市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

徳記(横浜市中区)

tokuki.jpg

昨今のラーメンブームは完全に定着し、日本においてはひとつの料理のジャンルになったといえよう。とんこつだの和風だしだのダブルスープだの多加水麺だの炙り焼きだのさまざまなギミックによって他店との差別性を声高に訴える。分野の切磋琢磨においては良しとしよう。
ただ、正直疲れることもある。やっぱラーメンなんて下品な食い物だし、一番しっくり来る味ってのは、油ぎった赤いテーブルに出てくる化学調味料の効いたスープの、何の変哲もないラーメンだったりするわけで。
ラーメンという食い物のルーツが中華料理にあることを否定する者はいるまい。定説では、明治以降日本に移住したシナ人が広め、そのあとの大東亜戦争終結後、シナ大陸からの引揚げ者や在日シナ人がバリエーションを広げていったとする。徳川光圀がはじめてラーメンを食ったとする強引な説もあるが、こんなとこだろ。とにかく、中華料理にルーツがある。
反特亜な僕だが、文化に関してはシナ大陸のそれに崇敬を抱いているのも事実。一応調理師の資格も持っている僕としては、中華料理は外せないアイテム。横浜近辺で仕事があれば、必ず中華街へ足を運び、お気に入りの店で飯を食い食料品店で食材を買い漁る。
横浜中華街で僕のお気に入りの店のひとつが、「徳記」である。關帝廟の正面入口近くに、看板だけが見える店。店はその看板の下をくぐった奥にある。
この店はたしかに有名だが、平日のアイドルタイムにしか中華街を訪れない僕は、ここが満員になってるのを見たことがない。さして広くもなく色気もない店内だが、清潔感はある。最近までランチもやってなかった(5月の半ば頃から始めたそうだ)ので、すべて単品で頼むことになる。
オススメは写真の「豚足そば」である。写真のように、具は別皿で出てくる。ラーメンのほうは見事な素ラーメン。薄い平打ちで、コシがある。だらだら食ってるとのびるからね。具はそのまま食っても良し、ラーメンに入れても良し。ラーメンのスープは上品な鶏ガラだしで、よけいな味はしない。豚足煮込みは丁寧な仕事で、肉の赤身・脂身・ゼラチン質すべての味が活かされた逸品。骨のつなぎ目のスジまで柔らかく煮込んであるため、関節ごとにほぐれた骨がコロコロ。五香粉や八角などの中華特有のスパイスを利かせているため、ラーメンのほうに具を入れていくと、スープの味が徐々に変わっていく。
むろん、麺料理以外も仕事が丁寧で、店からは見えない調理場の中のオヤジの腕がただ者ではないことを物語る。僕はこの店のチャーハンが、いままで食った中で一番うまいとオモタヨ。
中華街としては一番外れのほうに位置するこの店、奥まった立地ともあいまって、静かに食事ができる。そしてどの料理を頼んでもハズレがない。「中華街に店を構える人が食べに来る店」なのである。あんまり人が来ると困るので、皆さん行かないでください。

↑うまい料理はイデオロギーを超えるw
スポンサーサイト
別窓 | らーめん好き | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

スカートの中には

img1041822018.gif
いやはや忙しい。なんだか知らんけど、最近非常に忙しい。帰宅したときにはもうPCを立ち上げる気力が残っていない。酒を煽りながら読書をし、テレビのニュースを何となく聞き流す日々。
テレビ新聞ラジオなどのニュースをそのまま信じてはいけないと気がついたのが、ほんの4、5年前だ。誰かに都合のいいように、発信されるニュースが取捨選択されているのではないかと。そのことに気がつかせてくれたのは、ネットだったわけだが。
mumur様のところでツッコミが入り、彼をヘンに擁護する元同僚のブログまで炎上させたこの事件。
日テレ26歳アナ、女子高生スカート盗撮で書類送検
 JR横浜駅構内で女子高校生のスカート内を隠し撮りしたとして、神奈川県警戸部署が県迷惑防止条例違反の疑いで、都内在住の日本テレビの男性アナウンサー(26)を書類送検していたことが17日、分かった。
 調べでは、男性アナは2月20日午後3時ごろ、横浜市西区の横浜駅西口の上りエスカレーターで、前に立っていた女子高校生(16)のスカートの中をカメラ付き携帯電話で撮影した疑い。近くにいた鉄道警察隊隊員が発見し、同署に引き渡した。
 男性アナは調べに対し「申し訳ありませんでした」と容疑を認めたという。保土ヶ谷区検は今月2日、男性アナを起訴猶予処分とした。
 日本テレビ総合広報部は「社員のプライバシーにかかわる問題で、当社としてお話しすることはありません。すでに社員に対して、適切な対応をとった」とコメントしている。Sankei Web(05/17 12:46)

自社の社員を擁護する気持ちはわかりますよ。僕も会社員の一人だが、取引先とのトラブルでもあれば、とりあえず順番としては自社が正しいとするのが普通の会社だろう。完全に自社のミスでしかない場合を除いては。
女子高生のスカートの中を、ケータイのデジカメで撮影したらしいこのアナウンサー、確かにその事件が起こったとされる2月下旬頃から、出演していた日テレの人気番組から姿が消えていた。レポーター的役割だったためか誰も気がつかなかったと言っても過言ではないだろう。
日テレのほうは、
>今回は逮捕もされていないですし、起訴もされていないということで・・・
という見解であった(上記mumur氏の電凸)という。電話対応に出た社員ではあるものの、指示系統はつながっているのだろうし、公的コメントと考えて差し支えない。mumur氏のツッコミもあるが、当の日テレのニュースでは、逮捕もされていないし起訴もされていない人のニュースはバンバン流れているのに。
マの悪いことに、この後、福島県で地方紙記者が盗撮で逮捕された。同じマスコミ関係者の盗撮事件だがこちらのほうは報道してる。うん、逮捕されたから。スジは通ってるんだろうが、釈然とはしないね、決して。
犯罪被害者を含めた実名報道を声高に叫ぶ一方で、自分の身内にはえらく甘い。なんで日テレのワイドショーで、かのアナウンサーの自宅周辺へ出かけていって近所の人に聞かんのだ。
「普段はとてもいい人で」
とかの、決まりきったコメント取りに行かんのだ。犯罪被害者に対して「今のお気持ちは」とバカ面下げてマイクを突き出すヤツらもあわせて、竹島にでも行け。
まぁ、テレビはじめマスコミ報道を疑いネットに真の情報を求める、って言えばかっこいいが、ネットの情報とて結局マスコミの記者さんがたの努力の結果なわけで。マスコミがすべてクズなのではなく、マスコミが流すクズ情報を正確に嗅ぎ分ける嗅覚を常に持ちたいと。そう自戒をこめて生きている今日この頃なのである。

↑見るなら直接見ろw
別窓 | マスコミ | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

靖国神社行きました

20060521154217
久しぶりの上天気。
小学校高学年の娘二人とともに靖国神社へ。
娘二人に、靖国神社はどういう神社か知ってるかと尋ねてみる。
「中国人と朝鮮人がまつられてる神社」
とこともなげにのたまう。
ΣΣ(゚д゚lll)ズガーン!!
テレビのニュースでは「靖国・中国・朝鮮」としか聞こえないからだろうな。
娘二人には丁寧に説明しましたけどね。
遊就館に若い男女が多かったのが救い。特亜と偏向マスコミ、サヨク教師が垂れ流し続ける史観に疑義を差し挟めるよう、学んでほしいね。
頼むよ、わが愛する娘たち。

↑もうすぐみたままつりです
別窓 | 日々徒然 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

政治と商売

5_yANU0l.jpg

えー僕は封建的な男です。
職業に貴賎はなく、また為政者は高潔であるべきと考える男であります。
■【主張】同友会提言 中国干渉に手を貸す恐れ
 経済同友会は小泉純一郎首相の靖国参拝について、日中関係改善のために「再考が求められる」と自粛を求める提言を行った。なぜ、この時期に提言など出したのか、首をひねらされる。
 中国の胡錦濤国家主席は三月末、訪中した日中友好七団体代表団の橋本龍太郎元首相(団長)らと会談し、「日本の指導者が『A級戦犯』をまつる靖国参拝をやめるのなら、首脳会談を開く用意がある」と述べた。秋の自民党総裁選を意識し、次期首相を牽制(けんせい)した発言である。韓国も同じような理由で首脳会談を拒否している。
 日本の政界でも、次期総裁選をめぐり、東アジア外交に絡めて靖国問題を焦点にしようとする動きがある。そんな時期に、経済同友会があえて首相の靖国参拝の自粛を求める提言を行ったことは、中国などの内政干渉に手を貸すことになりかねない。
 同友会は国立追悼碑の建立も提言している。この靖国代替施設構想も中国や韓国に同調したもので、日本国民のコンセンサスは得られていない。
 同友会の幹事会では、「この時期に公表すべきではない」「靖国参拝の再考など促すべきではない」といった異論が続出し、出席した約七十人の幹事のうち十一人が反対したといわれる。多数意見での採択は異例だそうだ。どんな反対意見が出されたのかも、同友会は明らかにしてほしい。
 小泉首相は「(これまで)財界から『参拝してくれるな』という声もあったが、『商売と政治は別だ』とはっきりお断りしている」と述べ、安倍晋三官房長官も「首相の言っていることがすべてだ」と話した。政府の一貫した姿勢を支持したい。
 提言は「中国などアジア諸国に少しでも疑義を抱かせる言動は、戦後の日本の否定につながりかねず、日本の国益にとってもプラスにならない」としている。そういう近隣諸国への過度の配慮が戦後日本の外交を誤らせてきたのではないか。これからは、中国などに疑義を持たれても、言うべきことをはっきり主張する外交が必要だ。
 靖国神社に詣でることは日本の文化であり、日本人の心の問題でもある。誰がいつ、いかなる気持ちで参拝しても、それが妨げられないような静かな環境を保ちたい。
平成18(2006)年5月11日(木) 産経新聞朝刊

マスコミは常に反体制であれという風潮があり、政府の対応を褒めるマスコミは「御用マスコミ」と揶揄されるこの国。親米保守を地でいく産経新聞はそんな反体制マスコミや進歩的知識人、良識派日本人から蛇蝎のごとく忌み嫌われているのはご存知の通り。まぁ親米べったりの論調に時々胸ヤケしてしまうのはご愛嬌ということで、産経は上記のように、「まともな」意見が載せられる数少ない新聞ですな。
経済立国であるわが国は、経済がすべてに優先される。たしかに一国の予算並みの経常利益を稼ぎだすトヨタ自動車、技術力と力技の営業力でのし上がるキヤノンなど、この国の屋台骨を支えている企業のご意見、拝聴せねばならないだろう。
だが、僭越なのである。
もちはもち屋とゆー言葉がある。素人が玄人のやることに口を挟まないほうがいいとゆーことだ。
マスコミや新聞で散々馬鹿扱いされる政府自民党の皆さんだが、彼らは政治のプロである、たぶん。何十年もの間、政治一筋でやってきてるわけである。大田区の中小企業の技術力とかと、おんなじだろうと。
旋盤一筋数十年の大田区のオヤジに、旋盤の使い方がマズイなどと向かいの電器屋のオヤジが口を挟んだら、喧嘩になるだろう。逆に電器屋のオヤジの接客がひどいと旋盤オヤジがゆったら、電器屋怒るわな。
(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻
>商売と政治は別だ
この発言を差別的として粘着するマスコミもある。商売よりも政治が尊い職業と捉えたものか。論点のすり替えでしかない。あくまで、政治に経済が過分に介入することを諫める発言である。
靖国参拝の一件は、小泉首相の言っていることを全面的に支持する。心の問題、宗教問題を政治外交のカードにしてはいけない。

↑支持政党は自由民主党(今のところ、消去法で)
別窓 | 愛国 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

麻生外相、首相にならんかなぁ

m52456.jpg

二週間近く更新を怠っていたのは、ゴールデンウィークを利用して朝鮮半島へ抗議活動へ行っていたというわけではありません。僕の仕事は完全週休二日、つまり祝日は無関係なのです。5月5日は金曜日以外のなにものでもない(涙)。そのうえ、大型連休の時期というのは取引先の関係で仕事がとても忙しい。土日の休日も返上で仕事。代休消化が精一杯で、有給休暇など取ったためしがない。3年前義兄のとこで不幸があったときでも、代休でおつりがきたくらいだ。
いー加減この商売やめたいわ。
とまぁ忙しさのあまり休日は寝たきりになっている僕なので、最近新聞も読んでない。テレビはもともとタモリ倶楽部と格闘技、NHKの歴史ドキュメントくらいしか観ないので、世事に疎くなる。これはいかんと久々にネットでニュースなど読んでみた。偏りっぷりが堂に入っている大紀元日本語版に麻生外相の記事ハケーン。
麻生外相:東アジアの安定、中共の国内問題処理能力が重要
 【大紀元日本5月6日】麻生太郎外相は3日午後(日本時間4日未明)、ワシントンの米国戦略国際研究センター(CSIS)で、東アジアの地域情勢を中心に講演を行った。その中で、中国の国内経済、環境と社会問題などに対応するための中共政権の処理能力が、東アジアの安定にとって非常に重要であると強調した。
 麻生外相は発言の中で、中国経済の高度成長と科学技術の進歩を肯定すると同時に、貧富の格差問題や不透明な軍事予算、政治の民主化などの問題を指摘。「今日の中国の新しい繁栄と富は、輝かしい側面と同時に、リスクや潜在的な問題を包含していないわけではない」と語り、「古来より新たな勢力が突然台頭することで周辺諸国は疑念や恐怖感を抱いた。同じ歴史のパターンは東アジアでも見られる」と指摘、中国の急速な経済成長と軍備増強について、脅威であるとの認識を強調した。
 また、「中国の発展には不確実性が存在しており、東アジアの地域環境に関して予見可能性を増すためには、こうした不確実性を解消する必要がある…そしてこの予見可能性を高めることが、ひるがえって、『安定しかつ繁栄した東アジア』という最終目標を達成する上で鍵となる」と述べ、中国の責任ある利害関係者としての行動が不可欠だと指摘した。
 一方、日中両国は、小泉首相の靖国神社参拝問題や東シナ海でのガス田開発、日本の歴史教科書問題など、外交争議が生じていることについて、麻生外相は、日中関係は単一な問題に限定されているのではなく、両国間の貿易や旅行産業、文化の交流なども盛んに発展していると説明した。
 また、六カ国協議における中国の役割について、「中国は、自国にとってもより広い地域にとっても悪影響を及ぼし得るような問題について、解決に向けた協力を行ってきている。我が国は、このような中国の東アジア地域への建設的な関与を歓迎する」と見解を示した。
 また、外相は、日本や米国などの他の関係諸国との建設的な協力が自国の利益につながることを中共政権に認識させるべきと語り、多国間の地域枠組みを構築することの重要性を強調、「東アジア地域を、相互不信や偏狭なナショナリズムに基づくパワーゲームの場としてはならない」との見解を示した。
 さらに、麻生外相は中共政権に対し、民主化の実現や軍事予算の透明性の向上を求めた。(06/05/06 07:55)

麻生太郎という政治家は、かの大政治家、吉田茂の外孫でもあるが、その思想をDNAレベルで受け継いでいるような気がする。親英米、反共、皇室堅持といった吉田茂が貫いた基本姿勢は変わっていない。吉田茂は保守系自由主義者だが、その自由主義精神によって戦時中投獄されてもいるし、軍部との意見衝突で駐英大使の座を追われたこともある。強勢なる相手に阿ることを一切しない、意志を貫くという姿勢はやはりDNAか。
麻生外相は「生まれはいいが育ちが悪い」と自分で笑うが、とにかく金に不自由しない立場にいたためか、政治家につきものの金銭スキャンダルの類が一切ないのも強みだろう。このへん、1億円ポマードのヒトとは決定的に違う。
格差社会の危惧と言われる昨今だが、格差と差異というのは別もんだろう。公平であるべきなのは機会の均等性であって、結果の均一ではないだろ。
僕は封建的な男なので、「生まれついての気品」のあるヒトには惚れる。「生まれついての気品」を持つヒトというのは、その気品を保持するためにものすごい努力をしなければいけないので、通常の人間にはやはり不可能なのである。筒井康隆先生の「美藝公」という小説は、日本が封建制の美徳を保持している社会を描いたSF小説だ。内容は、日本は映画産業が主力の文化国家で、美藝公と呼ばれる名俳優が国民の心の支えとして君臨しており、政治にまで影響を与える、というような感じのもの。美藝公には天皇陛下のイメージが重なる。生まれによってその人間を卑しいと決め付けるのは良くないが、その逆、生まれによって尊い人間というのはありうると思うんだがな。ってか、育つ環境がもっとも大事だって言うことだ。
クチがちょいとばかし曲がってても、麻生外相に気品を感じるのは、僕だけですか(笑)。一回、このヒトに首相を務めてもらいたいと思ってるんですが、ダメですかねぇ。もし今度の首相は公選で選ぶことになって、しかもネット投票OKになったら、ほぼ確実に当選すると思われ。
しかし、こんなヒトがなんで河野グループにいるのかねぇ…ってリンク先見たらわかりました。

↑タロちゃんがんばれ
別窓 | 愛国 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。