市川電蔵事務所

ヘンだと思ったらちゃんと抗議する、そんなアタリマエのことができるようになろうと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

遺跡で酒盛り

sigiriya.jpg
↑いやはやこれはまた絶景。素晴らしい文化遺産ですな。
アサヒ発泡酒CMを中止 スリランカで遺跡撮影に批判
2013.6.6 16:44 [CM]
 スリランカ中部にある古代都市の遺跡で、世界遺産の「シーギリヤ」を舞台にしたアサヒビールの発泡酒のCMに対し、スリランカ国内で「文化遺産の冒涜だ」との批判が高まり、アサヒグループホールディングス(HD)は6日、CM放映の中止を決めた。

 CMは、王宮の遺構があるシーギリヤの岩山「シーギリヤ・ロック」の頂上で、出演者の長瀬智也さんら男女が発泡酒を手にパーティーを楽しんでいるという設定。スタジオでの撮影と現地の空撮映像が合成され、5月中旬から日本で放映されていた。

 放映開始後、スリランカの新聞などが「国の文化遺産で酒盛りをする内容のCMは受け入れられない」と批判。今月5日には、中心都市コロンボの日本大使館前で仏教団体のメンバーら約20人が抗議デモを行った。AP通信などによると、スリランカのバラスリヤ国家遺産相も、同国の広告制作会社は栄養ドリンクのCMとして政府から撮影許可を得ていたとし、この会社に法的措置を取ると語っていた。スリランカ国内では酒類とたばこの広告は禁止されている。(共同)
(MSN産経ニュース)

おそらく、クールな広告代理店がクールなプレゼンをしてクールなクライアントを落とし、クールなスタッフでクールに創りあげたクールなCFなんでしょうな。
私は最近とみにテレビを観ないんで、このCFがどんなのかは知りませんが。何しろ深夜アニメとタモリ倶楽部くらいしか観ないからなぁ。いや、実際はすべて録画視聴なんで、CFは飛ばすかカット済みだし。
「宗教」を口にしないことがクールであるということになってる日本。世界では「宗教」が生活の第一番目に来る国のほうが多いことに気づけない。無理やり日本で例えたら、八幡宮の境内で外国人が酒盛りしてる絵を見せられるようなもんだ(八幡神とされる応神天皇は、このシギリヤ遺跡建造から約100年後の人物なんで一応)。
こないだ2週間ほどタイに行ってたが、ここも酒と煙草に関してはけっこう厳格だったし、上座仏教ではそもそも酒は破戒のはじめである。
現地広告制作会社は、栄養ドリンクの撮影と言って許可を取ったとのことだが、日本制作サイドからのサジェスチョンがあっただろうなと邪推せざるを得ない。
「ガタガタ言わないで、とりあえず撮影してくりゃいいんだよ!」
くらいのことは言ってるな。あくまで邪推。
自分が考えるクールなことが世界標準、もしくは世界最高水準だとでも思ってたのだろう。仮にも文化の一翼を担う広告屋にしては、あまりにお粗末。相手への尊敬が、絶対的に足りないのである。
お前らまったくクールじゃないんだよ。
スポンサーサイト
別窓 | マスコミ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

そんなことは言っていない

080124_04.jpg
↑僕は東国原氏…そのまんま東は好きでしたよん。たけし軍団の、バカなことに一生懸命になるって体質が好きです。
本日2月16日は、北朝鮮の偉大な首領様、キム・ジョンイルさんの誕生日やそうです。まぁお誕生日おめでとう。あと何回誕生日を祝えるかなぁ。
カン首相の失政は日常茶飯事、ハトヤマ前首相の宇宙人っぷりも喧伝される昨今。民主党政権が終焉を迎える日を指折り数える毎日なわけだが。
さて、自民党政権末期、麻生元首相のころはどうだったかと。テレビ・新聞・週刊誌を中心としたメディアは、「政権交代」を声高に叫んでいた。麻生元首相の一挙手一投足をこれでもかとこと細かに報じ、氏がどれだけ日本の指導者として不向きであるか、いわゆる「ネガティブキャンペーン」を繰り広げた。居酒屋でホッケの煮物を頼んだだの、カップラーメンの値段を知らないだの、プライヴェートで呑みに行くのはホテルのバーで、葉巻をくゆらせているくらいだから庶民とは感覚がかけ離れているだの。
ホッケはたしかに一夜干にしてからっと焼いたのが旨いが、煮魚にしてはいけないということはないわな。
カップラーメンの値段を知らない男性はかなり多いと思うぞ。僕のように食品関係の仕事で日常的にスーパーに出入りしてるならともかく、麻生氏と同じ「普通の」60代男性でカップラーメンの一般的小売価格を知ってる人は何人いるかね。セブンイレブンはじめコンビにでは、そのPB以外は普通の値段で売ってるわな。税込み168円が普通だろ。この値段が、特売のときに98~125円程度になることもあることを、果たして60代男性の何パーセントがそれを把握してるのかね。誰でも知ってるでしょうそんなこと、と言うのであれば定年退職したオヤジどもは、いつだって自立できるわ。
ホテルのバーで飲むのがけしからんと言ってたが、一国の宰相、世界有数の経済大国の宰相が日々の疲れを癒すのに訪れる酒場として、何か問題でも?と思うのは僕だけか。(いちおう登録企業の)僕の会社の社長が日常的に赤提灯でもつ串焼きかじってとチューハイをすすってたら、マジで幻滅するけど。
庶民感覚とかいううすら甘い言葉で、品格をごまかしてる。庶民感覚を連呼するマスコミ諸氏は、自分自身は決して庶民ではないと確信している。年収が1千万以上のテレビ局員が、給与削減に反対してストを打つ業界だ。日航の次に破綻するのはテレビ局や新聞社だぜ。選民意識の上にふんぞり返ったマスコミ諸氏は、審判の日が来るまで惰眠を貪ることだろう。残念ながら、テレビラジオ新聞雑誌、一部映画関係などのマスコミ関係ってのはいまだに左派の強い影響下にある。カン首相を叩くわりには、退陣を言わない。民主党の次の首相をのぞんでるフシがある。自民政権のときとの違いがそこだ。
マスコミが依る、「庶民」がその味方であることはもう幻想であると気がついたほうがいいのでは。「テレビで言ってた」「新聞に書いてあった」「雑誌に出てた」としてその言説を無条件で信じる人々は、確実に減少してる。これまで通用してた手口は通用しにくくなってるのだ。
スポーツ報知
 本日のスポーツ報知の「渡辺美樹氏が都知事選出馬」という記事の中に、「立候補を模索する東国原英夫前宮崎県知事の「企業経営と政治は別物」との指摘を記者からふられ・・・・・」という文章があった。
 どういうことだろう? 有り得ない。「企業経営と政治は別物」等と発言したことは一切無い。
 この「記者」はどこの記者さんなのだろう? 僕がどこでどのように発言したのか?確認したいものだ。
 随分以前から、地方自治体は「運営」から「経営」の時代に入っている。自治体運営・経営が経営者の感覚を持たなければならないことなど当たり前のことで、今や標準装置である。いわゆるパブリックマネージメントの概念である。
 企業経営にも政治感覚が必要であろうし、政治にも企業経営感覚が必要なことは自明のことである。
 昨夜、下北沢のサウナに約5年振りに行った。茶沢通り沿いにある古く小ぢんまりしたカプセルホテル&サウナである。
 先日、ある国会議員さんと話をしていて、「昔、下北沢のサウナでよくお見掛けしました」と言われた。あの時から、一度行ってみたいとずっと思っていた。
 殆ど変わっていなかった。変わった所といえば、サウナのドアと更衣ロッカーが新しくなっていたことくらいである。後、鏡に映る僕の体形があの頃よりちょっとぶよっていた。
 僕はこのサウナが好きで、以前、ジョッグの後などよく行っていた。あのサウナは何故か落ち着くのだ。今回、行ってみてやはり落ち着いた。
 5年前からいきなり現在にワープして来たみたいな・・・・この5年がまるで何も無かったような・・・・何か不思議な感じがした。(東国原英夫 オフィシャルブログ そのまんま日記(2011-02-16)

東国原氏の言葉が本当なら、いち報道機関の人間が、本人の発言の裏を取らずに公的なる記者会見の場で虚偽の発言をしたに等しいわけで、報道機関・言論機関の自己否定にほかならない。東国原氏のこのWEBでの発言に対し、誰も異議を唱えてはいない。
 記者会見の場で発言し記事になってしまえば、その正誤は問われないのか。東国原氏はもしかしたら、会社経営と政治は違うと受け取られかねない発言をしたことがあるのかもしれない。ならば、その言質を抱えた記者は、それを堂々と言えばいいのである。正しいのか誤っているのか、お互いが面と向かって議論しあう、それが言論の自由なのではないか?言論の自由を標榜するこの国において、マスコミに従事する人々の専横っぷりが非常に鼻につく、今日この頃。
 「マスコミが報じたこと意外はすべて嘘」
 「テレビが言ってることが本当」
こんな時代はもうやめようや。ネットの記事も、基本は新聞社などの既存マスコミの取材に依るものだが、いつかこの一次情報そのものが既存マスコミの隷下から解放される日が来ると信じる。オーマイニュースみたいな恣意的なかたちじゃなくてね。
別窓 | マスコミ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

うそはうそであると見抜ける人でないと(ry

b0061007_1031358.jpg
MSN産経ニュースの「正論」に寄せられた、櫻井よし子氏の一文である。長いが、すべて引用しよう。


【正論】民主党政権発足に寄せて ジャーナリスト・櫻井よしこ (1/3ページ)
 ■日本の衰退を決定づけないか

 政権交代で実現した鳩山内閣に国民は7割を超える支持を与えた。「政治が変わる」ことへの期待感の大きさゆえである。
 たしかに政治も、国際社会での日本の地位も変わるだろう。しかしそうした変化が、必ずしも日本と日本国民の名誉と幸福を意味するとは思えない。むしろこのままいけば、民主党政権は日本の衰退を決定づけると思えてならない。
 日本の運命は、米中両国との関係によって影響されてきた。日米間の相互理解を確実にし絆(きずな)を強め、中国の影響を最小にとどめおくことが、日本の国際社会における安定した地位につながった。
 中国の視点に立てば、日本の存在を限りなく卑小化することが、アジア及び国際社会における中国の地位の確立の基本である。
 事実、中国共産党は長年日本を第一の敵としてきた。彼らは剥(む)き出しの敵意や対立姿勢の時期を過ぎ、いまや微笑を以て対日外交の基本とする。微笑は中国の自信を表す。米欧諸国をはじめとする第三諸国で巧みに展開する、反日情報戦略の恐ろしさを覆い隠す。

 ≪米欧諸国での不条理な動き≫

 私たちはすでに、奇妙で不条理な幾つかの動きを米欧諸国で見てきた。米国下院は事の真相を確かめることもなく、慰安婦問題で日本非難の決議を採択した。カナダは、「南京大虐殺」など日本の「蛮行」を詳述した教科書を導入した。欧州でも同様の動きがある。受け容(い)れ難い捏造(ねつぞう)に基づく日本非難の歴史観と、拭(ぬぐ)い難い対日不信が国際社会に広がりつつある。

(2/3ページ)

 慰安婦決議のマイク・ホンダ氏に見られるように、この種の一連の動きの背景に中国共産党の戦略、戦術があると考えてよいだろう。中国が表で展開する微笑外交と裏で進める反日情報戦略の結果、日本は、自由、民主主義、国際法、人権と人道などの価値観を共有する欧米諸国から厳しい批判を受けるに至った。中でも米国は同盟国だ。本来ならば、より良い世界を構築するために手を携え、協力し、助け合うべき間柄だ。
 日本が非難の矢面に立たされるのとは対照的に、チベット人やウイグル人を虐殺し、人間にとって生きる価値の根本をなす自由を阻害し、およそすべての意味で価値観の相容れない中国が、いまや、微笑を湛(たた)えて、米欧諸国のパートナーとなっているのである。
 中国は日本の前に「貶(おとし)めの壁」を築き上げた。その壁を打ち破ることが日本にとっての重要な課題となっている。外交でもビジネスでも、日本は本題の前に、歴史について説明しなければならない立場に立たされている。面倒であり、摩擦の元凶だとして説明を避ければ、中国の主張を認めることになる。だが、日本が説明しても弁明だと受け止められてしまう。状況は非常に厳しいのだ。
 そもそも歴史問題において、日本と戦った米国に、真の意味で日本の主張を理解し、日本の側に立つ人物がいるとすれば、その人物は少数派に属するであろう。にも拘(かかわ)らず、米国人が日米関係を米中関係よりも重視するとしたら、それが米国の国益につながるからである。米国の国益に資することがなくなれば、彼らの対日姿勢が変化するのも当然である。

(3/3ページ)

 ≪米中両国の深い谷間の底に≫

 日本が日米関係を必要とするように、米国も必要としているのか。日米同盟が日本の国益にとって重要なように、米国にとっても重要なのか。自民党政権は、日本の命脈に関(かか)わるこの点を十分に考えてこなかった。対策を講ずる能力を決定的に欠き、自衛隊を真っ当な軍隊として位置づけることも、集団的自衛権の行使に踏み込むこともしてこなかった。一方的な米国依存で、米国の顰蹙(ひんしゅく)を買った。歴史問題においても、反発を恐れるあまり、十分な説明と丁寧な自己主張を避けてきた。これでは日本は信頼されない。
 だが、民主党政権には日米関係を深め、緊密化する考え自体が欠けている。東アジア共同体を推進し、中国にシフトするかのような鳩山由紀夫首相の主張はすでに米国に対日不信を抱かせている。「日米対等」を謳(うた)う岡田克也外相は、日本が自前の軍事力で自身を守れる国になることで対等の域に近づこうとするのではなく、米国に注文をつけることに重きを置いている。
 このような民主党政権であれば、米国は同盟に疑問を抱き、中国との連携を深める道を選ぶだろう。米国の中国重視がすでに明らかないま、中国の最も望んでいた日米同盟のなし崩しと日本の地位の下落を、鳩山民主党が先頭を切って加速させようとしているのである。民主党が米中の緊密化に正当性を与えようとしているのである。結果として、日本は米中両国の影に染まった深い谷間の底で、誇りなき姿で蹲(うずくま)り続けることになるのではないか。私はそのような事態の出来(しゅったい)を憂えている。(さくらい よしこ)
MSN産経ニュース 2009.9.21 03:23

民主党にももと自民・民社の議員がおり、左派系一辺倒の政党ではない。たけしのTVタックルのような論壇番組に出演する民主党議員は結構保守系寄りの議員が多い。しかし、党の政策決定など、いわゆる「中の人」は、旧社会党をしっかり引き継いでいる。そしてその最大支持母体は「連合」、日本最大の労組連合体であることはご存知の通り。自治労・日教組も参加してる団体だ。
こういう政党が、ついに日本の政権与党になった。予想されるのはどういうことか。
中国共産党 「日本解放第二期工作要綱」という怪文書が描く世界の現実化である。あくまでも怪文書なので引用はしないでおくが、まだ読んだことのない方には、ぜひご一読をお勧めする。
マスコミは事実を報じない。テレビにいたってはもはや救いようがないほど凋落しているし、新聞もラジオも恣意的な情報しか流さない。ネットのニュースももともとは新聞社や通信社の配信であり、丸呑みするわけには行かない。無論、ネット自身がゼッタイに信頼できるメディアでない(鳩山内閣の支持率 ニコ動調査では「25.3%」)ことは百も承知だ。情報とはニュースだけではない。ネットの充実は、図書館へ行かずとも資料をそろえることができるようになったなど、思考のための材料を得やすい環境を作り出した。思考することが、情報に踊らされない最大の防御である。
情報操作による人身操縦は、中国共産党政府のお家芸である。シナ大陸を駆け巡り覇権を争う歴史の積み重ねであるかの国は、虚虚実実の情報外交戦に長ける。大きな内乱を400年以上前に終了してしまった日本は、どうしてもこの面で劣る。情報という名のウソを的確に見抜き、思考を重ねていくことが生き残る道だ。「ウソも100回言えば本当になる」ってのは実は真実で、本当になってしまったウソは、確実にその対極にあった事実を駆逐する。日本を貶めるものを赦すことはない。
別窓 | マスコミ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ネットの闇を形成するのは…

e-netsign.jpg
最初に断っておくが、エイプリルフールネタではない
本社編集局員、差別表現をネットに投稿
 朝日新聞社内のパソコンからインターネットの掲示板に不適切な内容の書き込みがされていたことが分かった。本社は31日、この文章を書いた社員を特定し、事情を聴いたところ、投稿を認めた。
 社員は東京本社編集局の校閲センター員(49)で、掲示板サイト「2ちゃんねる」に断続的に投稿していた。部落差別や精神疾患への差別を助長する内容が含まれていた。3月30日夜、外部から指摘があり本社が調査を開始した。
 このセンター員は「他の投稿者と応酬するうちにエスカレートしてしまった。悪いことをしました。釈明の余地はありません」と話している。
◆本社「厳正に処分」
 朝日新聞社広報部の話 弊社社員が2ちゃんねるの掲示板にきわめて不適切な書き込みをし、多くの皆さまに不快な思いをさせ、ご迷惑をおかけしたことをおわびします。事実関係をさらに確認した上で、厳正な処分をいたします。(asahi.com 2009年3月31日23時4分)

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \
この前日、朝日新聞社のIPが「アク禁」くらったと2ちゃんねるが大騒ぎになったんである。2ちゃんねるのアク禁は、書き込み規制であり閲覧は可能。悪質な書き込みや執拗な宣伝行為などがあった場合、管理者が設定するわけだが、これが個人ではなくてリモートホスト、ISP単位での規制になるため、「巻き添え」を食う場合が多いんである。かくいう僕も数回巻き込まれている。
ンでもって、不思議なことに、31日(火)あたりから、一部の板の書き込み傾向が明らかに変わったと指摘。
221 : しらね(catv?):2009/03/31(火) 23:36:58.86 ID:j5BC1HGK
●朝日新聞社内からの書込規制が始まって起こった事実●
 ・大量にあった「ネトウヨ」レッテル張りが無くなった
 ・大量にあった自民叩きのAAが無くなった
 ・「小沢さん」を擁護する書込みが無くなった
 ・民主党を擁護する書込みが無くなった
 ・北朝鮮・韓国を擁護する書込みが無くなった
 ・日教組を擁護する書込みが無くなった
 ・「ニート」レッテル張りが無くなった
 ・マスゴミ擁護の書込みが無くなった
 ・上から目線の加齢臭漂うネット批判書込みが無くなった
 ・低レベルな論争が減り非常に静かになった(N+,ν速,東亜,極東等)
 ・主に携帯からの「アク禁は2chらしくない」等の単発工作書込みが異常増加

僕は東亜板をよく見てるが、ここも明らかに左翼系書き込みが激減してる。まぁマスコミがネット取材と称して掲示板を閲覧してるのは当たり前だが。ホントかどうかは各自のご判断に任せるが、こんな書き込みまで。
504 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2009/03/31(火) 18:44:51 ID:wjQ5lpxx0
俺、朝日本社IT関連部門でパートナー企業から出向して
システム部門へのコンサルやってる人間なんだが、
(↑なので朝日の人間じゃないからねw)
今日一日本社は荒れまくりだぞw

今日上から突然投げられた案件
1.「ネット取材」が出来ないとしてデスクからクレームがきているので調査しろ
2.いくつかのIP(6個)のDNS設定を変更しろ

言わずもがな、2.のIPってのは規制かかったIPねw
ちなみに今日聞いたんだが、
「ネット取材」とか言うのをしてる連中って、
全社で社内/外含めて300人前後いる模様。

DNS設定の変更過程でログを見てたら、ほぼ24時間ネット取材してんのなw

おもなアクセス先は2ch、Yahoo!、楽天、mixi、報道各社、
あと韓国朝鮮の接続先がとてもともて多かった。
他方英語圏、ヨーロッパ言語圏など、
アジアから出るとアクセス件数はほぼ0に近い状態。

さてさて、どうなることやら。新年度一発目で非常に楽しい気分にさせてくれた。なお、問題とされた書き込みは以下のとおり。
32 : 市民団体(dion軍):2009/03/31(火) 23:26:09.14 ID:2uOsu61A
これが49歳の書き込みだっ!!!

http://mimizun.com/search/perl/idsearch.pl?board=rail&id=ccgwfsyN0
名無し野電車区:2009/02/20(金) 22:07:57 ID:ccgwfsyN0
失語症躁鬱ニート部落民は、すでにみんなに論破され尽くされている敗者だからね。

http://mimizun.com/search/perl/idsearch.pl?board=rail&id=84Tcb1Ln0
名無し野電車区:2009/02/21(土) 01:32:07 ID:84Tcb1Ln0
失語症躁鬱ニート部落民はとっとと首つって氏ねよ。

http://mimizun.com/search/perl/idsearch.pl?board=rail&id=53/Kvvqc0
名無し野電車区:2009/02/25(水) 22:41:17 ID:53/Kvvqc0
失語症が治ったのか?
それとも鬱病から躁病になったのか?
東急的指導? 持ち家もない貧民のくせに。

http://mimizun.com/search/perl/idsearch.pl?board=rail&id=J1bkwvlh0
名無し野電車区:2009/03/03(火) 17:52:57 ID:J1bkwvlh0
来たな。
>>458で通告したとおり、お前を改めて名誉足立区民に認定する。
なぜローマ字で表記しているのか馬鹿の考えていることは分からないが、
足立区的指導と足立区愛のたまものだと理解しておこう。
それにしても、いつまで「大倉山在住」と見栄をはるつもりか?w(大呆笑)


朝日新聞が異例とも言える速さで失態を認めたのは、問題の書き込みに差別表現があったからだろうな。解同がよほど怖いと見える。( ゚д゚)ハッ!怖いんじゃなくて、アサヒの中の人が解同なだけか。ネットのほうが数段怖いと思うがなぁ。
別窓 | マスコミ | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

マスコミの焦り

pic0.jpg
必死すぎてもう。
麻生首相の無知が久々に炸裂!「ずかい」
 麻生太郎首相が、「言葉の問題」で久しぶりにミソをつけた。13日、バレンタインデーのお返しとして女性番記者へ渡した直筆の手紙に、「御心ずかい」という一文があった。「ずかい」ではなく「づか(遣)い」が正解。日ごろ、麻生氏の漢字間違いをチェックしているだけに、すぐに「間違いだ」「心遣いと漢字で書けなかったのか」と、話題になった。麻生氏は贈呈の際、「男性は関係ない。女性!」「ジャーン!」とご機嫌で、ホワイトデーにちなんで白いICレコーダーも添えられた。一言一句を厳しくチェックする「武器」を贈られた番記者の発言チェックには、今後さらに熱が入りそうだ。日刊スポーツ [2009年3月14日7時32分 紙面から]

僕は、麻生首相を支持している。保守本流の政治家であり、ちょいと伝法でべらんめぇな口調、名族の生まれで金に汚くないところが好きだ。なお僕は自民党支持ではない。今回の西松建設問題では自民党の議員も槍玉に上がってるが、さっさとこの機会に排除してしまえばいいと思ってる。売国議員は政党に関係なく、いなくなるべきなんで。
特亜に阿ることなく、是は是、非は非と言い切っていた安倍内閣時代の外相をしてた頃から麻生首相のファンである。保守本流を標榜し、特亜に阿ることを良しとしなかった安倍元首相へのヒステリックなバッシングを思い出すほどに、マスコミは血眼になって麻生首相のあら探しをしている。小沢民主党代表のスキャンダルから目をそらす目的もあろう。
マスコミは反権力でかまわない。日本は言論の自由が保証された法治国家だ。だが、誤った言論は修正されるべきであり、修正をしない者は指弾されねばならない。あまつさえ、「心ずかい」というつづりは間違いだなどと言って、一国の行政の長を誹謗中傷するというのは、言論か?まぁ言論を謂うには多少役不足なスポーツ紙のことでもあるけどね。あ、日刊スポーツは朝日新聞グループね、念のため。なお、「ずかい」というつづりは、現在は間違いとされているが、昭和61年あたりまでは正解となってるようだね。広辞苑3版↓。

uporg2088175.jpg
あと、プレゼントに添えられた手紙を公開して馬鹿にするという点ね。これは記者としてありなのかね。安っぽい学園ドラマで、勇気を出して渡したラブレターを
「あいつ、こんな手紙よこしやがったぜ、読んでみろ」
「うわぁきめぇ、なに書いてんだバカじゃね?」

とか言いながら皆で回し読みをして笑い転げる意地悪な男子みたいだわ。非常に子供っぽい。
スポーツ紙とはいえ公器のはしくれだろうに、品のない紙面を作るのはやめてほしいもんだ。日刊スポーツは日本で最初のスポーツ紙であり、社会面を設けたのも最初だとか。社会の木鐸を自認するなら、もう少し品格を考えてくれ。品格のあるエロ記事もね(笑)。
ついでに僕の「大好きな」TBSの話題。
スト決行!TBSからアナ消えた
 TBSのニュース、情報番組に出演しているレギュラーのアナウンサー陣が13日、一斉に番組から姿を消す事態が起こった。TBSの労働組合が同日正午からストライキを行ったためで、組合員であるアナウンサーらも番組への出演を取りやめた。アナウンサーがストのため出演を見合わせるのは、他局を含めてもここ10年ほど例はなく、異例の事態だ。
  ◇  ◇
 「木村郁美アナウンサーは、今日はお休みです」。フリーの福沢朗キャスターが「ピンポン」でこう説明したのを皮切りに、午後から夜にかけて、人気アナウンサーの“欠席”が相次いだ。
 TBS広報によれば、今回のストは春闘の会社側の一次回答に対するもので、13日正午から深夜0時までの時限スト。このため「ピンポン!」のほか「2時っチャオ!」「イブニング・ファイブ」「ニュース23」などの生放送で組合員アナが不在となり、代わりに管理職アナウンサーや外部キャスターが穴を埋めた。また、番組内容も多少変えてしのいだという。
 TBSの労働組合は、TBSとTBSテレビ社員からなるユニオン制で、管理職以外は全員加入する。スト自体は正当な権利だが、ストライキによって番組に影響が出るのは極めてまれ。NHKを含めた他局でも、ここ10年は行われた例がない。TBSによれば「自分がストに入るか入らないかはそれぞれの判断」というが「除外申請」をすれば業務を行うことも可能という。
 TBSのストライキ決行を知った各局も驚きを隠せない。民放局員は「かなり昔はあったみたいだけど、最近はストが成立したことがない」「すごいね。ウチは組合が弱いからそんなことは起きたことがない」「伝説として聞いたことはあるが…」と、口々に驚きのコメント。NHK職員も「かなり昔はありましたが、画面上影響が出るようなことはここのところはないですね」と話した。
 各番組では「○○アナは休み」という事実だけを冒頭で知らせ、理由の説明は行われなかったため、TBSに問い合わせた視聴者もあった。(3月14日 デイリースポーツ)

この話題、スポーツ紙しか報じないってところがミソかもね。報じたのも、阪神タイガースを強烈にバックアップするデイリーだし。
テレビ局を筆頭に、マスコミという業界は非常に高給取りが多いのは周知の事実。高学歴で頭の切れる人しかなれないんだから、これは仕方ない。責任ある仕事には報酬を多く差し上げねばならない。
しかし、テレビ局の収入のベースは何かと言えば、ほとんどが広告料である。これは新聞も似たようなもので、購読料に次いで大きいだろう。景気の後退で、トヨタはじめ大企業の広告費が大幅削減されてる昨今、一番打撃を食らってるのがマスコミだろう。TBSのストの理由は明らかにされていない。他の業種がストを打てば、ストの理由を事細かに報じるマスコミだが、自分のところには言及しない。どうせTBSなんか観ないし、テレビ番組に対する興味がこの数年でものすごい勢いで収縮してる僕なんで、TBS労組がストをやろうが経営側がロックアウトしようが、放送をやめようが知ったことではない(放送やめてもらいたいとは思うけどね)。せっかく電波を握ってるんだから、今回のストについて視聴者の皆様にご説明申し上げたらいいのに。
「我々TBSの組合員は、年間1000万以上の平均給与を800万くらいに引き下げられると経営側から伝えられ、生活防衛のためにやむなくストライキを決行いたします」
「我々は悲惨な派遣社員の実情を事細かに報道するためにも、年収は1000万以上ないとやっていけないので、視聴者の皆様のご理解をお願いいたします」

まぁ暴動もんだな。
別窓 | マスコミ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

堪忍袋の緒も切れそうです

fe6023f2432b834243eb52c0e432b86f.jpg
上記画像は、民す党様のブログより拝借いたしました。
もうね、人権ゴロどものやり方には反吐が出る。
蕨のフィリピン人一家不法滞在:「3人でいたい」 父アランさん入管に収容 /埼玉
 蕨市のフィリピン人、カルデロン・アランさん(36)が9日、東京入国管理局に収容された。中学1年の長女ノリコさん(13)は、東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、「今すぐにでも戻って来てほしい」と涙をこらえながら話した。そして「3人で日本にいたいと強く希望しています」と繰り返した。
 ノリコさんは朝、中学に登校したが、アランさんが午後1時過ぎに収容されたとの連絡を受け、早退して母サラさん(38)と会見に臨んだ。ノリコさんによると、前夜、アランさんは「収容されるかもしれないけれど、家族みんなで日本にいたい気持ちには変わりがないよ」と話し、気持ちを確かめ合ったという。
 一家の代理人の渡辺彰悟弁護士は「もし両親が収容されたら(日本にいる)サラさんの妹に一時的にノリコさんの面倒をみてもらうことを考えていた」と説明しつつ、今後については「今日は決められない」。
 さらに、「最高裁で敗訴が確定していることの重みは分かっている。決定を覆してほしいのではなく、今のノリコさんの状況を見て、新たな判断をしてほしい」と続けた。
 また、渡辺弁護士が発起人となり、ノリコさんの日本での就学費と生活費を援助するため、「のりこ基金」を設立したと発表した。いずみ橋法律事務所(電話03・5312・4855)。【稲田佳代、桐野耕一】(毎日新聞 2009年3月10日 地方版)

何度も言うが、
>蕨市のフィリピン人、カルデロン・アランさん(36)
は、不法入国・不法滞在の罪を犯しているので、この時点で犯罪者である。収監→強制帰国→再入国一定期間不可が当然なんである。アメリカで同じことをやったら、ヘタすると永遠に再入国できない。今回の森法相らの温情は最大譲歩どころか敗北と言えるくらいなのに。
日本のマスコミはそこを曖昧にしたまま、感情論にすり替えている。だいたい、なんで「さん」づけなわけ?「容疑者」でしょ、普通は。ンでもって、テレビのニュースとかでは呼び捨てでしょうが、普通の「犯罪者」の場合。こういうところにも胡散臭さを感じるんだよね。これだけ胡散臭いと、最初は同情してた一般人も「なに開き直ってんだよ」ってなるわな。
人権派を旗印とする皆様は、ここぞとばかりに「子供の人権を護れ」とくる。「日本で生まれ育って、日本語しか話せない」とも。「フィリピンに帰っても生活基盤がない」とかね。だいたい、一切日本語話せなくて日本に生活基盤がなかったあなたたちが何で日本に来たんだと小一時間問い詰めたくなるわな。
さて、この「日本で生まれ育ち」「帰っても生活基盤が」と言う論理、どこかで聞いたことはないかね(笑)。その通り、在日朝鮮人が「半島に帰れ」と言われたときの返しである。カルデロン一家問題で前面に立ってる渡邊彰悟という弁護士、なかなか香ばしいところで検索に引っかかる。
訴訟名称 アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件
>訴訟原告代理人・弁護士
>高木健一 幣原廣 林和男 山本宜成 古田典子
>渡邊智子 福島瑞穂 小沢弘子
>渡邊彰悟 森川真好 梁文洙
いとしのみずほタンと肩を並べるなんて。どういうお方か、非常にわかりやすくていいわな。
そしてとどめが、先に上げた記事の最後の部分。
>また、渡辺弁護士が発起人となり、
>ノリコさんの日本での就学費と生活費を援助するため、
>「のりこ基金」を設立したと発表した。

「死ぬ死ぬ詐欺」の再来か。結局、弁護費用の回収ができそうもなくてカネ集めに奔走してるようにしか見えん。
別窓 | マスコミ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

メシウマ状態!

Mesiuma.png
名前 メシウマ【めしうま】
解説 「メシがウマい」の略。
ただし「何か自分自身に良い事があったのでメシがウマい」というポジティブな意味合いで使われる事はほとんどなく、「他人や自分の嫌いなモノが不幸に陥ったのでメシがウマい」というネガティブな意味合いで使われる事が多い。(2ch全AAイラスト化計画「メシウマ」より引用、イラストも)
いやぁ非常に「メシウマ」なニュースである。
西松献金、小沢氏団体の公設第1秘書ら3人逮捕 献金総額2億円近くか (2/3ページ)
 捜査関係者によると、両団体の事務所所在地は同じで、各代表にはそれぞれ西松OBが就いていたが、ともに18年末に解散した。
 政治資金収支報告書によると、両団体が18年までの12年間に集めた会費は総額約5億1500万円で、両団体名義で行われた与野党の国会議員側などへの献金やパーティー券購入の合計は、約4億8000万円。このうち小沢氏側へは2億円近くにのぼる。
 18年には、小沢氏が代表を務める政党支部「民主党岩手県第4区総支部」も、新政研から100万円、未来研から100万円の計200万円を受け取った。
 西松関係者によると、両団体の会員は主に西松社員で、本社の人事部と政治団体の代表が、社員から団体の会員を選び、1口6万円の会費納入を指示。会費は賞与に上乗せして、西松側が穴埋めするかたちで負担していた。献金先は、土木、建築の両営業本部が総務部に指示し、OB2人が会社を訪れた際に伝えられていた。(2009.3.3 18:45 MSN産経ニュース)

政治献金のあり方に関しては、これまでさまざまな疑獄事件を通じて改善と脱法を繰り返してきたことはご周知の通り。是々非々あろうが、日本共産党のように政治献金を一切受け取らないとする政党もあるし、行き過ぎた献金、下心丸見えの献金は丁重にお断りすべきなのだろうが。
献金と利権付与の構図を作り上げたのは、たぶん田中角栄元首相(故人)ではないかと思う。そしてその「田中イズムの継承者」は、ほかならぬ小沢一郎民主党代表その人なんである。自民党分裂のきっかけは、田中派継承者を自認する小沢一郎らが党内の趨勢が自分たちに有利でなくなったのを察知して、羽田孜らと共に党を割ったことに始まる。金権政治の本流は、実は民主党に残ってるわけだ。献金による利権争奪が日常茶飯事の建設業界がそこを見逃すはずはなく、献金は上記にあるごとく12年間で2億円近いという。
無論西松建設がらみの献金は自民党にもたっぷりと染み込んでる。
日本共産党の調査↓
2009012615_01_0.jpeg
この名簿を見ると、売国議員の名が目立つ。郵政問題で大見得切って自民党を離脱した人の名も。現閣僚の名は、二階経済産業相。このおっさんは派閥の数合わせで入閣した売国議員なので、さっさと首切ればよろしい。山口首相補佐官もいるけどねぇ。さっさと首切れば。
自民党が、変わってきているような気がするんである。昔ならこの手の事件で最も叩かれるのは自民党だったわけで。それが今回は「国民の生活が一番」と標榜する民主党党首が槍玉に上がってる。さんざん麻生首相をなじってきたテレビが、いったいどういう報道をしてくれるか。今日は「酒ウマ」である。

別窓 | マスコミ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 市川電蔵事務所 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。