市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

シナ人が靖国神社前で暴れた件

148708.gif

少し古い話題ですが。日本国内ではまったくといっていいほど報道されなかった事件です。
日の丸奪って暴行 靖国神社で中国人逮捕
 東京都千代田区の靖国神社で、参拝客が持っていた国旗を奪うなどしたとして、警視庁麹町署は、暴行と器物損壊の現行犯で中国籍の王班亜容疑者(43)を逮捕した。
 調べでは、王容疑者は15日午前11時25分ごろ、靖国神社の境内で、横浜市から参拝に訪れた80代の男性が持っていた日の丸(縦1m、横1・5m)を奪い足で踏みつけたうえ、さおを折った。さらに、これを止めに入った神奈川県内の40代の男性看護師を殴りつけたり蹴ったりした。2人にけがはなかった。
 王容疑者は仕事で来日していたが、動機などについては黙秘しているという。(MSN産経ニュース 2008.1.16 20:35)

宗教の自由が認められてない国家の国民はこれだから困る。自分が正しいのだから、それをさえぎるものに対しては何をやってもかまわないというサヨク系特有の論理ですな。まったくもって容認できまへん。だいたい、暴力行為を徹底的に指弾すべきマスコミとサヨク系市民団体の皆さんは、なぜ抗議せんのかね。そんでもって、正しきウヨク団体の皆さんは、なぜ得意の街宣車出動をしないのか。
この事件、最初の一報は二階堂ドットコムだったんだよね。この次の日に産経と報知だけがこの事件を報じたわけですが、おかげでしばらくガセ扱いもされていたと。
シナの新聞では、こう書かれるわけだ。
靖国暴行事件、犯人は自動車部品メーカーの大幹部―中国
2008年1月15日、靖国陣社で中国人男性が80歳の老人から日章旗を奪い取り、止めようとした中年男性に暴行を加えた事件が発生した。25日、大河網は暴行を加えた中国人男性が河南万通集団の元副総経理・王班亜(ワン・バンヤー)だと報じた。
大河網の調査によると、王は自動車部品メーカー・河南省万通集団の副総経理。かつては多くの多国籍企業に在籍し、中国の自動車業界ではよく知られた人物だという。取材に対し、河南省万通集団は王が以前副総経理を勤めていたことを認めたものの、すでに同社には所属してないと回答した。離職時期については回答を得られなかった。万通集団のある関係者は事件の連絡を受けて以来、日本の友人と連絡し王の支援に動いているという。
80歳の老人から旗を奪い取り、別の日本人に暴行を加えるという事件は、日本人に再び中国の反日感情の強さを伝えた。愛国主義的傾向が強い中国のネット掲示板は王の行為を絶賛する書き込みで溢れている。(翻訳・編集/KT)Record China

「よくやった」というニュアンスしか感じられないのは僕だけですか。
この事件は、立場を逆にして譬えると、「南京事件記念館の前で、日本人がシナ人老人が持っていた五星紅旗を奪い取り、踏みつけ、止めに入ったシナ人を殴りつけた」ということです。こんな事件がもし起こったとしたら、日本のマスコミは1ヶ月はキャンペーン打ちますよ。マジで。その逆だと一切沈黙。普通に報道してくれたらよかったのにね。日本の保守層がいったいどういう反応を示すか、興味あったんだけどね。北京五輪前だし、シナを刺激したくないの一点張りでしょうな。
何しろマスコミにはあきあきです。特にテレビ。
スポンサーサイト
別窓 | マスコミ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

月山明博

e0064858_0263670.jpg
↑イ・ミョンバク氏がソウル市長時代にやった、「市庁舎を大韓民国旗覆い尽くそう」というお遊び。なかなか笑わしてくれましたね。
韓国の次期大統領が、元ソウル市長や現代建設社長を勤めたイ・ミョンバク氏に決まった。キム・デジュン、ノ・ムヒョンと続いた革新系の大統領がいったん終わり、保守系の政権となるわけだ。
もともと韓国という国は、極東における防共の最前線であり、シナ大陸とロシア東部への橋頭堡としての位置づけもあった。そのため、米国とは密接なパートナーシップを保ち、自民党保守系の政治家とも太いパイプがあったわけだ。その昔、朝日新聞は韓国を徹底的に敵視していたんだからねぇ。
その後、ソ連崩壊、中国共産党政府の市場経済への方向転換といった潮流で、その意味合いが薄れてきていたところであったのは事実。うまい具合に革新政権へのバトンタッチができ、朝日新聞や毎日新聞、旧社会党の親北朝鮮系政治家たちもこぞって韓国を礼賛するようになる。それから韓国の「国是としての反日」は、先にあげたマスコミと政治家たちの援護射撃の下、燎原の火のように国内を包んだ。記憶に新しいところですな。
ノ・ムヒョン大統領は、なかば本気で北朝鮮と協同して日本に戦争を仕掛けようとしていたと考えられるんですよね。北朝鮮と休戦状態にある国なのに、やたらと海軍力を増強したり、戦闘機を増強したり。北朝鮮の核問題にしたって、「統一したらわれわれは核保有国だ」と言ったんじゃなかったっけ?まぁこの件にはソースがないが、韓国の民衆レベル、日本で言うところの市民団体は、結構それに近いことを吹聴してたんだよなぁ。「朝鮮は日本に対しては何をしても許される、たとえ宣戦布告して日本列島を占領しても、国際社会は必ず朝鮮の味方だ」というまったく根拠のない妄想を、国家の中枢あたりにいる人が抱いてたんだから仕方ないけど。
んでもって、次期大統領のイ・ミョンバク氏。2ちゃんねるの東亜+ではもうすっかり「あきひろ」と呼ばれて親しまれてる。現代グループの現代建設の社長やソウル市長を歴任、とみに経済に関しては素人呼ばわりされたノ・ムヒョン大統領と比して、「経済通」とゆわれてるわけだ。早速「李明博新政府、13~15官庁に政府組織縮小の方針」なんて、かっこいいことやっちゃってるしね。
しっかし、これはどうかねぇ。
核放棄なら北に4.3兆円 韓国新政権「実利外交」
 【ソウル=久保田るり子】2月25日にスタートする韓国の李明博(イ・ミョンバク)次期政権が目指す「実利外交」の輪郭が見えてきた。対北政策では核廃棄を前提に400億ドル(約4兆3000億円)規模の国際協力基金設立の検討を始めた。核問題では日米韓の連携が重要として3カ国定期外相会議を提唱する方向だ。また今月中旬に米国、日本、中国、ロシアに特使を派遣、こうした新外交への理解を求める方針だ。
 李明博次期大統領は大統領選中の公約で「非核・開放3000」構想を提唱した。北朝鮮が核放棄すれば、大規模な経済支援を実施して10年間に北朝鮮の国民所得を3000ドルまで引き上げる-というもの。国際基金はこれを具体化するための資金調達案で、国際金融機関の借款などの利用を想定している。
 韓国では現在、大統領職引継委員会が現政府からの報告を受ける一方、次期政権の政策青写真を作成中だ。400億ドル基金案は引継委員会が4日、外交通商省に検討を要請した。だが、北朝鮮は核無能力化ばかりか、核計画の申告も不十分で、現状での国際基金設立案は「現実味が薄い」との声も聞かれる。李明博氏は「北朝鮮に核保有よりいいものがあるということを知らしめるべきだ」というのが持論だ。
 盧武鉉政権の対北政策は、外交関係をつかさどる外交通商省と南北関係を担当する統一省で温度差が目立った。李次期政権の新外交では「外交ライン」の統一化を図ることを目的に外交通商省を強化、統一省を吸収する案も検討されている。特に盧政権の南北融和政策で不協和音が絶えなかった米韓関係の強化、日米韓の枠組みの再構築を重視する考えとされる。
 4カ国への特使派遣では、大統領選のハンナラ党で党内候補を競った朴槿恵(パククネ)元党首に訪中を要請、朴槿恵氏はこれを引き受けた。米国には現代グループ創業者の6男で国会議員の鄭夢準(チヨンモンジユン)氏が内定。日本には李次期大統領の実兄で国会副議長の李相得(イサンドク)氏、ロシアには李次期大統領に近い大物議員、李在五(イジエオ)氏が有力視されている。早々とスタートした「4強外交」も北朝鮮問題への布石とみられている。
 一方の北朝鮮は、4日の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」で、「(金大中前大統領下の首脳会談)6・15南北共同宣言と(盧武鉉大統領下の首脳会談)10・4宣言を自主統一の道程、共同の実践目標にすべきだ」と主張、李次期政権の実利による「改革開放誘導」に警戒心を隠さない。iza!ニュース 01/05 19:08更新

北朝鮮の核放棄の見返りに、四兆円くれてやろうと思うんで、日本も金だしてくんね?つってるわけです。
(  ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ
さすが経済大統領、投資を持ちかけてるのか。しかし、日本は「拉致問題の解決なくしては何も進展させない」ことが政府方針。一切聞く耳を持ってはいけない。なんとかに追い銭のたとえを劇団四季がフルキャストで演じてみせるくらいわかり切ったことで、無駄なことこの上ない。
18年くらい前の日本のバブル崩壊時期にそっくりな兆候を示してる韓国。経済大統領のお手並みを拝見いたしましょう。そして、ノ・ムヒョン大統領に負けず劣らずのパフォーマンスを期待しまっせ。
別窓 | 東アジア問題 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

新年です

20080102083659.jpg
西暦2008年 平成20年となりました。ばーちゃんの喪中でもあり、「おめでとう」は控えさしていただきます。
仕事柄、12月は殺人的に忙しいんです。誰しも普通に仕事してれば12月は忙しいでしょうけど、僕の場合、ほぼ休みなく大晦日まで仕事なんで。暦の具合いかんでは元旦も仕事だったりする。
まぁ今年はなんとか休みを取れるが、3日から仕事。もう体が「連休」を受け付けないので、別にいいんだけどね(泣)
んでもって、毎年正月は宮中一般参賀に出かけることにしてるんである。天皇陛下のご尊顔を遠くからガラス越しとはいえ直接拝することができるのは、このときくらいだし。12月の天長節は仕事が忙しくて行けないし。
参賀の後は靖国神社へ参拝し、そのあと上野のアメ横へ行きお気に入りのショップでスカジャンを物色。これが僕のささやかな正月の楽しみなのです。
別窓 | 日々徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。