水を続けたが、最終的には楼閣の崩壊を防ぐことができなかった。
 火災現場を最初に目撃したタクシー運転手(44)は、「車を止め客待ちをしていたところ、男一人がショッピングバッグを提げ、崇礼門の脇の階段を上るのを見た。男が立ち入って数分後に2階部分で花火のような赤い火花が見え、火の手が上がったので警察に通報した」と話している。
 崇礼門は通称南大門と呼ばれ、朝鮮王朝時代に都の漢陽(現在のソウル)の四方にあった城門の一つ。韓国の国宝第1号に指定されている。
李錫雨(イ・ソクウ)記者
朝鮮日報/朝鮮日報JNS
記事入力 : 2008/02/11 06:56:34

日本ではこの「南大門」、焼肉屋の名前としてもつとに有名だが、正しくは崇礼門と言い、朝鮮王朝の王城の門のひとつであるわけです。南に向いているため「南大門」であり、もっとも大きな門であったとのこと。日本でゆったら、皇居の大手門とかの雰囲気か。違うな。
そうした文化財の焼失は、まことにもって心苦しくも痛ましい。ソウル市民始め韓国国民の心痛はいかばかりかと。僕は当然生まれていないが、戦火にも晒されることなく残った金閣寺(アメリカは京都や奈良などの古都は爆撃しなかった、かっこつけやがってアメリカの野郎、忌々しい)が放火によって焼失したときの喪失感にも等しいんだろう。
…実際そこまででもないみたいなんだけどね。韓国在住の2ちゃんねらのsincerelee ◆hhiGCeWIQw さんによると、
425 名前: sincerelee ◆hhiGCeWIQw [sage] 投稿日: 2008/02/11(月) 21:08:56 ID:Jw/qrsAi
>>422

韓国人の捨てるべき国民性に「鍋根性(すぐ熱くなる、すぐ冷める)」があります。

今は騒いでいますが、大事なのは今の気持ちを忘れないことかと思います。

そして・・・この「お前のせいだ」はもう本当にやめて欲しいです。
今日も各担当者は「おまえのせいだ」の一日でした。

・・・ハンナラ党が「ノムヒョン大統領のせいだ」と言ったそうですが、まだソースはありません。
436 名前: sincerelee ◆hhiGCeWIQw [sage] 投稿日: 2008/02/11(月) 21:19:21 ID:Jw/qrsAi
>>427

今日は寒いほうですね~

>>429

昔のように出入り禁止にしたほうが良かったと思います。

そういえばなぜ開放したんでしょうか・・・・


それでは、松スレに移動します。

御機嫌よう・・・

というようなレスがありますな。しばらくこの南大門は立ち入り禁止になってたらしいですが、2年前に解放されたと。そのときの大統領は無論ノ・ムヒョン、ソウル市長はイ・ミョンバク。強烈なコンボやね。「おまえのせいだ」の応酬、非常に簡潔に民族性を描写してますな。
あとまぁ、日本のマスコミが朝鮮半島びいきな点。南大門が1398年に建てられたことで「朝鮮最古の建築物」などと吹いているが、実際は1448年と1479年に大改築されている。そんでもって、かの朝鮮戦争の戦火で、けっこうズタボロの状態になってるんですな。
20080211120267139075787600.jpg

よく見るとわかりますが、土台の石垣とかは組み方が明らかに現在と違います。どうも1965年に「改修」されたらしく、まぁ新築に近い。大阪城みたいなもんですか。このことを一切日本のマスコミさんがたは伝えませんね。そのあたりが、マスコミの内部に朝鮮が巣食ってると揶揄されるゆえん。もし万が一大阪城が焼失したらそれはそれは悲しいことだが、そのときはちゃんと、「今回焼失した大阪城は秀吉以来何度も落城・炎上し、昭和初期の修復、戦後の修復、平成の修復を経たものでした」とコメントつけてほしいよな。
↓上記のsincerelee ◆hhiGCeWIQwさんがうpした、南大門崩落の場面です。
別窓 | 日々徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

悪魔の毒毒ギョーザ

00822888.jpg
↑これが「メタミドホス」です。
食品業界に身を置いて口を糊する者としては、黙ってられないんである。
ギョーザ中毒、殺虫剤は大阪港陸揚げ前に付着か
 中国製冷凍ギョーザによる中毒問題で、大阪府枚方市のスーパーから回収され、袋から有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が検出された製品には、日本国内の流通過程で殺虫剤が付着する機会が極めて少ないことが卸業者らの証言でわかった。通常、中国の工場で密封された段ボール箱が開かれるのはスーパー納入後とされ、警察当局では、メタミドホスの混入・付着は大阪港陸揚げ前だった可能性が高いとみて経緯を調べるほか、枚方市のスーパーで同時に売られた製品の回収・特定も急ぐ方針だ。
 ◆枚方回収分、箱詰め開けず
 枚方市のスーパー「ハッピース枚方」から回収された「中華deごちそう ひとくち餃子(ギョーザ)」は昨年10月1日、中国河北省の「天洋食品」の工場で製造・袋詰めされ、12袋ずつ段ボール箱に梱包(こんぽう)。2箱を1セットとする形にしてひもで縛り、コンテナに積み込まれた。
 コンテナは、天津新港を11月2日に出港し、同6日に大阪港に到着。同7日、輸入元のジェイティフーズ(JTF)から大阪検疫所に届け出があり、8日に輸入届出済証が交付された。検疫所の担当者は「この間、書面審査のみで、箱を開いていない」と話す。
 9日に通関手続きが行われ、その後、JTFが委託する「キユーソー流通システム」(東京)の大阪市内の倉庫で保管され、12月7日、京都府久御山町にある卸会社「旭食品」(本社・高知市)の近畿冷凍流通センターに運ばれた。
 同センターの佐々木博志センター長も「ひとくち餃子は、段ボール箱で梱包したまま取引先に卸した。事前に箱を開けた形跡など異常はなかった。こちらが保管中に殺虫剤を使うこともない」と証言する。
 一方、兵庫県高砂市の一家3人が今年1月5日に食べたギョーザは、兵庫県加古川市の「イトーヨーカドー加古川店」で売られていたもので、枚方市の製品と同じ昨年10月1日に製造された。大阪市の「キユーソー」の倉庫から昨年12月6日か8日のいずれかに、別の卸会社「日本アクセス」(本社・東京都世田谷区)が運び出し、イトーヨーカドー各店に出荷された。店の従業員が箱を開けたという。
 JTFでは「段ボールを開けた形跡があれば保管や流通段階で分かるはず」としている。
 ◆25袋すでに販売…枚方のスーパー
 「ハッピース枚方」には12月27日朝、同センター委託業者のトラックで3箱が運び込まれた。1箱に12袋ずつ入っているため、計36袋だったとみられるが、回収11袋をのぞく25袋はすでに販売された。今のところ、健康被害の訴えなどは届いていないという。(2008年2月4日 読売新聞)

予想通り、シナの工場と地方政府は「現場での混入はありえない」と逆ギレ会見を行ってるが、そもそも通関後の流通経路での恣意的な毒物混入というのは、かなり可能性が低い。まぁその動機がないというのが第一だが。上記記事にあるように、通関後はほぼ完全な管理がしかれている。倉庫物流業者のキユーソー流通システムは日本でも指折りの業者で、国内の主だった流通業や外食産業が数多く起用してる。HPを見ても明らかなように、母体はキューピーなので、その実力は推してはかるべし。卸の旭食品日本アクセスとも、日本で五指に入る卸商社である。まぁこれらの企業をヨイショするつもりもないし、大企業だからといって信用できるというわけでもないのだが、管理能力を考慮すれば保管物流段階での混入の可能性はかなり低いと断言できる。
店舗到着後、店頭での恣意的混入の可能性だが、「メタミドホス」という薬剤が日本国内では認可されていない農薬であり流通していないこと、国内にあるこの薬剤はおそらく大学や企業などの研究室レヴェルでしか存在せず、持ち出しは事実上不可能であることなどから、それもかなり低い。
この「メタミドホス」という薬剤、残留農薬違反事例としてWEBに公表されている。お分かりだろうか。2002年から2007年の間に報告された事例22件のうち、20件までが中華人民共和国からの輸入品から検出されている。かの国には、「メタミドホス」がある。
ここまで、状況証拠。物的証拠はまだ何もない。よって、強く糾弾するわけには行かない。何よりも日本は、法治国家であり文明国家だから。状況証拠だけで30万人殺されたと主張する国とは違う。
だが。
問題はやはり日本のマスコミである。状況証拠でしかない以上、「必要以上に」シナを擁護していること明白である。「日本は中国に食糧の多くを依存しているのだから、騒ぎ立てないほうがいい」くらいの言説をものするジャーナリストもおいでになるくらいだ。情けなくて涙も出ない。
参考リンク
中国毒餃子 - 報ステの古舘・加藤の被害者より中国の心配をする発言は何なんだ!
何故、日本のマスコミ・TVは赤福・白い恋人等は完璧に叩くが、中国の餃子テロには及び腰なのか? 怒りの緊急討論!!
僕の勝手な推論で締めくくりましょう。
この事件は、シナのかの工場内で、「いわれのない怒りに駆られた反日労働者が毒物を混入した」か、「劣悪な労働条件に憤った労働者が嫌がらせのためにやった」のだと思います。これは明確なテロです。日本国民の意識から反中の芽を摘もうとするマスコミには、鉄槌を食らわせなければなりません。
別窓 | マスコミ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。