市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

中華そば つし馬(台東区浅草)

tushima_asakusa.jpg

僕は浅草が好きで、よく足を運ぶ。
昼間から居酒屋がフルオープンで営業してるとことか、観音様がありがたいとか、演芸ホールとか旧作の映画館とか、「流行りすたりとある程度無縁」という雰囲気が好きなのです。
浅草のラーメン屋といえば、与ろゐ屋がけっこう有名ですけんども、今日はあえて中華そばつし馬へ。なぜなら青森風中華そばを謳ってるからなんですな。
青森を訪れたのは12、3年前だったか。うちの会社の東北支店の営業応援で、1週間ほど滞在した。青森担当の営業マンに、ラーメンを食いに行こうと誘われて食ったのが、マル海ラーメンだった。タクシードライバーが贔屓にする店ははずれがないとゆうが、駐車場や店の前、タクシーだらけ。それと、店の手前50メートルくらいで感じるものすごい煮干のにおい。好みの分かれる味かも知れないが、僕はこの出張のとき、5泊で5回このラーメンを食った。
その味を再現してるとゆうのでさっそくつし馬へ。
店の外へはあまり煮干の香りがしていないが、店内はバッチリ。早速中華そばをオーダー。程なくやってきたどんぶり。青森へ出張に行った記憶がよみがえりましたわ。スープは脂分皆無、チャーシューから溶け出した分だけ。マジでうどんのつゆかと思えるような味だ。たっぷり目の薬味ねぎもそれを演出してるわけだが、麺がウマいっすね。うどんだといえばうどんかもしれないんだが、やはりウマい。チャーシューも丁寧なつくり。メンマは細めでこりこりとした食感。好感が持てます。
ここでラーメン食って、そこらの居酒屋で煮込み食って目のつぶれそうなチューハイを飲む。そのうち平日に休みとって、このパターンをやろうと思ってます。


↑歳のせいかあっさりしたラーメンが好きになったわ
スポンサーサイト
別窓 | らーめん好き | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

警官の命と犯人の命

4499228654.jpg

仕事はどうにかひと段落。まったく更新をしておりませんでしたが、また始めますね。
ここんとこ、基地外じみた事件ばかり頻発してると感じるのは、僕だけではあるまい。昨日の発砲立てこもり男を逮捕 事件発生から29時間という事件にしたって、(今の時点では)原因はもとカミさんとの復縁のもつれとか。そんな女々しい理由で自宅に立てこもって拳銃を乱射って、それ何てヤクザビデオっつう感じだよ。
この事件には大きな問題が二つ。ひとつはムロンのこと不法所持の拳銃があたりまえのようにかの業界の人々の手元にあるということ。そして、警察の危機対応への役人的対応。
問題なのは後者。部下の警官が撃たれて横たわってるのを5時間もほっとく上司がいったいどこにいる?現場の指揮官はきっとじりじりして「本部」へ対応を何度も求めたのだろうが、「検討中」だの「待機続行」だの「人命優先」だのといった先送り的な支持しかしていなかっただろうことは明白。エリート警察官僚が、こんなとこでミソつけたくないと考えたであろうことは手に取るようにわかる。
しかし、そう考えてしまう素地は、マスコミの対応にもある。おそらく、警官が撃たれて負傷した時点で強襲作戦を実行、発砲を許可したとしようか。最悪で犯人射殺、人質負傷という結果になればマスコミがどう書くか?
「警官隊突入 最悪の結果 犯人射殺 人質重傷」「闇夜の銃撃戦、銃弾の雨」「強行へ疑問 人命軽視の県警本部」「社説:銃社会への警鐘 警察の安易な発砲も不安」と、こんなとこだろう。
マスコミは権力を叩く。特に警察は、徹底的に叩く。人権擁護の名の下、警察権力による暴力は一切認めない。街中でイカれた走りをする暴走族のガキを追跡して、そのガキがすっころんで死んだら、「警察の追跡に問題があった」と論難される国は、この日本くらいなものだ。
なんでか。マスコミの多くがサヨクであり、その後ろにはいまだに日本を人民共和国にするための革命を画策する人たちがいる。その人たちの夢かなって、国内で武力蜂起をする態勢が整った、そのとき。
警察が普通に発砲していい雰囲気の社会であっては、武力蜂起がうまくいかないんである。警官隊は発砲することにとても逡巡して、結局発砲できない人たちであって欲しいのである。そうすれば、蜂起した人たちはやすやすと拠点を奪取できると。このことは自衛隊にも当てはまりますね。自衛隊が強くては困るのである。蜂起後に、支援してくれたあの国を呼び寄せやすいよう、日本には軍隊などの暴力装置を極力排除しておかねばならないのである。
陰謀論めいたことを書きましたけど、あながち間違ってないと思いますよん。上記の件が、社民や共産の連中が警察に噛み付き自衛隊を悪罵する理由のひとつであることは、否定し得ない事実であると思うんですがね。
それにしても、殉職されたSATの隊員の方、ご冥福を。防弾チョッキをすり抜けた凶弾がただただ無念です。彼らが装備していたサブマシンガン、まったく役に立たなかったです。できることなら、犯人に向けて「全弾命中」させてやりたいわ。アタマテンパって「神の水」ってほざいてる暴力団崩れと、前途洋洋たるSAT隊員、どっちを優先すべきだったのか、わかるだろう?


↑殉職された林巡査部長に合掌
別窓 | 愛国 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。