市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

なつのおもいで


夏である。
長期予報では今年は冷夏とゆってたような気もするが、例年にも増して暑い日々である。
夏になると思い出すのは、母方の祖父母のことだ。母の郷里へ盆帰りするのが楽しみだった。母の郷里といっても、十数キロしか離れていないので、車で行ったら30分もかからない。
しかし僕の父親はその頃決して母の実家に顔を出そうとしなかったので、車で送ってもらえない。結果、国鉄とバスを乗り継ぐことになる。田舎なので国鉄もバスも本数が少なく、十数キロの距離の移動にに3時間くらいかかった。特に母の郷里へつながるバス路線はさらにローカルで、本数の多い幹線から枝別れするためまた本数が少ない。バスを逃してしまうと、枝別れするバス停で降り、畑の中の道を歩いたものだ。若くて綺麗だった母と、二人の姉とともに、祖父母の待つ家を目指して歩く盆の昼下がり。
なんか、懐かしくて涙出てきたわ。
じいちゃん、ばあちゃん、僕は、頑張って生きていきますよ。あなたたちが、がんばって生きて行ったように。向日葵のうしろに、あなたたちの姿が見えた気がしました。合掌。

スポンサーサイト
別窓 | 街で見かけた。 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

高校やきう


就職した会社の配属の関係でこの街に住んで、もう二十年以上たってしまった。生まれ育った街で暮らした歳月より長い。
この街は習志野といい、千葉県にある。もともと江戸幕府の直轄牧場で、陸軍の演習場となった地域。習志野という地名は明治帝の命名と言われる。
この地名が少しだけ有名なのは、高校野球で激戦区といわれる千葉県で、甲子園の常連校の一角だから。市立習志野高校は春夏あわせて三回優勝してる。
毎年県予選の応援に駆け付ける。市立高校らしく越境入学はあまりなく、ホントに近所の息子がやってるので、高校野球らしいんだよね。
応援に付き物のブラスバンドだが、なにげにこの習志野高校ブラスバンド部、吹奏楽の全国大会では毎年上位入賞。そばで聴いてると、うまいのがよくわかる。音圧っていうのが違うね。

別窓 | 街で見かけた。 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

新春恒例

20100102171634
今年は仕事で参拝できないかもと思ってましたが、同僚に仕事代わってもらって靖国神社へ参拝。
初詣は自宅近くの氏神さまへ行き家内安全と子供の受験合格を祈ったので、靖国の英霊には国と皇室のいやさかを祈る。
九段坂には、今日もウイグル協会の皆さん。がんばりましょうお互いに。
別窓 | 街で見かけた。 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

赤羽で昼飯

20091219111925
中華街以外の場所でも、シナ人が鍋を振る中華料理店が増えた。こういう店、かなりの確率で安くて美味い。日本語があやふやで愛想も全くない親父と母ちゃん、娘さんとかでやってる場合が多いだろうけど、今までほとんど外したことがないんだな。
今日は赤羽駅東口徒歩一分のところにある「唐和」という店で「青菜入り豚角煮炒飯と餃子三個」を食す。本体680円と餃子三個120円、合計800円。
この店は二度めの訪問。近くに大勝軒の分家があるので寄ろうとしたとき、変に行列してたんでやめ、近くにあったこの店に入ったのが最初。期待以上の味と価格に大勝軒に入らなくてよかったと思ったもんだ。大勝軒もすっかり陳腐化したのでねぇ。
今日頼んだメニューも非常に高レベル。中華料理店のレベルは炒飯で判るが、飯のパラパラ感と調味の具合が絶妙。混ぜてある豚角煮も八角が効いたマジもん。付け合わせのザーサイさえ、あらびき唐辛子と胡麻と葱で調味してあるし、卵スープはケチャップを隠し味にしてるし杏仁豆腐の食感もいい。ついでに炒飯は一般的な中華料理店の大盛りサイズでつ。
なお餃子は普通。
赤羽にはこの他にもう一軒お気にのシナ人中華料理店がある。ここも味が良くボリュームがすごい。一体なに費を削ったらこんなにサービス出来るんだか。家賃タダとか人件費タダじゃなきゃ無理くね?と思っちゃうんだよね。在外シナ人つまり華僑には、堅固な相互扶助ネットワークがあると聞く。無利子で金を貸すとか、それこそ返済を期待しないで貸すくらいの融資でもあるのだろうな。
別窓 | 街で見かけた。 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

江東区にて

20091216132225
東陽町にあるまるしん(○の中に心)というラーメン店へいこうと歩く。永代通りを海側へちょいと入って大門通りという道へ。運河の名残の橋を越えるとなにやら黄色いカンバン。よくデパートの屋上に据え付けられてる店マーク看板のような、直方体のやつ。
「日本再生の道は教育にあり 正しい歴史を受け継ぎ 勇気・忍耐・思い遣り 美しい文化を育てよ」
「謝罪と追従を止め 世界に尊敬される 真の独立国家を創ろう」
とあり、上の写真のカンバンもその一面。その裏側は道路からは見えず、周囲の民家やマンションからしか見えないんだが、
「日の丸 君が代は 国の 誇りです」
とある。
これを建てた個人や団体の名前は記されていない。強烈なメッセージ性のわりにはいささか拍子抜けの感もあるが。
かと思ったら、このカンバンの隣に小さな石碑。古いものではない。正面に刻まれた文字は、
「皇太子殿下御降誕記念」
とある。日付は
「昭和九年十二月吉日」
・・・。
今上陛下のです。
建立者は
「洲崎三業組合深川区分会第十一班」
とある。
三業ってのは花柳界をさす言葉で、当時違法ではなかった売春を暗に指す。賎しい職業とされていた彼らだからこそ、あえて強く尊皇を叫んだのだろうか。
日本人としてアタリマエなことをわざわざカンバンに書かねばならない時代である。
別窓 | 街で見かけた。 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ねこ観察日記

20091117135204
我が家に新しい家族が加わって二ヶ月ほど経つ。茶色の虎ねこ、男の子である。
当初はネコミルクをちゅうちゅう吸っていたが、今はもうネコマンマをくちゃくちゃやってる。耳の形も子猫からは変わってきたし、第一すばしっこくなりまくったw。人間でいえば幼児くらいになったのだろう、狭い部屋を駆け回る駆け回る。幼稚園児がむやみやたらと全力疾走するのに近い。ねこ本来のバランス感覚もしっかりしてきたようで、狭い足場でもすたすた歩く。22時頃帰宅して食卓でひとり酒を飲んでいると、椅子の背もたれにすっと登る。そして僕の肩と腕をつたって膝の上に陣取る。
あぁかわいい。
まんまるい瞳で見上げられると、自然と僕の表情も緩む。「癒し」といいう言葉の意味合いが良くわかる今日この頃。
なお、この子は拾い主の娘により、マシューと名付けられた。
別窓 | 街で見かけた。 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

福岡県

20091107120910
更新が滞るどころの話しじゃないくらいですが。仕事が忙しいので、マジギレしそうなくらい。
取引先と一緒に出張です。九州は福岡、博多に参りました。久留米市には数回来てましたけど、博多は十数年前に上役のかばん持ちで来ただけ。まぁ上役も博多が大好きでしたが、その気持ちもわかりますわな。飯うまい酒うまいタクシー安い。ホントはねーちゃん綺麗もあるんだろうけど、最近すっかりご無沙汰で興味ないんでねぇ。
帰京を延期し、観光。土曜日は休みだし自前で宿泊延長だからべつにいいでしょ(笑)。神社仏閣好きで電車好きな私は太宰府天満宮へ西鉄電車に乗って行きます。わざわざ各駅停車に乗りまして、へー九州じゃ「原」って「ばる」って読みよーねとか感心しつつ。
太宰府天満宮はもちろん初めて訪れる場所。菅原道真公が奉られる社ですな。学問の神様とされている管公ですが、配流の末の客死と相当な怨嗟を抱いており、雷神に姿を変えて御所へ復讐にやってきたくらいの祟り神でもありました。
学業成就のお守りを買って、また西鉄電車に乗ります。
別窓 | 街で見かけた。 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。