市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

美しくない、アサヒ

d83fecb0.jpg

「品性下劣」この一語に尽きる。反吐が出るわ。
何がってね。天下の朝日新聞グループですよ。
青白い顔、張りない声 おわびで幕 安倍首相会見
 やつれたような表情、張りのない声……。入院から12日目、東京都内の慶応大病院で記者会見した安倍首相にかつての力強さはなかった。辞意表明の時期を「最悪のタイミングだった」と自ら反省。辞任を決めた最大の理由は体調不良だったと強調した。会見のテレビ中継を見た識者らは、病状を気遣いつつも、厳しい印象を口にした。
 安倍氏は、辞任の最大の理由が健康問題だったとしたうえで、「在職中に自らの体調について述べるべきでないと考えていた」と釈明した。
 コラムニストの石原壮一郎さんは「自分勝手な美学で情報を隠し、国民を混乱させた」と話す。
 辞任時に体調不良を明らかにしていれば無用な混乱はなく、イメージダウンも防げたのではないかと指摘する。
 「『アタシ、もうアベしちゃおうかな』という言葉があちこちで聞こえる。仕事も責任も放り投げてしまいたい心情の吐露だ。そんな大人げない流行語を首相が作ってしまったのがカナシイ」
 安倍氏は濃紺のスーツに青いネクタイ。顔色は青白く見え、話しながら何度も唇をなめた。
 高木勝・明大教授は「生気がなく別人のようだった」と気遣いつつも、「厳しいようだが、健康管理ができない人に首相の資格はない」。
 謝罪の言葉はあったが、国民に対する謝罪は政府、与野党関係者の後だった。高木教授は「順番が逆だ。会見は単なる言い訳ばかりだった」。
 この日の安倍氏は、目に力が感じられず、声にも張りがなかった。自身は「ここ1カ月で、自らの意志を貫く基礎となる体力に限界を感じた」と説明。医師からは、入院から12日たっても食欲が回復せず、5キロ減った体重が元に戻っていないことが明らかにされた。
 精神科医の和田秀樹さんは「機能性胃腸障害だけでなく、精神的にも追いつめられていたのではないか」と指摘する。
 「そうだとすれば、『無責任』とか『逃亡した』といった批判は、病状を悪化させるおそれがある。安倍さんの政治信条に共感はしないが、今回の件では、気の毒に思えてしまう」と案じた。
 安倍氏は入院中の21日、53歳の誕生日を迎えた。会見では、25日の首相指名の投票に参加し、次期衆院選にも立候補する意向を表明。そのうえで、「1人の国会議員として力を尽くしていきたい」と語った。
 草野厚・慶大教授は「国会議員を辞めるなら『お疲れ様』と言ってあげたいところ」としながらも、「再起を期すつもりなら、ウソをついてはいけなかった」と指摘する。辞任会見では、インド洋で自衛隊の給油を継続するための「局面の転換」を辞任の理由に挙げていた。小沢民主党代表に呼びかけた党首会談が実現しなかったことも一因に挙げていたからだ。
 「本当は体力がもたないから辞めるのに、人のせいにした。よくよく反省しないといけない」
 さらに草野教授は、「議員辞職の可能性まで一部で報じられた中で、この会見は、まだまだ政治家として仕事をしたいというアピールだった、とも受け取れる。アピールにしては弱すぎるけれども」と話した。(Asahi.com 2007年09月25日00時02分)

>『アタシ、もうアベしちゃおうかな』という言葉があちこちで聞こえる

聞いたことねぇよ。

>そんな大人げない流行語を首相が作ってしまったのがカナシイ

どの世界で流行してるんだ。築地の本社か。

カナシイ、ってカタカナで書くな、気味悪い。

トップに上げた画像、コラージュではない。週刊朝日という、日本の新聞系老舗週刊誌の表紙である。同誌は、発行部数は文春・新潮・現代・ポストといった出版社系週刊誌に大きく水をあけられて、エロ・ヤクザ系の大衆やアサ芸なみの部数ではあるのだが、この表紙はないだろう。
仮にも一国の総理大臣にあった者を姓だけで呼び捨て、あまつさえ「逃亡」である。惻隠の情とか武士の情けとか、まぁその前に装丁の美的感覚、そういった感情は一切持ち合わせぬのが「ジャーナリスト宣言」の朝日新聞グループである。どんだけ憎かったんだよ、安倍前首相のこと。
朝日新聞グループと安倍前首相は、いろいろ因縁があったからなぁ。これだけ執念深いところを見せ付けられると、本当にマスコミの恐ろしさというものを目の当たりにした感がある。一人の政治家、いや一国の首相をその座から引きずりおろすことなど簡単なのだと、国民の皆さんに見せてくださったのだ。「民意」という美名の下、堂々とイジメを行ってきたわけだ。そして、この国のマスコミは、保守系の政治を一切許容しないことも明らかになった。左翼系マスコミ、まさに恐るべし。
願わくは、一連の安倍前首相バッシングが朝日新聞グループの執拗なイジメであったことを、ひとりでも多くの普通の市民の皆さんが気がついていてくれることを。ネットが正しいとは言わない。ただ、情報の取捨選択がかなり容易であるという点で、ネットは優れている。新聞無用論を唱えるつもりは毛頭ない。ネットで触れられる情報の基礎は、新聞社の発信なのだから。ただ、ひとつでも多くの情報の選択肢を持ち、過去の事実やさまざまな人の意見を咀嚼し、情報の事実を把握することが真に必要なのだ。真贋ではなく、事実を知らねばならない。

「アベする」という単語がアリなら「アサヒする」「KYする」もあったっていいよね。
朝日珊瑚事件を語り継ぐサイト


↑何度目かの、アサヒにゃ愛想が尽きた
スポンサーサイト
別窓 | マスコミ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

安倍首相電撃辞任に想う

j070126_03.jpg

あいも変わらず仕事が忙しく、拙ブログの更新も出来てないのだが、こらぁ書かねばならん。
安倍首相が辞任会見「国民の支持なく政策推進が困難」
 安倍晋三首相は12日午後2時から首相官邸で緊急記者会見を行い、辞任を決意した理由について「今後、テロとの戦いを進めていくには、局面を転換しなければならない。新たな総理のもとで戦いを継続すべきと考えた」と辞任の理由を述べた。その上で、「(秋の)国連総会にも新しい総理が行くことが局面を変えていくことになる」と述べた。
 また、「本日、(自分のテロとの戦いに対する)率直な思いを(民主党の)小沢(一郎)代表に伝えようと思い、党首会談を申し入れたが、断られた」とし、これも辞任を決意する一因だったことを認めた。
 さらに安倍首相は「改革を進めていく決意で続投し、内閣改造を行ったが、国民の支持、信頼の上で力強く政策を進めていくのが困難な状況になった」とし、麻生太郎幹事長ら自民党5役に対して「政治の空白を生まないよう、できるだけ早く次の総裁を選んでほしい」と指示したことを明らかにした。(SANKEI iza! News 2007/09/12 14:28)

僕はこのニュースを、昼飯を摂っていたラーメン屋のテレビで知った。あやうく麺を噴きだす所だった訳だが。
さて、何ゆえ今なのか。臨時国会の所信表明演説を行い、代表質問を受ける直前だ。いくら史上最も若い内閣総理大臣とはいえ、「もういやだぁ」と投げ出したわけでもあるまいし。
安倍首相は、先週APECに出席、その最後の記者会見でテロ特措法の延長について、政治生命をかけると言及した。思えばこの時に辞意は固まっていたのかと。国際的にアナウンスしたインド洋での給油活動が、日本国内の反対勢力に押しつぶされるさまを、全世界にリアルタイムに発信しようという意図が見え隠れする。ソフトな外見とは裏腹にタカ派で知られ、対北朝鮮の諸政策では強硬一本やりを押し通した安倍首相の最後の一撃ではないのか。また、第二次安倍内閣で党内諸派閥からの適度な人事を容認したことに対する自責の念もあろう。まぁ谷垣"ハニトラ"派からの入閣はなかったわけだが、今回の電撃辞任には、党内の旧体制秩序をことごとく粉砕しようという意志もあるのではないか?
しかし、真の理由は、左派系マスコミ(つまり国内ほとんどのマスコミ)の1年近くに渡る執拗なバッシングに疲労困憊した、というところではないのかね。「政治とカネ」の問題は、もし万が一、民主党政権が誕生したとすれば、マスコミからのすっぱ抜きは一切出てこなくなるぜ。年金問題にしても、もう一方の当事者である自治労はほとんどバッシングを受けていない。「こんな労働協約も一因ですがそれよりも何よりも~」と政府与党の責任を追及し続けてきた。毎日のように内閣不支持が高まっていると情報を流し続けてきた。
僕らサラリーマンがもっともストレスがたまる時間帯に垂れ流されているらしい主婦向けのニュースワイドショーを最大限に駆使し、ネガティブキャンペーンを繰り広げた結果の辞任表明だ。マスコミは勝利宣言すればいい。堂々と。
…あらら、今度は無責任だとよ。辞めろって言ったのは貴様らじゃねぇか。なんにせよ、夕刊ゲンダイの嬉しそうなこと嬉しそうなこと。あー気分悪い


↑負けるな保守
別窓 | マスコミ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

奇跡の価値は

a21.jpg

夏休みとはいったいどこの国のハナシなのだ。夏休みどころか普通の休みもない。どうにかしてくれ。という状態で地獄の8月が終わったんである。どうにかしてほしいと思って会社に泣き(脅し)入れたら、やっと担当営業マンを増員してくれた。やっと休めるんである。ありがとう会社…って違うわい!今までが異常すぎたんであって、会社は僕への過剰な労働押し付けを早期改善すべきだったんである。もうこれ以上行くと、僕は民主党か社民党か共産党を支持して、赤いハチマキ巻いてへんなゼッケンつけて、大声上げて拳を振り上げねばならないところまで追い込まれていたんである。やれやれ、過酷な条件のもとだと、ほんの少しの待遇改善がまるで阿弥陀の来迎かと思えるくらいに感じられる。洗脳の初歩やねぇ。
んでもって、阿弥陀如来の来迎かキリストの再臨か、もしかしてマハーカーラたるシヴァ神の降臨による大破壊の前触れか。
韓国に甘さ…タリバン勝利宣言、「次」も予告
【ソウル=久保田るり子】韓国政府は、韓国人拉致事件でアフガニスタンのイスラム原理主義勢力タリバンに巨額の身代金を支払ったとの報道を否定している。だが人質解放の合意には不透明さが指摘され、国際社会からは、タリバンと直接交渉を行った盧武鉉政権の“悪しき前例”に批判の声が高まっている。国内世論からの責任追及も必至で、政権末期の盧政権の求心力低下を加速させることになりそうだ。
 韓国政府は身代金支払いを一貫して否定してきた。中東諸国を歴訪し、1日に帰国した宋旻淳・外交通商相は「国際慣例と、罪のない人の命を救わなくてはならないとの絶対的な価値を調和させる努力を払った。国際社会は理解してくれるだろう」と述べたが、身代金支払いについては「そういうことはない」と重ねて否定した。
 韓国政府は当初、アフガン政府などを通じた間接交渉を行ったが、人質2人が殺害されたあと直接交渉を開始。交渉していることも公表した。
 国際社会はこれを冷ややかにみてきた。韓国人拉致と同時期に自国民が拉致されたドイツは解放交渉合意直後の30日、メルケル首相が「われわれの努力が韓国人人質の運命で変わることはない(直接交渉はあり得ない)」と不快感を示し、カナダのベルニエ外相も「交渉はテロ活動を助長するだけだ」と批判。米国は「人質が家に帰るのは喜ばしい」(ケーシー国務省副報道官)としながらも、「テロ犯には譲歩しないという米国の政策は変わらない」と皮肉を込めて述べている。
 タリバンのスポークスマンは31日、「拉致は成功した」と勝利宣言。次の拉致も予告した。韓国政府の「裏交渉」への判断がいかに甘かったかが露呈したことになる。
 そもそも初動段階に問題があったとの指摘が多い。韓国軍撤退を要求するタリバンに対し盧武鉉大統領自身が事件発生翌日に「年内撤退」を公言。早々と大統領特使を現地へ派遣するなど、タリバン側に交渉への手応えを与えた「対テロ外交のアマチュア性」が問題視されている。
 人質19人は2日早朝に韓国に帰国するが、「危険を承知で行った彼らになぜ、税金を使う」との自己責任論が高まっているだけに、巨額の身代金支払いが国民感情を刺激するのは間違いなく、盧武鉉政権への世論の風当たりは強まりそうだ。(iza!ニュース 9月2日13時06分)

30年前、日本はテロリストたちに屈した。日本赤軍 ダッカ空港事件である。この「超法規的措置」によって釈放された日本赤軍メンバーと600万ドルの身代金で、国際テロ組織としての日本赤軍はカンフル剤を得たようなものだ。2001年になってようやく事実上の解散宣言が出されたものの、日本赤軍という国際テロ組織の活動に手を貸してしまった結果になったことは、日本にとってぬぐいきれない汚名である。
リベラル・反政府色の強いマスコミが、こぞって「人命保護」を大合唱したのも一因だろう。当時のマスコミの中の人には、確実に日本赤軍シンパ=もと活動家みたいなのは掃いて捨てるほどいたろうし。まぁこのあと国際社会から非難轟々になったおかげで、ようやくテロリストとは交渉しないという基本姿勢が出来上がり、さきの9.11以降その路線はますます強固になったわけだ。
テロリストと交渉しない。
この路線は、いろいろいわく付きながら、イラク三馬鹿事件香田君事件もと自衛官の傭兵拘束事件といろいろあったが、堅持されてきた。
それを隣で見ていながら、まったく学習してない国が、韓国ってわけだ。
現時点で政府関係者は一切否定してるが、当のタリバンが1000万ドル払ってもらったんで新しい武器とか自爆テロ用の車買うわ」って発表してんじゃんよ。国際テロ組織に堂々とカネ渡してどうするんだよ。自国民の保護はわかる。痛いほど。だが、心を鬼にして、泣いて斬れよ、馬謖をさ。
なんか、ノ・ムヒョン大統領が嬉々として記者会見開きそうだな。「人命は地球よりもずっと重い」とかゆって。殴っちゃいそうだな。テロ支援国家の認定受けても文句言えない立場だってわかってんのかね。
業務連絡:タリバン殿 自爆テロ用自動車はヒュンダイを使用のこと。アメリカに行けば中古車市場で超格安で売ってるらしいですから。


↑テロ集団とは交渉しないのが基本
別窓 | 日々徒然 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。